August 1, 2016 11:55 am

Windows 10 Anniversary Update に伴うSurfaceペンの変更(2016年9月8日追記)

平素よりマイクロソフト製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

Windows 10 の2度目のメジャー アップデートである Windows 10 Anniversary Update の提供が開始されました。今回の Anniversary Update に伴う機能強化、更なるイノベーションに関する詳細はこちらからご覧いただけます。日頃から Surface ペンをご愛用いただいている Surface ユーザーの皆様には、今までと変わらず Surface ペンをお使いいただけるよう、Windows 10 Anniversary Update に伴う変更をお知らせいたします。

1. Surface ペン トップボタンのクリックで呼び出す機能が変わります。
初期設定として組み込まれていた Surface ペンのショートカット設定が、Windows 10 Anniversary Update 適用後は「Windows Ink ワークスペース」の機能と紐づけられます。

Surfaceペンのショートカット Windows 10 Anniversary Update
適用前 適用後
ワンクリック OneNote起動 Windows Ink ワークスペース ホームにアクセス
ダブルクリック スクリーンショット取得し OneNote に貼付 Windows Ink ワークスペースの画面スケッチを実行

 

(2016年9月8日追記)2016年8月9日に公開された更新プログラムにより、Anniversary Update実行後も以前のペン クリックの設定が保持されるよう修正されました。詳細はこちらをご覧ください。

Surface ペンをワンクリックすることで、画面右側に「Windows Ink ワークスペース」が表示されます。

Windows Ink ワークスペース

2. Windows の設定画面から Surface ペントップボタンを設定できるようになります
Surface ペンの設定が Windows の設定画面から行えるようになり、Windows 10 Anniversary Update 適用後でも、以下の手順で元の設定やお好みのアプリケーションにカスタマイズいただけます。

手順 1:画面右端から左方向にスワイプしてアクションセンターを表示し「すべての設定」を選択してください。

Windows 10 Action Center
手順 2:「デバイス Bluetooth、プリンター、マウス」を選択して、ペンの設定を行います。

Windows 10 デバイス設定画面
手順 3:左メニューより「ペンと Windows Ink」を選択し、ペンのショートカットを設定します。

ペンの設定

シングルクリック プルダウンより「OneNote ユニバーサル」を選択します。同様にダブルクリックの設定も変更できます。

お好みのアプリを設定することも可能です。例えば、Internet Explorer を設定すれば、Surface ペンワンクリックでInternet Explorer が起動します。

シングルクリック

Updated September 8, 2016 6:47 am