August 31, 2020 6:38 am

Windows 10 バージョン 20H2 を企業向けプレリリース検証用に提供開始

※ 本ブログは、米国時間 8/20 に公開された ”Windows 10, version 20H2 available for commercial pre-release validation” の抄訳です。

一般向けリリースに先立って、企業のお客様が機能の確認や動作検証を始められるよう Windows 10 バージョン 20H2 の提供を開始しました。

前回の発表 (英語) のとおり、バージョン 20H2 は、現在バージョン 2004 を実行しているデバイス向けの有効化パッケージとして配信されます。これは、バージョン 1903 からバージョン 1909 へのデバイス更新に用いられたものと同じ技術です。バージョン 2004 からバージョン 20H2 への更新の速さや、ダウンタイムの短かさを、実感していただけます。さらに、新しいローカル ユーザーとグループのモバイル デバイス管理 (MDM) ポリシーにより、管理者が管理対象デバイスのローカル グループにきめ細かな変更を加えることができるようになりました。こちらもぜひお試しください。

Windows 10 バージョン 20H2 は、Windows Update、Windows Server Update Services (WSUS)、Azure Marketplace などの標準的な配布ルートか、ISO ファイルのダウンロードにて入手できます。Windows Update で直接更新プログラムを管理している場合や、検証目的で Beta チャネル (旧スロー リング) やリリース プレビュー チャネルにデバイスを登録している場合は、何もする必要はありません。Beta チャネルとリリース プレビュー チャネルに登録されているすべての商用デバイスには、Windows 10 バージョン 20H2 が自動展開されます。有効化パッケージにより、バージョン 2004 からバージョン 20H2 への更新は驚くほど高速です。

メモ: Home エディション以外の Windows 10 を実行するデバイスで、IT 管理者がデバイスを管理している場合 (Microsoft Endpoint Manager またはサードパーティーの MDM ツールを使用)、ボリューム ライセンス キーを使用している場合、CommercialID を持っている場合、またはドメインに参加している場合、そのデバイスは商用デバイスと見なされます。

バージョン 1903 および 1909 と同様に、バージョン 2004 および 20H2 は、同じシステム ファイル セットの共通コア オペレーティング システムを使用しています。新しい機能は、バージョン 2004 向け月例品質更新プログラムに無効化された休止状態で含まれています。これらの休止状態の 20H2 の新機能は、「有効化パッケージ」という簡易インストール用スイッチによってすばやく有効化されます。

再起動はたった 1 回で、更新に伴うダウンタイムも短縮されるため、有効化パッケージはバージョン 20H2 のような範囲が絞られた機能更新プログラムをインストールする場合に適しています。

WSUS で更新を管理している場合は、20H2 の完全な機能更新プログラムを取得するか、有効化パッケージをお試しいただくかを選択できます。WSUS 用プレリリース版更新プログラムにおける他の検証と同様に、まず「Windows Insider Preview」カテゴリが同期されているかを確認する必要があります。このカテゴリが同期されていると、以下のようにコンソールに更新プログラムが表示されます。

pre-release.jpg

メモ: 2020 年 6 月の月例品質更新プログラムがインストールされているバージョン 2004 のデバイスには、Windows 10 バージョン 20H2 は有効化パッケージとして提供されます。バージョン 1909 以前のデバイスには、完全な機能更新プログラムとして提供されます。新機能をくまなく利用するには、最新の累積更新プログラムを適用することをお勧めします。

仮想マシンで新機能をお試しになるには、Azure Marketplace の Windows 10 Preview をご利用ください。ご希望であれば、Windows 10 バージョン 20H2 ISO (英語) をダウンロードすることも可能です。

マイクロソフトは、あらゆるチャネルを通じて次期 Windows 10 機能更新プログラムを提供するだけでなく、お客様が確実に検証を行えるようにしたいと考えています。そのため、Windows Insider Program for Business (英語) のお客様は、WSUS、ISO ダウンロード、Azure Marketplace、Beta 版やリリース プレビュー チャンネルの Windows Update で入手可能なバージョン 20H2 ビルドについて、Microsoft のサポートを受けることができます。お客様や組織内のユーザーがデバイスを使用できなくなったり、セキュリティや個人情報が危険にさらされたりするような深刻な問題が発生した場合は、オンライン フォームから Microsoft サポートに直接サポートを依頼できます。費用はかかりません。

ぜひ Windows 10 バージョン 20H2 をお試しください!
– Windows Insider Program for Business チーム

詳しくは、リリース前の Windows 機能更新プログラムの機能確認と動作検証に役立つ、以下のリンクをご確認ください。

Join the conversation