September 14, 2020 6:09 am

Adobe Flash Player のサポート終了に関する最新情報

※ 本ブログは、米国時間 9/4 に公開された ”Update on Adobe Flash Player End of Support” の抄訳です。

マイクロソフトは、2017 年 7 月に Adobe 社 および彼らのテクノロジ パートナー各社と共同で、Adobe Flash Player のサポートを 2020 年 12 月に終了することを発表しました (英語)。Flash Player 利用の縮小、および HTML5、WebGL、WebAssembly などの優れたセキュリティ オプションが普及したことを理由として、Adobe 社がサポート終了を決定しました。

この計画に基づき、マイクロソフトは 2020 年末に、新旧バージョンの Microsoft Edge および Internet Explorer 11 における Adobe Flash Player のサポートを終了します。

企業のお客様向け継続サポート オプション

Adobe 社は、Adobe Flash Player から移行するにあたりサポートが必要なお客様、または Flash Player に依存する基幹業務アプリケーションを 2021 年以降に利用するお客様のためのサポート オプションを提供します。詳しくは、アドビ社の「Adobe Flash Player法人向けサポート終了情報ページ」 をご覧ください。

これらのお客様をご支援するため、Microsoft Edge では Internet Explorer モードで実行する場合に、Adobe Flash Player をプラグインとして読み込みできるようにいたします。本質的に、Internet Explorer 11 でもプラグインを使用できるようになります。マイクロソフトが提供する Adobe Flash Player からの移行後は、サードパーティ製プラグインの扱いとなるため、マイクロソフトのカスタマー サポートの対象外となります。

参考資料

サポート オプションの詳細については、Adobe のブログ記事をご覧ください。
Adobe のブログ記事 (英語)

マイクロソフトのサポートは 2020 12 月に終了

新しい Microsoft Edge では、2021 年 1 月までに Adobe Flash Player が削除されます。変更のスケジュールはこちらのドキュメントでご確認ください。

2020 年 12 月以降、Microsoft Edge レガシおよび Internet Explorer 11 向け「Adobe Flash Player 用セキュリティ更新プログラム」の提供が停止されます。2021 年 1 月より、Adobe Flash Player は既定で無効化され、2020 年 6 月にリリースされた KB4561600 よりも古いバージョンはすべてブロックされます。マイクロソフトの Web サイトにて提供していた Adobe Flash Player 関連のリソースも利用できなくなります。

今後、Microsoft Update カタログ、Windows Update、WSUS で「Update for Removal of Adobe Flash Player」という更新プログラムが提供される予定です。これは、Windows OS デバイスから Adobe Flash Player コンポーネントを永久的に削除するものです。サポート終了前にお使いのシステムから Adobe Flash Player を削除したい場合は、2020 年秋の Microsoft Update カタログにて公開されるこの更新プログラムをご利用ください。Windows Update と WSUS では 2021 年の早い時期に提供を開始し、数か月後には推奨構成となる予定です。この更新プログラムは永久的で、アンインストールできませんのでご注意ください。

2021 年夏、Adobe Flash Player 用とされるすべての API、グループ ポリシー、ユーザー インターフェイスは、Microsoft Edge レガシと Internet Explorer 11 から削除されます。Windows 10 プラットフォームでは最新の「累積更新プログラム」、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Embedded 8 Standard では「Internet Explorer 11 の累積更新プログラム」または「月例ロールアップ」にて実施されます。同時に、「Update for Removal of Adobe Flash Player」はそれ以降の「累積更新プログラム」と「月例ロールアップ」に含まれるようになります。ただし、アドビの公式販売ライセンスパートナーであるHARMANによるサポートを受けている場合はこれらの変更の影響は受けません。詳しくは、アドビ社の「Adobe Flash Player法人向けサポート終了情報ページ」 をご覧ください。

マイクロソフトは 2020 年末まで、Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラムの提供と、OS およびブラウザーの互換性維持を継続します。Adobe Flash Player から移行する場合は、サポート期間中、継続的に最新のセキュリティ更新プログラムでシステムをアップグレードすることをお勧めします。さらに詳しい説明が必要なお客様は、マイクロソフト アカウント チームまでお問い合わせください。

Join the conversation