March 25, 2020 9:03 am

Windows 10 バージョン 1709 のサービス終了日を 2020 年 10 月 13 日まで延長

※ 本ブログは、米国時間 3/19 に公開された ”Revised end of service date for Windows 10, version 1709: October 13, 2020” の抄訳です。

私たちは今、家族や同僚、会社やお客様のことなど、考えることが多くある状況にいます。現在多くの方がリモートワークを行っており、すべての方がこの特殊な状況により、日々の生活に影響を受けています。マイクロソフトの最優先事項は、従業員、お客様、パートナー様、コミュニティの皆様の健康と安全を守ることです。

マイクロソフトは公衆衛生の状況を見極め、マイクロソフトの大切なお客様に与える影響を理解しています。そこで、お客様が抱えている多くの負担を 1 つでも減らすために、お寄せいただいたフィードバックに基づき、Windows 10 バージョン 1709 の Enterprise、Education、IoT Enterprise の各エディションについてサービス終了日を延期することを決定しました。これにより、5 月から 10 月までは、月例のセキュリティ更新プログラムが提供されます。上述した Windows 10 バージョン 1709 の各エディションに対する最後のセキュリティ更新プログラムのリリースは、2020 年 4 月 14 日ではなく、2020 年 10 月 13 日になります。

Windows 10 バージョン 1709 のセキュリティ更新プログラムは、定期的なサービス チャネル (Windows Update、Windows Server Update Services、Microsoft Update カタログ) を通じて入手できます。現状の更新管理のワークフローを変更いただく必要はありません。たとえば、サポート対象のすべてのバージョンの Microsoft Configuration Manager (Current Branch) では、Windows 10 バージョン 1709 を引き続き 2020 年 10 月 13 日までサポートします。

まだ Windows Update for Business への移行が完了していない IT 部門の担当者様は、ぜひご検討ください。Windows Update for Business に移行すると、ユーザーはマイクロソフトから直接、安全かつ高速な方法で、機能更新プログラムと品質更新プログラムの両方を入手できるようになります。Windows 10 デバイスを最新の状態に維持するための手順については、サービスとしての Windows をご参照ください。

Windows クライアント OS および Windows Server OS のすべてのバージョンとエディションのサービス終了日をまとめた一覧をご覧になりたい場合は、Windows ライフサイクルのファクト シートをブックマークしてください。また、すべての法人向けマイクロソフト製品のライフサイクル情報については Microsoft ライフサイクル ポリシーの検索ツールをご利用ください。最新のニュースと発表を見逃さないために、Windows メッセージ センター (英語) をブックマークしていただき、Twitter アカウント @WindowsUpdate をフォローしていただくことをお勧めします。

Join the conversation