February 29, 2016 3:57 am

Windows 10 Insider Preview ビルド 14267 を発表

※本ブログは、Windows Blog ” Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14267 の抄訳です。

皆様、こんにちは。

このたび、Windows Insider Program の Fast リングを選択されている皆様を対象に Windows 10 Insider Preview ビルド 14267 がリリースされました。

2016 年から Windows Insider Program のリングが変更されましたので、これについて簡単にお伝えします。

  1. 先週新たに Release Preview リングが Windows Insider Program に導入されました。このリングは Current Branch  (現在はビルド 10586 を基盤としています) を継続して使用しつつ、更新やアプリケーションの更新、ドライバーの更新をいち早く適用したい方に向けたもので、「早期に更新を利用したいけれども、すべてのプレビュー ビルドをインストールしたいわけではない」とお考えの皆様には最適なオプションです。Release Preview リングでは Current Branch の更新プログラムが提供されるので、Current Branch  (ビルド 10586) を使用しているデバイスでのみこのオプションが表示されます。これよりも新しいビルドを使用しているデバイスに Release Preview リングを適用することはできません。Development Branch から Current Branch に移行するには、メディア作成ツールを使用して Windows 10 を再インストールする方法が最も簡単です。
  2. Windows Insider Program の Fast リングに新しいビルドをリリースする条件を調整し、さらにスピーディにビルドをお届けできるようになりました。このため今後のビルドでは、通常の使用に支障をきたすようなバグやその他の問題が若干増えることが予想されます。安定性の高いビルドを利用したい場合には、Slow リングに変更されることをお勧めします。[Settings]、[Update & Security]、[Windows Update]、[Advanced options] の順に選択し、[Get Insider Preview builds] のスライダーで [Slow ring] を選択してください。

Insider Preview ビルドと Windows 10 Education

Windows 10 Education を使用している学生や教師の皆様は、[Settings] > [Update & security] > [Advanced options] の順に選択して、お使いの PC で Insider Preview ビルドを使用するように設定できます。Windows 10 Education を使用して Windows Insider Program にご参加くださった皆様のご協力を通じて、教育機関向け Windows の未来は形作られることになります。最高の Windows を作り上げるために、現在も Windows の各機能を強化する取り組みを継続中です。皆様もぜひご協力をお願いいたします。Windows 10 Education はマイクロソフト ボリューム ライセンスでご利用いただけます。DreamSpark プログラムに参加している機関や Windows の学生向け特典 (英語) の対象となっている機関に在籍している学生の皆様は、マイクロソフトと各機関とのパートナーシップに基づき Windows 10 Education をダウンロードできます。

今回のビルドの変更内容

Cortana で簡単に音楽を検索: Cortana の右上にミュージックの検索アイコンが追加され、ミュージックの検索機能を簡単に起動できるようになりました。PC で Cortana を開いてこのアイコンをクリックすると、再生中の曲を Cortana が聴いて、その曲の情報を検索します。

cortana-music-searrchPC

Microsoft Edge のお気に入りバーを改良: Microsoft Edge でお気に入りバーを有効化している場合に、お気に入りバーにアイコンのみを表示できるようになりました。お気に入りバーを右クリックすると、このオプションを選択できます。また、同じく右クリックでお気に入りバーに新規のフォルダーを追加できるようになりました。

edge-favorites-bar2-1024x572

Microsoft Edge 終了時に閲覧データを消去: Microsoft Edge を終了するときに閲覧データを消去するオプションが追加されました。このオプションを使用するには、Microsoft Edge の右上の 3 つのドットをクリックして設定ウィンドウに移動し、[Clear browser data] の下の [Choose what to clear] をクリックして消去するデータの種類を選択してから [Always clear this after I close the browser] を有効化します。

Microsoft Edge のダウンロードのダイアログ表示を改良: Microsoft Edge でダウンロードを開始するときにダイアログが表示されるように設定できるオプションが追加されました。このオプションを有効化すると、ファイルを保存する場所を選択できるようになります。Microsoft Edge で右上の 3 つのドットをクリックして設定ウィンドウに移動し、[Downloads settings] の下でオプションを指定できます。

メッセージング機能と Skype を改良: Skype メッセージを新規作成しているときにウィンドウ左下の紙クリップ アイコンをクリックまたはタップして、Skype メッセージに写真を添付できるようになりました。また、カメラ アプリを起動して写真を撮影してから Skype メッセージに添付したり、ユーザーの現在地を送信したりといったことも可能です。

修正された問題点

  • [Settings] > [Update & Security] > [Recovery] の下にある [Reset This PC] を選択した場合、正常に動作するようになりました。
  • ログイン後に WSClient.dll のエラー ダイアログが表示される問題が修正されました。
  • Intel RealSense カメラを搭載している PC で前面カメラが再び使用できるようになりました。これに伴い Windows Hello も使用可能になります。
  • [Settings] > [System] > [Storage] の順に選択したときにシステム ボリューム (Windows がインストールされているハード ディスク ドライブ) のストレージ容量が正しく表示されない問題が修正されました。

既知の問題

このビルドで確認されている既知の問題は 1 つだけです。Hyper-V で複数の仮想スイッチまたは仮想ネットワーク アダプター (レガシ アダプターを含む) を使用している場合に今回のビルドにアップグレードすると、アップグレード後にネットワーク接続を使用できなくなります。ネットワークに再度接続するには、次の 2 つの回避策があります。

  • 仮想スイッチに接続されている仮想ネットワーク アダプターをすべて削除し、仮想スイッチを削除してから再作成し、仮想 NIC を新しい仮想スイッチに再接続します。
  • コマンド プロンプトから管理者権限で netcfg -d を実行して仮想スイッチの設定をすべて消去し、最初から設定し直します。

いつも Windows Insider Program にご協力くださり、ありがとうございます。今回のビルドをご利用中に問題が発生した場合は、Windows Feedback アプリからご報告をお願いいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Gabe Aul

Join the conversation