November 5, 2016 12:00 pm

PC およびモバイル向けの Windows 10 Insider Preview ビルド 14959 を発表

※本ブログは、 ”Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14959 for PC” の抄訳です。

Windows Insider の皆様、こんにちは。

このたび、Windows Insider Program の Fast リングを選択されている皆様を対象に、PC およびモバイル向けの Windows 10 Insider Preview ビルド 14959 をリリースしました。

Windows 10 Creators Update

マイクロソフトは先週、ニューヨークで開催したイベントにおいて、Windows 10 Creators Update や Surface Studio、Surface Dial などの新しいデバイスをリリースし、クリエイティビティの新たな可能性を広げるビジョンを発表しました。イベントでの発表内容の詳細については、Terry Myerson のブログ記事をご覧ください。先週お伝えしたように、Windows は氷山のようなものです。ユーザーの目に見えている機能は、マイクロソフトが新しい UI を実現するために取り組んでいるエンジニアリング作業のごく一部の成果にすぎません。前回のビルド (ビルド 14955 (英語)) を含め、最新ビルドを実行している Windows Insider の皆様は、既に Creators Update をご利用になっています。イベントで紹介された魅力的な新機能は、数週間のうちにリリースされるビルドに実装される予定です。Remix 3D (英語) などの機能は、Windows Insider の皆様に今すぐお試しいただけます。今後数か月で Windows Insider の皆様に Creators Update の新機能が続々とご利用いただけるようになりますので、お楽しみに。

ビルド14959の変更内容

Unified Update Platform: 今回のモバイル向けビルドの公開には、新しい更新プログラム公開システム「Unified Update Platform (UUP)」を使用しています。UUP の詳細については、Bill Karagounis のブログ記事 (英語) をご覧ください。

仮想マシンの画面拡大の制御 (PC): Hyper-V 仮想マシンの画面が正常に拡大できない場合があるというフィードバックが寄せられており、その対策として、[View] メニューに新しく [Zoom Level] オプションを追加しました。既定の拡大表示設定を上書きして、100%、125%、150%、200% のいずれかに設定できます。また、特定の VM を全画面表示モードにした場合にリモート デスクトップ接続バーが表示されなくなる問題も修正しました。エクスペリエンスのチューニング作業はまだ完了しておらず、たとえば、高 DPI を適切に処理できるようにズーム レベルを追加したものの、ズーム時にはスクロールしなければ VM の画面全体を見ることができないなど、荒削りな部分が残っていますが、ご理解いただけると幸いです。

PC 向けビルドでのその他の機能強化と修正

  • アップグレード後に自動輝度調整が予期せずオフになる問題を修正しました。問題を修正するために、自動輝度調整の設定を変更したことがないユーザーに対し、この設定を再度有効化しています。既に手動で自動輝度調整を設定している場合は、この修正による影響はありません。自動輝度調整を有効化または無効化するには、[Settings] > [System] > [Display] を開きます。
  • ドメインに接続した PC を使用する場合に、PC がドメイン ネットワークから切断されているとログインできないことがありましたが、その問題を修正しました。
  • 特定のアプリ (Outlook メール、カレンダーなど) を更新する際に、エラー コード 0x800700B7 が表示されて更新できないことがありましたが、その問題を修正しました。
  • 特定のデバイス モデルを使用している場合に、SD カードを取り出すとシステムがクラッシュする問題を修正しました。
  • スポットライトのロック画面の画像を好みではないと回答すると、すぐに新しい画像が表示された後、以前の画像から新しい画像への移行アニメーションが表示される問題を修正しました。
  • タブレット モードでアプリを別のアプリから起動すると、左右に並べて表示されず、全画面表示になる問題を修正しました (MSN ニュース アプリから Web リンクを起動する場合など)。

モバイル向けビルドでのその他の機能強化と修正

  • [Settings] のデータ使用状況ページ ([Settings] > [Network & wireless] > [Data usage]) を更新し、パフォーマンスと UI を改良しました。Build 14959 Mobile Setting
    • ウォレットにカードを追加できない問題と、「タップして支払い」機能を使用できない問題を修正しました。
    • タスク スイッチャーでスタート メニューが閉じられるようになっており、想定した動作ではなかったため、修正しました。
    • [Settings] > [System] > [Phone] > [Default apps] で、既定の通話アプリに関する特定のオプションが予期せず表示されなくなる問題を修正しました。
    • バッテリー節約機能をオンにすると、バックグラウンドでメディアを再生しているアプリ (Groove ミュージックなど) が停止する問題を修正しました。
    • コピー/貼り付けが機能しなくなり、デバイスを再起動しないと直らないことがありましたが、その問題を修正しました。
    • VPN 設定ページで [Let apps automatically use this VPN connection] のチェックボックスをオフにすると、設定ページがハングすることがありましたが、その問題を修正しました。

PC 向けビルドの既知の問題

  • サードパーティ製のウイルス対策製品が PC にインストールされている場合、今回のビルドへの更新を完了できず、以前のビルドにロールバックされる可能性があります。
  • Internet Explorer が起動した数秒後にクラッシュする問題については、マイクロソフトでも既に確認されています。

モバイル向けビルドの既知の問題

  • ビルド 14951 またはビルド 14955 に更新する際に、配信トラブルを回避するために日付設定を変更していた方もいらっしゃいましたが、今後はこの回避策を使用しないでください。本日のビルドを入手するには、デバイスの Microsoft アカウント (MSA) チケットの有効期限が切れる必要があります。日付を 30 年変更していた場合は、デバイス リセットを実行してください。
  • 今後数週間にわたり、追加の言語、キーボード、音声認識パックをスマートフォンにインストールできなくなります。新規インストールのみが不可となり、既にインストールしてある言語、キーボード、音声認識パックは、新しいビルドへの更新時に引き継がれます。なお、該当するビルドを実行するスマートフォンをハード リセットした場合も、追加の言語、キーボード、音声認識パックをインストールできません。回避策としては、Windows Device Recovery Tool を使用して Windows Phone 8.1 または Windows 10 Mobile にロールバックし、必要な言語、キーボード、音声認識パックをインストールしてから、Fast リングの最新ビルドに更新してください。

November 2016 Bug Bash は来週開催

Bug Bash の開始日を 11 月 7 日 (月) 午前 12 時 1 分 (太平洋時間) / 11 月 8 日 (火) 午前 5 時 1 分 (日本時間) に変更しました。Windows Insider の皆様が Windows エンジニアと同じ日程でバグ探しに参加できるようになります (以前はエンジニアが 1 日早くスタートしていました)。今回の Bug Bash には本日リリースしたビルド 14959 を使用するため、クエストが公開されるまでに PC やスマートフォンを更新して、すぐに開始できるように準備しておきましょう。Bug Bash は 11 月 13 日 (日) 午後 12 時 (太平洋時間) / 11 月 14 日 (月) 午後 5 時 (日本時間) に終了します。マイクロソフトのチーム全員が Bug Bash に参加し、社内で楽しいイベントも実施する予定です。Windows Insider の皆様もぜひ奮ってご参加ください。

Bug Bash のクエストに関するアイデアがございましたら、フィードバック Hub からお知らせください。

チームの取り組みに関する最新情報

私たちチームは先日開催された Ignite NZ に参加し、帰国したばかりです。多数の Windows Insider の皆様にご参加いただき、すばらしいコミュニティの皆様の「Windows 愛」をひしひしと感じることができました。内容を知りたいというご要望をいくつも頂いておりますので、こちらで関連ページをご紹介します。私が登壇したテクノロジ イノベーションに関する基調講演 (英語)、Jeremiah Marble と私が担当した CoCreate (Community) セッション (英語)、Katharine Holdsworth による Inside the Windows Insider Program セッション (英語)、Windows Insider の Kyle Dunkerley 氏のインタビュー (英語) をご覧いただけます。

Windows Insider の皆様から Create-A-Thon を開始したよと伺うと、とても嬉しいです。ニュージーランドの首都ウェリントンでも 12 月に Create-A-Thon の開催が予定されており、暫定的に「Sheep-A-Thon」と呼んでいます。参加をご希望の方は、Callum Moffat 氏にご連絡ください。

ご自分で Create-A-Thon を実施したいとお考えの方は、まず DIY キットを入手してください。マイクロソフトにお問い合わせいただければ、キットを有効活用できるようにサポートいたします。

私たちチームは現在、月曜日に開幕する MVP サミットの準備に取り組んでいます。Windows Insider の皆様向けのイベントが複数企画されており、初日の朝には Bill KaragounisJeremiah Marble と私が基調講演に登壇し、プログラムやコミュニティについてお話しする予定です。

それでは頑張っていきましょう。 Dona <3