Posts in Windows Mixed Reality

Windows Mixed Reality

未来へとつながる、伝統文化×テクノロジ の可能性(後編)〜表現者と技術者の思いが交わるとき〜

By Japan Windows Blog

2022年4月23日に開催された、いけばな小原流の東京支部創立100周年記念特別講習会において、五世家元である小原宏貴氏による、いけばなと MR(Mixed Reality / 複合現実)技術の融合したパフォーマンスが披露されました。前編では、このパフォーマンスが実現した背景と、実際に披露された模様をレポートしました。後編では、家元と MR 技術を提供した南国アールスタジオ代表取締役の秦氏のインタビューから、MR が実現する未来を探ります 前編はこちら:未来へとつながる、伝統文化×テクノロジ の可能性(前編)〜HoloLens 2 を用いた、いけばなのライブパフォーマンスレポート〜 - Windows Blog for Japan ステージパフォーマンスのレコーディング映像はこちら:   MR でいけばなを「多言語化」し、日本文化を広めるきっかけに いけばな小原流五世家元 小原 宏貴氏 試行錯誤を繰り返した2年前のいけばな × MR パフォーマンス ―2年前のシアトルでのイベント(「IKEBANA × TECHNOLOGY」)開催にあたり、当時のシアトル日本国総領事だった山田洋一郎氏(立命館アジア太平洋大学特別招聘教授)から、いけばなと MR の融合パフォーマンスを依頼されたときの気持ちをお聞かせください。 小原 そもそも HoloLens のようなデバイスがあることを知らなかったものですから、最初はよく理解できなかったというのが率直な感想です。ですがお話を聞くうちに、実作品の周りに鳥を飛ばせたり月を浮かべたりできるということを知って、多くの人が日本の文化に親しめるきっかけになるのではないかと期待を抱きました。 参考:生け花と Mixed Reality テクノロジーのコラボレーション… Read more

Windows Mixed Reality

HoloLens 2 でイヌの体内を能動的に学ぶ「デジタルアナトミーMR」を神戸デジタル・ラボとヒューマン・アニマル・ボンドが教育機関向けに共同開発、3校で運用を開始

By Japan Windows Blog

Mixed Reality パートナープログラム認定パートナーでアプリケーションやシステムの企画・開発を手がける、株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、以下 KDL)は、動物関連の企画・制作における総合的業務を行う株式会社ヒューマン・アニマル・ボンド(本社:大阪府大阪市淀川区、以下 HAB)と共同開発したイヌの体内の 3D データを立体的に可視化した Microsoft HoloLens 2(以下、HoloLens 2)専用アプリケーション「デジタルアナトミーMR」の販売を開始し、国立大学・私立大学・専門学校の3校に導入、2022年4月1日より本番運用を開始しました。 イヌ体内の 3D データを可視化したアプリケーション「デジタルアナトミーMR」 このアプリでは、「筋肉」「骨格」「臓器」のカテゴリー別に 3D データを立体的に可視化することができます。手元でメニューボードを操作する感覚で見たいところをタップするとデータが更新され表示されます。また、昨年7月から動物病院や大学といった専門機関10カ所で行った実証実験であがった意見から、ハイライト機能を搭載。筋肉や骨格に加え、血管や細部の骨に至るまで詳細に学ぶことができます。 また、クラウドのハイエンド GPU マシン上で描画処理を行い、エッジの HoloLens 2 へリアルタイムストリーミングを行うAzure Remote Rendering を活用することで、HoloLens 2 の描画性能を超える高品質な 3D モデルも表示可能です。   開発背景 獣医療教育において、生体を使用したイヌの解剖実習を減らす取り組みが行われており、世界中でデジタル化が進んでいます。HAB では、約3年前からデジタル解剖図鑑を企画し、獣医大学を始めとした教育機関や臨床現場での調査を実施されてきました。今後の獣医療教育において MR での開発が最適と判断し、今回 Mixed Reality パートナープログラム認定パートナー である… Read more

Windows Mixed Reality

未来へとつながる、伝統文化×テクノロジ の可能性(前編)〜HoloLens 2 を用いた、いけばなのライブパフォーマンスレポート〜

By Japan Windows Blog

2022年4月23日。よく晴れた春の日の午後、場所は渋谷公園通りにある LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)。普段はコンサートやミュージカルなどが開催され、主に若者が集うこのホールに、折目高な着物姿の女性や仕立てのよいスーツを身につけた人々が続々と入場していきます。 この日開催されたのは、いけばな三大流派のひとつに数えられる小原流の、東京支部創立100周年記念特別講習会。「つなぐ」という副題がつけられたこの講習会には、来賓や関係者含め1500名以上参加者が集い、第1部では厳粛かつ盛大に100周年の記念式典が執り行われました。 そして第2部では、小原流の五世家元である小原宏貴氏による「いけばなパフォーマンス-百の花を繋いで-」が披露されました。そのクライマックスを飾ったのは、いけばなと MR(Mixed Reality / 複合現実)技術の融合が生み出した新時代のパフォーマンスでした。本稿では、このパフォーマンスが実現した背景と、実際のライブパフォーマンスの模様をレポートします。 ※関係者インタビューをまとめた後編は近日公開予定です。 時代の変化を柔軟に取り入れ、いけばなの“多言語化”を目指す いけばな小原流は、流祖小原雲心氏によって創立された、いけばなの流派としては比較的新しい流派です。明治時代の末期、生活空間の洋風化が進むなかで、雲心氏は西洋草花をいけるための水盤や鉢を考案し、それまでの常識をくつがえす「盛花(もりばな)」を創始。この新しいいけばなの様式は当時の大衆に広く受け入れられ、日本中に広まったそうです。 雲心氏が持っていた、時代の変化を読み取り柔軟に取り入れていく気風は、その後の小原流にも脈々と受け継がれ、五代目となる当代家元小原宏貴氏も、精力的に海外の人々や若い世代にいけばなの魅力を伝えるための活動を行なっています。 「いけばなやその背景にある日本の文化、日本人が培ってきた感性を簡単かつ直感的に伝えるためには、“いけばなの多言語化”が必要だと考えています」と語る宏貴氏。「“多言語化”には、直接的な言語のほかに音楽や身体表現なども含まれます」という考えのもと、多言語化のひとつの手段として挑んだのが、MR 技術を用いたいけばなパフォーマンスでした。 シアトルで生まれた、いけばな × MR パフォーマンス このパフォーマンスが誕生したのは、遡ること約2年前。2020年2月27日に米国のシアトルで行われた「IKEBANA × TECHNOLOGY」というイベントでした。当時のシアトル日本国総領事だった山田洋一郎氏(立命館アジア太平洋大学特別招聘教授)の「日本とシアトルの関係をもっと近づけるために、日本の伝統文化を最新テクノロジで表現して見せたい」という呼びかけに小原流が応えたことで、この前例のないのパフォーマンスが実現したのです。 参考:生け花と Mixed Reality テクノロジーのコラボレーション 「IKEBANA × TECHNOLOGY」開催レポート - Windows Blog for Japan 参考:[HoloLens 2] いけばな小原流&在シアトル日本国総領事館事例 Mixed Reality で進化する日本の伝統文化… Read more

Windows Mixed Reality

セントリカ ストレージが Trimble XR10 と Azure を活用し、英国のエネルギー産業の変革に挑む

By Japan Windows Blog

フロントラインワーカーのデジタルトランスフォーメーションにおいて活用が進む Mixed Reality テクノロジですが、国内のみならず、世界中で活用が加速しています。本ブログでは、最新の海外活用事例をご紹介します。 セントリカ ストレージ(イギリス・エネルギー産業) セントリカ ストレージは、英国の多国籍エネルギーサービス企業で、英国およびアイルランドの消費者に電力とガスを供給しています。2020 年を通じて、Net Zero Technology Centre および Mixed Reality のスペシャリストである VISR Dynamics 社と協力し、革新的なプロジェクトに取り組んできました。具体的には、以下の4つの領域において、Mixed Reality 活用を検証しました。 巨大複合体サイト間をまたぐワーカーナビゲーションの強化 紙ベースによる情報処理の廃止 機械に関連するライブデータと情報をオペレータに示す手段 現場から離れていても専門家が最前線の作業者を遠隔でサポートできる手段   これらのシステムは、VISR 社の VERTX プラットフォームで実行される同社のフロントラインワーカーアプリケーション「FUSE」によって提供されています。FUSE は Microsoft Azure でホストされており、このソリューションは、Azure Remote Rendering、Azure Spatial Anchors、および Azure Object… Read more

HoloLens 2 を装着した人のイメージ
Windows Mixed Reality

HoloLens 2 と Dynamics 365 Mixed Reality が医療業界の ROI を加速

By Japan Windows Blog

※本ブログ記事は、“How Dynamics 365 Mixed Reality on HoloLens 2 is accelerating ROI for the healthcare industry - Microsoft Dynamics 365 Blog” の抄訳です。 全世界の医療機関がデジタル化を加速しており、医療チームのコラボレーションを支援して医師の生産性を高める安全なソリューションの導入を進めています。Mixed Reality (物理世界にデジタル データや画像を重ね合わせる一連の技術) の導入により、医療機関がさらに効果的に連携して業務を最適化し、患者のケアを強化しながら学習を促進する新たな機会が生み出されています。 HoloLens 2 と Mixed Reality を活用すれば、医療従事者は、遠隔地の専門家とつながり、患者データを呼び出すことができ、X 線写真のみならず、診療現場で磁気共鳴画像診断 (MRI) の画像も 3D で調べることができます。Microsoft HoloLens 2、Microsoft Dynamics… Read more

Windows Mixed Reality

教育機関向けに HoloLens 2 Development Edition を 10% OFF で提供開始

By Japan Windows Blog

本日2022年5月10日(火)より、マイクロソフト ストアにおいて、日本の教育機関のお客様を対象に、HoloLens 2 Development Edition を 10% OFF で提供開始しました。 HoloLens 2 Development Edition には、HoloLens 2 デバイス1台に加えて、500米国ドル分のAzure クレジット、Unity Pro の3か月無償利用(450米国ドル相当)、PiXYZの3か月無償利用(300米国ドル相当)の合計1,250 米国ドル分相当のオプションが含まれます。 これにより、Mixed Reality アプリケーション開発に必要なデバイス、クラウドサービス、開発ツールが利用可能となり、初心者の方でもすぐに Mixed Reality アプリケーション開発に取り組むことができます。 教育機関向け 10% OFF の詳細 対象製品:HoloLens 2 Development Edition 割引後 価格:379,962円(税込) /1台 対象者:小中高及び大学、専門学校に在籍する全ての学生とその両親、教育機関関係者(詳細はこちら) 購入方法:マイクロソフトストア オンライン購入(クレジットカード)はこちら… Read more

Holostruction を利用している様子
Windows Mixed Reality

小柳建設が Azure Remote Rendering を活用し、高精細かつ大容量の点群データに対応した Holostruction の新機能を提供開始

By Japan Windows Blog

小柳建設株式会社(以下 小柳建設)が、Mixed Reality (複合現実、以下 MR)技術を用いた建設業向けのソリューション Holostruction において、Azure Remote Rendering を活用し高精細かつ大容量の点群データに対応した新機能、および、3D アノテーション機能のサービス提供を開始しました。 小柳建設は、2017年4月から日本マイクロソフトと連携しHolostructionを開発するとともに自社での活用を推進、2019年12月より法人向けに Microsoft HoloLens (初代) に対応したバージョンの一般提供を開始しました。また、2021年1月には、HoloLens 2 とモバイル端末(Android)に対応した、新バージョンの提供を開始しています。 今回、Azure Remote Rendering を活用することで、大容量データを扱う際にデータの最適化に時間を要するという課題を解決し、高精細かつ大容量の点群データをシームレスに Holostruction で活用できるようになります。また、3D アノテーション機能によって、Holostruction 上の打合せでの協議内容をわかりやすく記録することが可能となり、参加者間の認識齟齬などの問題を解決することができます。 詳細は、小柳建設のプレスリリースをご確認ください。 Holostruction新機能および新料金プランをリリース | 小柳建設株式会社 ()   関連情報: 国内におけるHoloLens 2 / Mixed Reality の最新情報はこちら Mixed… Read more

Windows Mixed Reality

Mixed Reality を活用してオンザジョブ ガイダンスを強化する方法

By Japan Windows Blog

※本ブログは、"Watch how to improve on-the-job guidance with mixed reality - Microsoft Dynamics 365 Blog"の抄訳です。 従来のガイダンスやスキルアップの手法では、経験豊富なトレーニング担当者と、トレーニング受講者が顔を合わせ、作業指示書や部品マニュアル、チェックリストなどを組み合わせた資料を準備し、実作業やシミュレーション環境を用意することが当然とされていました。この場合、スキルの高い作業員 (経験豊富なトレーニング担当者) が業務を通じて新人を指導し、新人が作業プロセスを習得して 1 人で作業できるようになるまで監督します。このプロセスはオンザジョブ ガイダンスと呼ばれており、何十年にもわたって人材育成のサポートに効果を発揮してきましたが、リソースと規模の観点から常に課題もありました。 一方で、過去 10 年間にさまざまな業界の組織がデジタル トランスフォーメーションに取り組み、テクノロジの進歩を存分に活かしてビジネス プロセスを刷新し、その効果と効率を高めてきました。Microsoft Dynamics 365 Guides はまさにその点で効果を発揮します。Microsoft Dynamics 365 Guides のトレーニングやスキルアップのためのアプリケーションは、作業が必要な場所にホログラムで具体的な手順を示し、従業員を支援します。このブログ記事では、Dynamics 365 Guides を活用して従業員エクスペリエンスを向上する 3 つの方法をご紹介します。 自己学習の提供 Mixed… Read more

Windows Mixed Reality

製造業界: HoloLens 2 と Dynamics 365 Mixed Reality ソリューションを活用し、困難な時代に対処

By Japan Windows Blog

※本ブログは “Manufacturers are mitigating disruptions with HoloLens 2 and Dynamics 365 mixed reality solution” の抄訳です。 ここ数年の困難な状況を振り返ると、どのような企業も突然の変化とは無縁ではいられないことを強く実感します。戦略的な取り組みとして Mixed Reality を導入することは、ビジネスの継続性を確保し、将来の安定性と回復性を確固たるものにするための鍵となります。Microsoft HoloLens 2、Dynamics 365 Remote Assist、Dynamics 365 Guides をはじめとする Mixed Reality ソリューションに関連したマイクロソフトの包括的なエコシステムは、製造業の組織が複雑な状況にうまく対応し、現場担当者の能力を引き出し、新しいカスタマー エクスペリエンスを実現できるよう支援します。 今日、Mixed Reality を導入するメリットは非常に大きく、マイクロソフトの委託により Forrester が実施した Total Economic Impact (TEI)… Read more

Windows Mixed Reality

Mixed Reality ソリューション開発者の事例動画を公開 ~世界初の AR カートを開発したトヨタ技術者たちの挑戦~

By Japan Windows Blog

トヨタ技術会による AR カート 「Funve」 開発の取組み事例動画 「世界初の AR カートを開発したトヨタ技術者たちの挑戦」が公開となりました。 トヨタ技術会は、トヨタ自動車の有志の社員で構成されたコミュニティです。自分たちの手でゼロから何かを作り上げ、経験のない領域への挑戦を通じて、子供たちにモノづくりの楽しさやチャレンジの醍醐味を伝えたいという思いのもと、「Fun to Drive for kids」をモットーに、リアルなカートとバーチャルな Mixed Reality を融合する、これまでにない新しい形の AR カートを開発されました。 Mixed Reality アプリケーションの開発を全く知らなかった、トヨタ技術会の開発者の方々が、開発ツール Unity のインストールからスタートするという、まさにゼロから Mixed Reality アプリケーションの開発に挑戦され、約半年で AR カートを開発されました。 トヨタ技術会の開発者の熱い思いがこもった、世界初のARカート開発への挑戦をぜひご覧ください。 本動画は以下の Web サイトで公開しています。 Surface・HoloLens 導入事例 | Microsoft Store 関連情報: HoloLens 2… Read more