Posts in Windows Mixed Reality

Windows Mixed Reality

鹿島建設とホロラボ、BIM データを活用した火災時の高度な避難シミュレーションの Microsoft HoloLens 2 対応版を開発

By Japan Windows Blog

鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:天野裕正、以下鹿島)は、株式会社ホロラボ(本社;東京都品川区、代表取締役CEO:中村薫、以下ホロラボ)の支援のもと、火災時の高度な避難シミュレーションシステム 「人・熱・煙 連成避難シミュレータ PSTARS」の Microsoft HoloLens 2 対応版を開発しました。鹿島が保有する BIM データを活用することで、避難時シミュレーションを実際の建造物の空間内に重畳表示することが可能となり、より臨場感のあるシミュレーションが実現可能となります。 HoloLens 2 対応版の利点 HoloLens 2 は頭部に装着するコンピュータのため、シミュレーションシステムの確認がモニターや VR(仮想現実)のような閉ざされた空間のみにとどまらず、実際の施設で実寸大で表示可能。 実際の施設でシミュレーションを実施できるため、移動の距離感などが臨場感を持って体験できる。 現実には起きてほしくない事象を現実の空間に重畳表示することで、より精密なイメージにてシミュレーションを補正可能。 シミュレーションシステムでは、細かいパラメータの指定が可能。例えば、男女別や年齢別などのモデル出現率を指定できる機能の他に、老人や子供、車いすなどのデータに合わせたモデル差替え機能も搭載しており、シミュレーション結果をより正しく表現できる。   今後、駅や商業施設などの人が集まる施設の改修工事において、活用を行っていく予定です。施工ステップごとの BIM データを用いて人流をシミュレーションし HoloLens 2 で体験することで、現実空間よりもたらされる影響を施設、施工、利用者の各立場から把握でき、より綿密な工事計画が可能になると考えられます。また、計算結果を表示するだけでなく、HoloLens 2 装着者の動きに応じて周囲の動きも再計算されるようなリアルタイムシミュレーションを目指していきます。 詳細は下記のホロラボのプレスリリースをご確認ください。 火災時の高度な避難シミュレータ「人・熱・煙連成避難シミュレータ PSTARS」システム概要については、下記の鹿島のプレスリリースをご確認ください。 関連情報: HoloLens 2 / Mixed Reality 製品に関する情報はこちら 国内におけるHoloLens… Read more

Windows Mixed Reality

オンラインセミナー「DX フォーラム 2021〜最先端のデジタル技術活用で実現する現場作業支援・人材育成の向上〜」開催に寄せて

By Japan Windows Blog

※本ブログは、2021 年 11 月 12 日に公開された「オンラインセミナー「DX フォーラム 2021〜最先端のデジタル技術活用で実現する現場作業支援・人材育成の向上〜」開催に寄せて - マイクロソフト業界別の記事 ()」の再掲です。 2021 年 11 月 30 日 (火) に、日本マイクロソフトが特別協賛するオンラインセミナー「DX フォーラム 2021〜最先端のデジタル技術活用で実現する現場作業支援・人材育成の向上〜」が開催されます。開催に先立って、セミナーの前提となる製造・自動車業界が抱える課題と、それを解決する日本マイクロソフトのデジタル テクノロジについてまとめましたので、ぜひご一読ください。 セミナーへの参加は無料ですので、DX 推進に関するお悩みを抱えている方、最新の事例やテクノロジに興味のある方のご参加をお待ちしております。 ■セミナー概要 「DX フォーラム 2021〜最先端のデジタル技術活用で実現する現場作業支援・人材育成の向上〜」 開催日時: 2021 年 11 月 30 日 (火) 14:00〜16:40 参加形式: オンライン配信 参加定員:… Read more

Windows Mixed Reality

【期間限定】 HoloLens 2 デバイス 15% OFF キャンペーン実施!マイクロソフト ストアにて 3 つのモデルが対象に!

By Japan Windows Blog

本日より、マイクロソフト ストアにおいて HoloLens 2、HoloLens 2 Industrial Edition、HoloLens 2 Development Edition の3モデルを対象に 15% OFF キャンペーンを期間限定で実施します。 詳細については、以下をご確認ください。ぜひこの機会をお見逃しなく!   <15% OFF キャンペーン概要> 購入期間:2021 年 11 月 3 日(水)~ 2021 年 12 月 1 日(水)17:00 (日本時間) 対象製品および割引適用後の価格: HoloLens 2:358,853 円(税込)(※1) HoloLens 2 Industrial Edition:486,013… Read more

Microsoft 365, Windows Mixed Reality

Mesh for Microsoft Teams が目指す、「メタバース」空間でのより楽しく、よりパーソナルなコラボレーション

By Japan Windows Blog

※本ブログは、“Mesh for Microsoft Teams aims to make collaboration in the ‘metaverse’ personal and fun | Innovation Stories”の抄訳です。 John Roach (Digital Transformation Services エグゼクティブ アーキテクト) 世界中の労働者がオフィスを離れ、オンラインで共同作業することを余儀なくされたパンデミックから 1 年半以上が経過しました。生産性に関するマイクロソフトのエキスパートは、その中で 2 つの傾向を見い出しました。1 つは、大部分のビジネス リーダーが想定したよりもはるかにリモート ワーカーの生産性が高いこと、もう 1 つは、リモート ワーカーたちは互いに寂しく感じていることです。廊下ですれ違ったり、給湯室で情報交換したり、思いがけない相手に遭遇したりすることがなくなりました。また、会議室のテーブルを挟んで、言葉で表せないメッセージをボディ ランゲージで伝えていたころを懐かしく思っています。 どこからでも場所を選ばずに働くことができ、同僚とオンラインでつながるようになったのはすばらしいことですが、リモート会議では相手のパーソナルな部分が見えず、人間関係やキャリアを築く機会が減っています。このことは、マイクロソフトのリサーチ部門による継続的な調査でも実証されています。たとえば、会議参加者全員のビデオ カメラがオンになっていると、参加者たちはより積極性が高まり、コミュニケーションが活発になると感じています。ただ、このビデオ オプションはオンとオフの 2… Read more

Windows Mixed Reality

武田薬品工業における HoloLens 2 と Dynamics 365 Mixed Reality アプリケーションを活用した CMC 研究の DX

By Japan Windows Blog

本ブログでは、先日オンライン開催された Microsoft Japan Digital Days のセッション「製薬企業における HoloLens 2 と Dynamics 365 Mixed Reality アプリケーションの活用事例の紹介と今後の展望」にて発表された、武田薬品工業株式会社の Mixed Reality(MR、複合現実)を活用した取組みをご紹介します。 世界中の人々の健康と、輝かしい未来に貢献するために存在することを企業理念に掲げ、革新的な医薬品を創出し続けることを目指す武田薬品工業。グローバル研究開発拠点の一つとして湘南ヘルスイノベーションパークに位置する武田湘南(R&D)では、研究開発プロセスの初期である創薬ターゲットの探索、候補化合物の評価・選定から製造法開発や製剤化までの非臨床~CMC研究(CMC: Chemistry, Manufacturing and Control)に取り組んでいます。 特に、ファーマシューティカル サイエンス部門では、創薬研究で見出された薬のタネを実際の医薬品として開発すべく、製造プロセスの開発、製剤化、品質設計、分析法の開発などの業務を担っています。 製薬業界では、コロナ禍において、ラボにおける実験業務の継続性や、製造法や分析法の技術移管を行う際に現地を訪問してスタッフのトレーニングや指導を行うことが困難になったり、海外とのコミュニケーションが難しくなったりするなど、これまでオンサイトでFace to Faceで実施していた業務を、どのように継続させるかが課題となっています。そこで武田薬品工業では、デジタルツールの導入によって、これらの課題を解決する取組を進めており、とくに Microsoft HoloLens 2 と Dynamics 365 Mixed Reality アプリケーションを導入することで、「ラボでの実験操作のサポート(ヒト、参照、記録)」、「遠隔地とのリアルコミュニケーション」、「機器のリモートメンテナンス」の3点に取り組んでいます。 ラボでの実験操作のサポート ラボで実験操作を行う際に、研究者が HoloLens 2 を装着することで、物理空間上に実験ノートや実験プロトコルを仮想的に表示し、必要な情報を閲覧しながら実験を行うことができます。また、ボイスコマンドによって、実験ノートへの記録をハンズフリーで行うことが可能となります。… Read more

Windows Mixed Reality

Mixed Reality 導入活用の最前線がわかる!Mixed Reality 全8セッション@Microsoft Japan Digital Days

By Japan Windows Blog

2021年10月12日(火)~14日(木)にオンライン開催される Microsoft Japan Digital Days では、Mixed Reality 関連セッションを全8セッションご用意しています。Microsoft Mesh の最新情報から、MR におけるデータ活用、MR × クラウド活用、最新お客様事例まで、Mixed Reality 導入活用に関する最新情報が満載です。ぜひご参加ください。 Microsoft Japan Digital Days 日時: 2021 年 10 月 12 日 (火) – 14 日 (木) 参加費: 無料 (事前登録制) 登録サイト:    Mixed Reality 関連トラック: Mixed Realty… Read more

Windows Mixed Reality

鴻池組とインフォマティクス、Mixed Reality を活用したトンネル施工管理システムを開発、名塩道路城山トンネル工事で有効性を実証

By Japan Windows Blog

株式会社鴻池組(大阪市、代表取締役社長 渡津弘)と株式会社インフォマティクス(川崎市、代表取締役社長 齊藤大地)が、Mixed Reality を活用したトンネル施工管理システム「トンネルMR」を開発し、その実証実験を、近畿地方整備局兵庫国道事務所の協力のもと、名塩道路城山トンネル工事で実施し、業務効率化への有効性を確認したことを発表しました。 [システムの特徴と名塩道路城山トンネル工事での実証内容] ①空間アンカー機能の実証 一般に MR データを表示する場合、マーカーを正しい位置に設置して表示させるなど、原点となる位置情報が必要でした。空間アンカーは、一度 MR データを表示して登録することで、次回からはその周辺を見廻すだけで、クラウドサーバーから情報を呼び出して自動で表示することが可能になります。また、従来の方式では、マーカーから離れるほど現実空間と仮想空間にギャップが生じますが、今回の実証ではトンネル坑内の所々に設けた空間アンカーにより、リアルタイムで位置の修正が行われ、精度良く MR データを表示することが確認されました。 こちらの空間アンカー機能は、インフォマティクス社の MR ソリューション GyroEye Holo に、マイクロソフトの提供する Mixed Reality クラウドサービスである Azure Spatial Anchors を活用して実装されています。 ②遠隔臨場システムの実証 トンネルMR で使用する MR デバイス HoloLens 2 は、現場で BIM/CIM モデルや図面を見るだけでなく、複数のカメラで現場の映像撮影や計測、インターネット通信など幅広い機能が付いているため、発注者による現場での立会検査をオンラインで会議化する「遠隔臨場」のデバイスとしても活用できます。今回開発した遠隔臨場システムは、リモート機能、オブジェクト配置、計測値や変状調査の記録を帳票に自動入力する機能など、トンネルMR の活用現場のニーズを反映した各種機能を実装したシステムです。点検者はこのシステムを使用することで、現地で MR により作図したひび割れラインや漏水箇所等のマーキングを行うことが可能となり、また写真や音声データを事務所側の… Read more

Windows Mixed Reality

サントリーが HoloLens 2 と Dynamics 365 Mixed Reality アプリケーションを活用し、品質維持と高まる需要への対応を実現

By Japan Windows Blog

日本マイクロソフト株式会社は、HoloLens 2 と Dynamics 365 Mixed Reality アプリケーションを活用して、増加する商品需要への対応、新入社員の教育とスキルアップ、複雑化する手順の正確性の確保に取り組む、サントリーグループ(以下、サントリー)の事例を公開しました。 Microsoft Customer Story-HoloLens 2 と Dynamics 365 Mixed Reality を活用し、品質維持と高まる需要への対応を同時に実現 「水と生きる」、「人と自然と響き合う」といったコーポレート メッセージを掲げるサントリーは、蒸溜飲料の生産における世界的なリーダーとして、300 社以上のグループ企業と 40,000 人以上の従業員を抱え、年間売上高 200 億ドルを超える企業です。同社では、近年増加する需要に対応するために生産性と従業員の規模を拡大する必要がありました。また、従業員の大半が今後10年のうちに定年を迎える予定であることから、新入社員に対する効果的な研修や、職場内研修(OJT)を行う必要がありました。さらに、1日に50種類以上のチェックリストが必要となるなど、非常に複雑な製造工程が課題となっていました。これらの課題に対処する最適なソリューションとして、HoloLens 2 と Dynamics 365 Guides を採用しました。 数週間におよぶ実証実験(PoC)では、ノンコードで誰もが使える Dynamics 365 Guides のガイド作成機能を活用して、200 段階にわたる手順をステップ バイ ステップの 3D… Read more

Windows Mixed Reality

SUGIKO、積木製作が MR を活用した、足場安全教育コンテンツを共同開発。建設現場の安全管理を効率化。

By Japan Windows Blog

株式会社 杉孝(以下、SUGIKO)とMicrosoft Mixed Realityパートナーの株式会社 積木製作(以下、積木製作)が2021年7月9日に発表した、建設現場の安全管理業務効率化を目的とした「SUGIKO MR 足場安全教育コンテンツ」をご紹介します。同コンテンツでは、Mixed Reality(MR)デバイスとして Microsoft HoloLens 2 を活用されています。 平成 27 年の法令改正では、建設現場の安全管理の一環である足場点検が強化されました。しかし、知識や経験が無ければ点検を行うことはできず、人手不足によりそれらを十分に継承できないことが、現場課題の一つとなっています。これまで、SUGIKOでは、屋外等でお客様の敷地を借り、実際の足場を組立て、杉孝のお客様向けに「足場の点検訓練」として教育の支援を実施されてきました。MR コンテンツを用いることで足場の運搬組立解体が不要となり、場所確保の手間削減、天候などの環境に左右されないなど、手軽に安全教育を実施することが可能です。 この MR コンテンツは、6人同時接続による MR 教育システムで、1人の講師と5人の受講者が同一の 3D モデルを共有しながら、足場点検の方法や不安全箇所を探す訓練などを実施できます。3D モデルは、SUGIKOで作成された足場 BIM データを取り込むことで、より現実に近いモデルが生成されており、様々なスケールで現実世界の中に表示することができます。また、屋外等の敷地を必要とせず、事務所などの屋内にいながら手軽に実施することができます。   【SUGIKO MR 足場安全教育利用イメージ】   関連情報: 株式会社 杉孝 プレスリリースはこちら 株式会社 積木製作 事例紹介記事はこちら HoloLens 2… Read more

Windows Mixed Reality

HoloLens 2 Industrial Edition の国内での出荷を開始!マイクロソフトストア からオンライン購入も可能に!

By Japan Windows Blog

2021年2月よりプレオーダーを開始した HoloLens 2 Industrial Edition ですが、2021年4月より、国内での HoloLens 2 Industrial Edition の出荷を開始しました。 HoloLens 2 Industrial Edition は、厳格な要件を持つ規制された産業環境に対応するよう設計、開発されたデバイスです。ISO 14644-1 Class 5-8 のクリーンルーム対応の規格を満たしており、またUL Class I Div 2 規格を満たしています。このため、例えば、半導体や製薬業界のお客様における、高度に制御されたクリーンルーム環境において使用可能です。 また、HoloLens 2 Industrial Edition は2年間のハードウェア保証とラピッド リプレースメント プログラムが付随します。ラピッド リプレースメント プログラムでは、マイクロソフトが欠陥のあるデバイスを受け取る前に、お客様が交換用デバイスを迅速に受け取ることができるため、ハードウェア故障時のダウンタイムを最小限に抑えます。 日本国内での HoloLens 2 Industrial Edition の購入について… Read more