March 27, 2018 5:05 am

東宝と日本マイクロソフトが連携し 『日比谷シャンテ』と『ゴジラ』を Azure AI と MR で変革!

東宝株式会社と日本マイクロソフト株式会社は連携し、3月23日(金)にリニューアルオープンした「日比谷シャンテ」において、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の AI(人工知能)サービスと、Mixed Reality(複合現実/ MR)を実現する「Microsoft HoloLens」を活用した、新しい「ゴジラ」の体験と近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA 2018」を本日開始し、2018年5月下旬より、そのショーケースを一般公開します。

詳細はこちら

本ブログでは、新しい「ゴジラ」の体験と近未来の店舗の創造をするプロジェクトのテクノロジーの詳細についてご説明します。

 

新しく生まれ変わる日比谷の街にゴジラが上陸!日本初、Microsoft HoloLens を使った屋外アトラクション、『Godzilla Nights』(ゴジラ ナイツ)を開催

Mixed Reality の技術により、まるで目の前にゴジラがいるかのような体験ができる、Microsoft HoloLens を活用した日本初の屋外アトラクションイベント「Godzilla Nights」を、5月下旬に1週間、日比谷シャンテ前の広場「日比谷ゴジラスクエア」で開催します。参加者が Microsoft HoloLens を装着すると、118.5mの圧倒的な存在感で迫りくるゴジラ(『シン・ゴジラ』)が出現。巨大不明生物特設災害対策本部(通称:巨災対)がミサイルによる日比谷防衛作戦を立案。まるでその場にいるかのような臨場感で体験できます。体験中のミサイル発射を制御する音声認識と、防衛戦確認の際の自然言語処理などに、Microsoft Azure の AI サービスも活用します。

本イベントで使用する、 MR アプリケーションは Microsoft の Cloud サービス、Microsoft Azure に連携します。具体的には、Microsoft Cognitive Services の音声認識を通じてユーザーの声に反応し、Bot Service により音声 Chat Bot が可能になります。これにより、体験中のミサイル発射を音声認識で制御したり、防衛戦確認に自然言語処理を活用することが可能となります。(予定)

また、今回のイベントのコンテンツについては株式会社ピクチャーエレメント株式会社白組株式会社エム・ソフトにて開発を行います。
尚、本イベントは株式会社モメンタム ジャパンが企画・運営を行っています。

※画像をご使用の際は下記の著作権表示をお願いいたします
© TOHO CO., LTD.

※画像はイメージです

 

Azure テクノロジーを活用した「近未来の店舗」について

顧客満足度の向上とともにビジネスの効率化に寄与する Azure の AI である Microsoft Cognitive Services などを活用したサービスを日比谷シャンテ内に展開します。以下3つのサービスは今後、他商業施設に展開していく予定です。

1. お客様に最適な映画を AI がご提案:

株式会社アロバの「アロバビューコーロ」が、Microsoft の Cognitive Services の Face API を利用し、 ネットワークカメラで休憩スペースに滞在されているお客様の表情から、 年齢、性別、感情を分析します。また、その属性に対して最適な映画の予告編を自動生成し、サイネージに表示する仕組みについては株式会社モメンタム ジャパンがサポートしています。

導入事例はこちら

お客様の顔から性別・年齢を分析して、「その場にいるお客様にあわせた」映画の予告編ムービーを作成します

 

2. 飲食店の空き状況をリアルタイムでサイネージに表示:

株式会社バカンの「Vacant-First Platform」は、すべての空席情報を集約する「Vacant-First」(ベイケント・ファースト)を実現する空席検索プラットフォームです。画像分析やセンサーによって空席情報が取得され、空席データが Microsoft Azure の PaaS サービスである Web App や Cosmos DB を活用したデータベースを通じて、デジタルサイネージに空き情報が表示されます。本サービスは、すでに横浜高島屋およびジョイナスに導入されています。

3. 注文0分、会計0分、待ち時間0体験

地下2階の一部の店舗では、Azure を活用したボクシーズ株式会社が開発した「Putmenu」がシャープ製の POS に連携し、独自のIoT技術により携帯のアプリケーションで注文から会計までを行うことが可能です。
また Microsoft Translator により12言語でアプリを操作することが可能です。また、オーダーデータやお客様評価は、Azure のデータベースに格納されマーケティング等に活用することも可能です。また、本サービスはイオンモール幕張新都心店やハウステンボスの一部の店舗に導入されています。

導入事例はこちら

本サービスの詳細説明はこちら

 

日本マイクロソフトでは、「Microsoft Azure」の AI(人工知能)や Microsoft HoloLens を活用したサービスやアプリケーション開発についてのワークショップを、渋谷ヒカリエ内の Azure Antenna にて毎日実施しています。

ワークショップの申し込みはこちら
ワークショップの資料(無料)のダウンロードはこちら

 

Join the conversation