February 9, 2017 2:41 am

Windows 10 Version 1607 (Anniversary Update) の Current Branch for Businessの提供開始について

平素よりマイクロソフト製品、およびWindows 10 をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。今回の投稿では法人のお客様を対象に、Windows 10の新しいVersionやサポート終了のスケジュールに関して、最新の情報をお届けいたします。是非ご一読のほどよろしくお願い申し上げます。

Windows 10 Version 1607 (Windows 10 Anniversary Update)のCurrent Branch for Business(以下CBB)のインストールメディアが提供開始となり、Windows Update for Business、Windows Server Update Services、MSDN Subscriptionからも入手可能となりました。 提供開始に伴い、Windows 10 Version 1507のCBB向け品質アップデート(セキュリティ更新プログラム、バグフィックス)の提供が5月以降終了となります。現在Version 1507 CBBをお使いのお客様は、早めに最新のVersionにUpdateをお願いいたします。

<お使いのWindows 10のVersion確認方法>

現在お使いのWindows 10 のVersionを確認するには、スタートメニュー > 設定>バージョン情報をご確認ください。

<Windows 10のVersion Updateについて>

Windows 10 を最新のVersionにUpdateするには、スタートメニュー > 設定 >更新とセキュリティ>更新プログラムのチェックをクリックし、最新のVersionにUpdateください。

*法人企業様で、クライアントPCをポリシーで管理をされている場合、各端末上でこちらの設定ができない場合がございます。 その場合はIT管理者の方にお問い合わせください。

<Current BranchとCurrent Branch for Businessについて>

一般法人のお客様向けには1.Current Branch(以下CB)か、2. CBBの2つの提供形態があります。 CBは最新の機能をすぐにお使いいただけるもので、新機能の適用を製品のリリース後に適用する形態となります。一方、CBBはCBの提供一定期間後(約4か月後)に、より安定した製品を導入したいニーズにお応えするもので、特に企業のお客様向けに提供されるものになります。

<CBとCBBの設定の方法について>

Windows 10 Proが搭載されたクライアントPC上では、CBおよびCBBを変更することが可能です。

スタートメニュー > 設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update > 詳細オプションを選択いただき、機能の更新を延期するにチェックを入れていただくと、CBからCBBへの変更が可能になります。

*Windows 10 HomeはCBのみの提供となり、CBBへの変更ができません。

*法人企業様でクライアントPCをポリシーで管理をされている場合、各端末上でこちらの設定ができない場合がございます。

 

<関連リンク>

TechNet

サービスとしての Windows の概要

Windows 10のヘルプ

https://support.microsoft.com/ja-jp/products/windows?os=windows-10

Join the conversation