July 11, 2018 5:50 am

【Surface Go を発表】やりたいことが、軽がるできる「Surface Go」を、明日 7 月 12 日(木)予約開始、8 月 28 日(火)発売

日本マイクロソフト株式会社は、マイクロソフトの自社ブランドデバイス「 Microsoft Surface 」の新製品として、「 Surface Go 」を発表しました。明日 7 月 12 日(木)より予約受付を開始し、8 月 28 日(火)より発売します。
Surface Go

もっとできるを、軽がると

「 Surface Go 」は Surface 史上、最も軽く、最も薄く、あらゆるシーンで活用できる Surface です。
スタイリッシュなデザインに、重さ約 520 g、薄さ 8.3 mmのコンパクトな軽量ボディで、最大 9 時間駆動のバッテリーを搭載しているので、一日中どこへでも持ち運ぶことができます。

軽く、薄く、小型な筐体にも関わらず、WEB ブラウジング、メール、動画視聴をストレスなくできる第 7 世代 Intel Pentium Gold Processor 4415Y を搭載し、Windows Hello による生体認証や、USB の新規格 USB – C も対応しているので、仕事でもプライベートでもシーンに制限されることなく、やりたいことを軽がると実現することができます。

また、高解像度の PixelSense ディスプレイは、ビデオや写真などの色調を美しく表現します。筆圧や傾きに対応している専用の Surface ペン (別売り) と合わせて使えば、まるでノートに鉛筆で書いているような繊細な表現が可能です。Surface ペンを快適にストレスなく使えるよう、4,096 段階の筆圧を感知し、入力と描画の遅延を感じさせないような調整や、実際にペン先が触れている点と描画される点の視差を軽減するような調整がされています。

そして、携帯性の高いこのデバイスで、Office デスクトップ アプリケーションを利用できることは、私たちが Surface Go を設計する際に譲れなかったポイントの1つです。いつでもどこへいても、やりたいことを実現する。そのためには、Office の利用が必要不可欠だと考えました。

デバイスの形状も用途に合わせて変更することができ、ラップトップモードでの利用はもちろん、165 度まで角度調節することができるキックスタンドを活用すれば、まるでキャンバスに描くかのようにペンを使ったり、Netflix や Hulu などの動画をリラックスしながら視聴することができます。

この機能性、機動性、革新性を有する Surface Go は、これまで IT のメリットを享受しにくかった、工場や建設現場、医療、接客などのサービス業等、さまざまな業種のファーストライン(最前線)で、スマートフォンやデジタルカメラ、タブレット端末など、複数のデバイスで行っていた業務や情報管理・共有を Surface  Go 1 台でこなすことができるようになり、新たな領域でのデジタルトランスフォーメーションを促進します。さらに、教育現場では、アクティブラーニングや持ち帰り学習など、新しい学習スタイルに最適な Surface Go が児童・生徒の学びの質を高め、政府が掲げている 1 人 1 台情報端末配備の取り組みを後押しします。
Surface Go は、Wi-Fi モデルに加え、2018 年内には LTE モデルのリリースを予定しており、モバイル PC としてさらに活用シーンが広がります。

Surface Go and アクセサリー

Surface Go 向けアクセサリ製品群

  • Surface Go Signature タイプカバー:
    コンパクトでありながら、使いやすさを追求したキーピッチや5点マルチフィンガージェスチャーをサポートするトラックパッドを備えたタイプカバーです。独特な質感を持つアルカンターラ素材を使用し、プラチナ、コバルトブルー、バーガンディの3色で展開します。
  • Surface モバイル マウス:
    手に馴染み、自然な姿勢で操作できるようデザインされ、やりたいことをさらに効率的に進められる、Surface Go に最適なマウスです。Surface Go Signature タイプカバーと同様、プラチナ、コバルトブルー、バーガンディの 3 色で展開します。一般向けの 3 色に加え、法人向けにはブラックが展開されます。
  • 拡張ケーブル:
    本体に搭載された USB – C から USB 3.0、ディスプレイポート、Ethernet への 3 種類の変換ケーブルを展開。

Surface Go and Type Cover

発売関連情報

Surface Go および関連アクセサリは、8 月 28 日(火)より順次、一般向けには全国量販店グループおよび Microsoft Store(オンラインストア)から、法人向けには、マイクロソフト認定 Surface リセラーおよび  3,000 社を超える D-VAR (Device Value Added Reseller) 各社より販売します。

発売に先立ち、明日 7 月 12 日(木)から一般向けには全国量販店および Microsoft Store(オンラインストア)にて、法人向けには認定Surfaceリセラー各社および D-VAR 各社にて予約および受注を開始します。

Surface Go の製品構成、価格、発売日は以下のとおりです。
Surface Go 価格表
Surface Go 向けアクセサリの価格は、以下のとおりです。
Surface Go アクセサリ価格表

*1 本プレスリリースに記載の価格はすべて税抜参考価格です。お客様への販売価格は販売店および認定リセラー、D-VAR によって決定されます。
*2 一般向けモデルには、Office Home & Business 2016 を搭載しています。法人向けモデル、教育機関向けモデルは Office 非搭載です。
*3 搭載される OS は、一般向けモデルは Windows 10 Home ( S モード)、法人モデル、教育機関向けモデルは Windows 10 Pro となります。

Surface Pro や Surface Laptop を含む Surface ファミリーは、ビジネスユーザー、女性、学生、プロクリエイターなど、幅広いユーザーから好評を得てきました。日本マイクロソフトでは、Surface Go が新たにファミリーに加わることで、より多くの方々の生活が豊かになり、より多くの組織が新しいアイデアやビジネスを生み出すことを、さらにご支援できるものと期待しています。 

日本におけるSurfaceの情報は、https://www.microsoft.com/ja-jp/surface で順次公開していきます。

Updated July 11, 2018 5:52 am

Join the conversation