October 10, 2018 8:09 am

Windows Insider Program に参加しているお客様に向けて Windows 10 October 2018 Update の更新版をリリース

※本ブログは、米国時間 10/9 に公開された”Updated version of Windows 10 October 2018 Update released to Windows Insiders” の抄訳です。

先週、全ユーザーを対象に Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809) の提供を一時停止しました。更新後にファイルが見つからないという報告が複数のユーザーから個別に寄せられ、調査を行ったためです。データ損失は深刻な問題であることを踏まえ、緊急対応策としてすべての1809 (Windows Server 2019 および IoT の同等のバージョンを含む) を更新する手段を止めております。マイクロソフトは、機能更新プログラムをリリースするときには毎回、意図的に時間をかけて自動配信をしており、更新プログラムの提供範囲を拡大する前にフィードバックを厳重に確認しています。今回のケースでは、Windows の設定から [更新プログラムのチェック] を手動でクリックしたユーザーのみに更新プログラムが提供されていました。公開を一時停止したのは、ロールアウトからわずか 2 日後であり、October 2018 Update を入手したお客様の数は非常に限られています。実際にデータ損失が発生したという報告はごく少数 (バージョン 1809 のインストール件数の 0.01%) ですが、いずれにしてもデータ損失は深刻な問題です。

マイクロソフトは、データ損失に関する報告をすべて徹底的に調査し、更新プログラムのすべての既知の問題を特定して修正し、内部検証を実施しました。また、マイクロソフトのサポートがお客様をサポートします。詳細については、後述の箇所をご確認ください。

本日、Windows 10 October 2018 Update の再リリースに向けた次のステップとして、Windows Insider コミュニティを対象に更新版の提供を開始しました。Insider Program の参加者の利用結果、フィードバック、診断データを注意深く調査したうえで、広範囲への再リリースに向けてさらなる措置を講じていく予定です。

詳細情報

October 2018 Update の再リリースを開始する前にエンジニアリング調査を実施したところ、October 2018 Update の実行中にファイルを損失したユーザーは非常に少数であることが判明しました。この問題が発生したのは、以前に Known Folder Redirection (KFR) を有効にしたものの、ファイルが新しいリダイレクト後の場所に移動されずに、元の「古い」フォルダーの場所に残っていていた場合です。KFR を有効にすると、Windows の既知のフォルダー (デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、スクリーンショット、ビデオ、カメラ ロールなど) が既定フォルダーの場所 (c:\users\username\<フォルダー名>) から新しいフォルダーの場所にリダイレクトされます。前回の Windows 10 April 2018 Update のフィードバックでは、KFR を有効にしたユーザーから、デバイスに既知のフォルダーの余分な空のコピーが作成されたという報告が寄せられました。これを踏まえ、October 2018 Update ではこれらの空の重複した既知のフォルダーを削除するコードを導入しました。その変更と更新作成シーケンスの別の変更が組み合わさった結果、元の「古い」フォルダーの場所とそのフォルダーの内容が削除され、新しい「アクティブな」フォルダーのみが変更されずに残りました。そのため、以下のとおり問題につながるシナリオを特定して修正しました。

  • KFR を使用して既知のフォルダーを別のドライブにリダイレクトしていた場合: たとえば、C ドライブの空き容量が不足してきたとします。そこで、一部のファイルをメイン フォルダー以外の場所に保存するために、システムに別のドライブを追加します。D:\documents を作成し、既知のフォルダーの場所を元の「古い」場所 (c:\users\username\documents) から D:\documents に変更します。中には c:\users\username\documents の内容が D:\documents に移動されていないことがあり、そうした場合に今回の問題が発生する可能性がありました。この状態で October 2018 Update をインストールすると、元の「古い」フォルダーとそのフォルダー内のファイルが削除されました (この例では c:\users\username\documents が削除され、新しい場所の d:\documents は保持されます)。
  • 1 つ以上の既知のフォルダー (デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、スクリーンショット、ビデオ、カメラ ロールなど) が OneDrive の別のフォルダーにリダイレクト (KFR) されるように構成していた場合: たとえば、ドキュメント フォルダーの場所プロパティを c:\users\username\documents から別のフォルダーに変更したとします。この処理中、ファイルを新しい場所に移動するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。ファイルを移動せずに October 2018 Update をインストールした場合に、元の「古い」フォルダーとそのフォルダー内のファイルが削除されました。
  • OneDrive クライアントの初期バージョンを使用して、OneDrive の設定で自動保存機能をオンにしていた場合: 自動保存機能をオンにすると、ユーザーの選択に応じてドキュメント フォルダーやピクチャ フォルダーの KFR が有効化されますが、既存のファイルは元の「古い」場所から新しい場所に移動されませんでした。たとえば、ユーザーがピクチャの自動保存をオンにした場合、ピクチャ フォルダーの場所は c:\users\username\pictures から c:\users\username\onedrive\pictures に変更されるものの、ファイルは移動されません。なお、この機能の最新バージョンでは、ファイルが移動されます。ファイルが移動されないまま October 2018 Update をインストールすると、元の「古い」フォルダーとそのフォルダー内のファイルが削除されました (この例では c:\users\username\pictures が削除され、新しい場所の c:\users\username\onedrive\pictures は保持されます)。

マイクロソフトは、これらの問題を徹底的に調査し、上記 3 つのシナリオすべてに適用できるソリューションを開発しました。これにより、元の「古い」フォルダーの場所とそのフォルダーの内容は変更されずに残ります。

また本日は、既に Windows 10 October 2018 Update をご利用のお客様に向けて月次更新プログラムもリリースしており、上記の問題以外にも複数の修正を行いました。詳細については、KB 4464330 (英語) をご覧ください。

影響を受けるユーザーのサポート

この問題の影響を受けた可能性のあるお客様をお手伝いするために、マイクロソフトのサポートでは、October 2018 Update に関連するデータ損失が発生したユーザーのデータ復旧作業を承ります。ファイルの復旧作業の結果を保証することはできませんが、[更新プログラムのチェック] を手動でクリックした結果、ファイルが損失したと思われる場合には、影響を受けたデバイスの使用を可能な限り控え、お住まいの地域のカスタマー サービスまで直接ご連絡ください。詳細については、「Windows 10 の更新履歴」ページ (サポート技術情報) をご覧ください。最新情報を随時掲載しています。

次のステップ

今回発生したような問題を確実に検出するべく、本日 Windows Insider フィードバック Hub (英語) の新機能をリリースしました。ユーザー主導のフィードバック (User Initiated Feedback) を送信する際に、ユーザーが影響の痕跡や重大性も報告できるようになります。これにより、フィードバックの量が少ない場合でも、特に影響が大きい問題を確実に監視できるものと期待しています。

今後も最大限の注意を払い、更新プログラムと、Windows Insider コミュニティから寄せられた関連フィードバックや診断データをすべて厳重に監視してまいります。さらなる影響が生じないことが確認されましたら、Windows 10 October 2018 Update の正式な再リリースに踏み切る予定です。今回の問題により、お客様にご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。今回の経験を教訓に、社内のプロセスと通知システムを強化し、お客様の更新プロセスが快適なものとなるように取り組んでまいります。

Join the conversation