Posts by Japan Windows Blog

Think Smart View
Microsoft 365

Microsoft Teams の新機能 | 2020 年 11 月

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 12/2 に公開された ”What’s New in Microsoft Teams | November 2020” の抄訳です。 早いもので、もう 12 月です。11 月に Microsoft Teams を活用するための便利な機能をご紹介しましたが、今月も皆様が心待ちにしている魅力的な機能が続々と登場します。早速ご紹介していきましょう。 新しい会議機能 AI によるノイズ抑制 Teams のリアルタイム AI ノイズ抑制機能は、会議中に不要なバックグラウンド ノイズを自動で除去します。AI が音声フィードを分析してノイズを取り除き、音声信号のみを維持します。ノイズ抑制レベルをコントロールすることも可能で、設定を「高」にするとバックグラウンド ノイズがさらに抑制されます。 Together モードに新しいシーンが登場 Together モードは、離れていても参加者がより近くに感じられる新しい会議体験です。今回、Together モードに新しいシーンを追加し、チームをさまざまな空間に配置できるようになりました。小規模な会議室での打ち合わせや野外ホールでの全体会議など、シーンを選択して会議のトーンを設定することで、ユニークな会議環境を演出できます。 Teams 会議中の投票 Teams 会議中に Forms… Read more

Microsoft 365

Microsoft Teams のデイリー アクティブ ユーザー数が 1 億 1,500 万人を突破 – Microsoft 365 のコラボレーション時間の指標を新たに導入

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 10/28 に公開された ”Microsoft Teams reaches 115 million DAU—plus, a new daily collaboration minutes metric for Microsoft 365” の抄訳です。 投稿者: Jared Spataro (Microsoft 365 担当コーポレート バイス プレジデント) 本日マイクロソフトは、Microsoft Teams の一日辺りの利用者数 (DAU)* が 1 億 1,500 万人に到達したことを発表しました。これは、新型コロナウイルス (COVID-19) 感染拡大に伴い、リモート環境、ハイブリッド環境での仕事および学習のライフラインとして、Teams の需要が高まり続けていることを表しています。あらゆる業界のユーザーや組織が、この新たな時代で俊敏性と回復力を維持するために… Read more

Microsoft Teams App Development Challenge
Microsoft 365

Teams アプリの構築と管理、運用について

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 11/16 に公開された ”Building and managing amazing Teams apps” の抄訳です。 この 1 年はまさに大きな逆境と混乱の年となりました。私たちの生活環境や働き方は急速に変化しています。その変化に対して、企業は Microsoft Teams のようなツールを迅速に導入し、従業員のサポートとビジネスの継続性を両立させています。現在、組織の多くが将来を見据え、デジタル トランスフォーメーションを推進する方法について模索しています。そこで求められているのは、アプリやワークフローをビジネス プロセスとカスタマー サービスの向上に活用し、業務を効率化して、従業員の生産性向上や心身共に健康な生活を後押しすることです。 こうしたデジタル トランスフォーメーションを成し遂げるには、開発者、IT 部門の担当者や管理者が創造力を発揮し、強い意志を持って、従業員が使用する次世代のアプリケーションの実現を推進しなければなりません。この点を踏まえ、最高品質の開発者ツールと合理的なアプリの管理、有効化を行う機能を提供して Teams プラットフォームの有用性を高めようと、マイクロソフトは莫大な予算を費やし、改良を続けてきました。 最新の Teams アプリの構築に必要な開発者ツールを提供 会議用の Teams アプリがついに一般提供を開始 マイクロソフトの年次イベントである Ignite が今年も開催され、すべてのパートナー様や開発者の皆様が、Teams 会議のエクスペリエンスにアプリを組み込み、カスタマイズおよび拡張を行えるようになる新機能について一足先にご紹介しました。そして本日、会議用の Teams アプリの一般提供を開始することを発表いたします。これにより、新しいコンテンツ表示領域と会議用 API の利用が可能となり、会議のライフサイクル全体でアプリを通じて実行できる機能が増えるほか、キャンバスを使用して新たなシナリオを作成し、ユーザーの Teams… Read more

Microsoft 365

2020 年秋の家庭向け Microsoft 365 の最新アプリと新機能

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 11/19 に公開された ”New apps and features in Microsoft 365 for individuals and families this fall” の抄訳です。 Gareth Oystryk (Microsoft 365 製品マーケティング担当ディレクター) マイクロソフトは今年、Microsoft 365 Personal と Microsoft 365 Family をリリースしました。お客様が家庭での時間を効率化したり家族とつながったりできるように、継続的に新しい技術をアプリやサービスに導入しています。今回は、いくつかの新機能をご紹介します。 Microsoft Family Safety で家族の居場所を把握し、安全運転をサポート Microsoft Family Safety アプリ (英語)… Read more

Power Virtual Agents
Microsoft 365

Power Apps と Power Virtual Agents を活用し、Microsoft Teams にローコードのアプリとボットを導入

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 11/16 に公開された ”Low code apps and bots in Microsoft Teams with Power Apps and Power Virtual Agents” の抄訳です。 現在、テクノロジ企業の Lumen Technologies (英語) や航空会社の Etihad (英語) を始めとするマイクロソフトの多くのお客様が、Microsoft Teams にローコード ツールを取り入れることで自社のデジタル変革を加速させています。同様に、事務用品を販売するオフィス・デポや建設会社の Suffolk も、この 1 年に世界中で起こった劇的な変化にすばやく適応するために、ローコード アプリの利用に活路を見出しています。 このたびマイクロソフトは、Teams 向けの新しい Power Apps… Read more

Teams アプリ
Microsoft 365

アプリを利用して、Microsoft Teamsを強化

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 11/16 に公開された ”Enhancing your Microsoft Teams experience with the apps you need” の抄訳です。 Nicole Herskowitz (Microsoft Teams 担当ゼネラル マネージャー) パンデミックにより、この 1 年で私たちの生活や働き方は大きく変わりました。世界中の企業が在宅勤務を取り入れた働き方に対応するため、Microsoft Teams のようなツールを導入するようになりました。現在、Teams の一日辺りの利用者数は 1 億 1,500 万人にのぼっています。Teams が急激に成長し、広く導入されるようになったのは、ビデオ会議の機能を備えていたことが大きな理由ですが、お客様は導入後間もなく、新しい働き方に対応するには、会議以外でもデジタル トランスフォーメーションが必要であることに気づきました。お客様は、アプリやビジネス プロセスを 1 つの環境に統合して、顧客へのサービスの改善、業務の合理化、従業員の生産性や幸福度の向上を実現したいと考えています。 こうした新しい働き方を可能にするのが Teams です。本製品は、チャット、ビデオ会議、通話、ファイルの共同編集、アプリといった必要な機能をすべて 1… Read more

Surface

【今こそオンラインセミナーで自己学習】仕事効率の上がるウェビナーシリーズ

By Japan Windows Blog

オフィスで働くことはもちろん、外出先や移動中、在宅など、リモートで働く機会が増えてきています。場所に縛られず柔軟に働けるメリットと同時に、リモートワークならではのやりづらさを感じている方も多いのではないでしょうか。 ここでご紹介するウェビナー シリーズでは、リモートワークが当たり前になる時代に備えて整備すべきコラボレーションツールやデバイスについてのご紹介、およびそれらを使った効果的な働き方の実例を、実機やデモンストレーションを交えてお伝えします。 オンデマンドでご都合の良い時に視聴できるので、2021 年に向けてお役立てください。 【Surface を分解!】Surface が実現するハードウェアセキュリティの紹介 働き方が変わり IT 環境におけるセキュリティはより重要な項目になっています。本セッションでは、Surface を分解し、普段見ることのできない Surface の内部構造をお見せしながら IT セキュリティの中でもユーザーが日々使用する PC そのもののセキュリティの担保について Surface プロダクトの機能を通して紹介します。 ご視聴はこちら 【会社のパソコン、ベストな選択ですか?】20 年前から変わっていない日本の会社の PC 選び 犬の成長に例えられる IoT の技術革新。しかし唯一 20 年間変わっていない領域があるのはご存じでしょうか? そう、会社の PC 選びです。日本の生産性は先進国の中でも特に低いと言われていますが、PC を取り巻く仕事の環境の中に原因がありそうです。本セミナーでは、PC の選び方を変えることで、仕事の生産性を向上させながら、これから我々が求められる次世代の働き方を実現するための新基準を提案いたします。 ご視聴はこちら 【Quadro 搭載!】Surface Book 3… Read more

Windows 10

2 年目の Windows 7 と Windows Server 2008 の延長セキュリティ更新プログラム

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 11/10 に公開された ”Year two: Extended Security Updates for Windows 7 and Windows Server 2008” の抄訳です。 延長セキュリティ更新プログラム (ESU) は、サポートが終了したマイクロソフトの特定の旧製品を実行する必要があるお客様のための最後の手段です。以下のバージョンの Windows と Windows Server のサポートは、2020 年 1 月 14 日に終了しました。 Windows 7 SP1 Windows 7 Professional for Embedded Systems Windows… Read more

Surface

Surface、年末のホリデーシーズンに向け各種キャンペーンを展開

By Japan Windows Blog

例年とは異なり、コロナ禍で迎える今年のホリデーシーズン。外出して楽しむことに躊躇する方も多く、年末年始も自宅で過ごす時間が長くなることが予想されています。一方で、長く消費行動を控える傾向にあった今年も年末にさしかかり、親しい人や自分へのプレゼントについて、早めに考え始めている方も多いのではないでしょうか。 【本日開始、Spotify タイアップキャンペーン】 自宅で過ごす時間に、仕事や勉強からの気分転換に、ストリーミングサービスを活用してその時の気分にあった音楽を楽しむ方も増えています。オーディオ配信サービス Spotify では、2020 年 6 月にユーザー視聴動向トレンド調査を行い、コロナの影響下で増えた視聴意向シーンの Top 3 は「気分転換」(%)「リラックス・心を落ち着かせたいとき」(%)「元気を出したいとき」(%) であることが分かりました。ホリデーシーズンに向けて、Surface は Spotify と共同で、いま様々な業界から注目を集めるラップユニット chelmico とのタイアップ広告を展開します。スタイリッシュで洗練されたイメージの二人の曲にあわせて、機能やスタイルにこだわりを持つ Surface をご紹介。米国などの Spotify ではおなじみ、アーティストの Bag Check (持ち物チェック) 企画を日本で初めて実施、Rachel と Mamiko の二人がバッグから取り出すのは、音にこだわる生活には欠かせない Surface Earbuds と Surface Headphone 2、そして Surface Laptop 3 です。 Bag… Read more

Microsoft Whiteboard read-only mode
Microsoft 365

Microsoft Teams の新機能 | 2020 年 10 月

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 10/30 に公開された ”What’s New in Microsoft Teams | October 2020” の抄訳です。 皆様、こんにちは。今月も、会議、通話、チャット、コラボレーションのエクスペリエンスを改善するさまざまな新機能の一般提供を開始すると共に、Microsoft Teams デバイスにも多数の機能強化を実施しましたので、ご紹介します。また、現場の最前線で働く従業員の皆様、教育機関や政府機関のお客様向けの業界固有の機能についてもお伝えします。Teams プラットフォームの機能も強化しました。今回新たに「注目の Teams 用アプリ」セクションを設け、Teams で利用できるサード パーティ製アプリをご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。 会議と通話に関する新機能 ライブ キャプションに発言者名を表示 Microsoft Teams で、ライブ キャプションに発言者の名前が追加され、だれが話しているかが瞬時にわかるようになりました。これにより、会議がさらにインクルーシブなものとなり、内容を把握しやすくなります。 特定の参加者にスポットライトを設定して Teams 会議の出席者全員に表示 Teams 会議中に、発表者が特定のビデオ フィードを出席者全員の画面にピン留めできるようになりました。ピン留めすると、スポットライトを設定したユーザーのビデオがすべての出席者のメイン画面として表示されます。この機能は、Windows PC、Mac、モバイル デバイス (表示のみ)、Windows 用 Microsoft Teams… Read more