September 23, 2020 7:43 am

Surface Hub 2S は、今日のハイブリッドワークスペースにおけるデジタルと物理の分離を橋渡しします

本 Blog は、米国時間 9/22 に公開された「Surface Hub 2S bridges digital and physical divide in today’s hybrid workspaces」の抄訳です。

Surface Hub 2S は、本日から米国での事前予約を開始する新しい 85 インチデバイスと、ユーザーがどこからでも効率的かつ効果的に共同作業を行えるようにする新しい 2 つの重要なソフトウェア機能で製品ラインアップを拡張します。”
マイクロソフト デバイス コーポレート バイスプレジデント Robin Seiler

私たちは Surface Hub をチームが一緒に使用できるデバイスとしてデザインしました。ハードウェアとソフトウェアの境界を押し広げ、従来の会議室の枠を超えた会議とコラボレーションの体験を提供します。建物や異なるタイムゾーンに分散しているチームを、より直感的でインクルーシブな方法で接続し、コンテンツを共有し共同作業する、新しい会議を開催したいと考えました。私たちの仕事の風景の変化とより多くの人がリモートで働くことにより、今まで以上に企業は私たちが一緒に部屋にいるときに感じるエネルギーとつながりを再現するのに役立つ技術を探しています。

この過去 6 か月のリモートワークで、お客様がさまざまな業界で Surface Hub の使用する方法を変革し、今日の職場での価値を強調しています。たとえば、医療機関、病院、およびパンデミック危機対応チームは、Surface Hub を使用して、リモートオフィス、サテライト、中央の対応本部のコラボレーションを橋渡してきました。一部のユーザーは、地域や特定の場所に Surface Hub を配置して、コミュニティが必要な情報にアクセスできる大きな画面で、最前線のサービスと連絡を取り続けることができるようにしています。学校や教育機関では、生徒に公平なリモートラーニングまたはハイブリッド学習環境を提供する必要があるため、デジタルトランスフォーメーションが加速しています。エンゲージメントを高めるために、多くの機関は、プロジェクターやホワイトボードなどの古いテクノロジーを、Surface Hub などのデジタルコラボレーションソリューションに置き換えています。公共部門では、Surface Hub が仮想危機センターで使用されており、警察署、公安、国家安全保障局の職員間のコラボレーションを促進する役割を果たしており、オフィスや他の遠隔地間の移動の必要性を減らしています。さまざまな組織が、チームが参加し、人々が物理的にどこにいてもコラボレーションを可能にするために、Surface Hub などのデジタルツールが明らかに必要であることを認識しています。

世界の多くの地域でオフィスに戻ったり、新しいハイブリッドのサテライト作業環境を計画する中で、Surface Hub はその移行を容易にします。ソーシャルディスタンスの必要性のような空間設計における新しい考慮事項において、より大きな画面を持つ Hub は、人々が一緒に作業するときに 6 フィートの距離をとることができるという利点を提供します。

本日、Surface Hubに関する 4 つの重要なお知らせをします。

  • 本日より米国で、Surface Hub 2S 85 インチの事前予約が開始されます。今年後半にはさらに多くの国での展開が続く予定です。出荷は 2021 年 1 月に開始されます。
  • Windows 10 Pro Windows 10 エンタープライズ構成を使用して、Windows 10 デスクトップエクスペリエンスを Surface Hub 2S に提供します。Surface Hub 上で PC で実行されるのと同じ Windows 10 Pro または Windows 10 Enterprise を実行できるようになります。タスクバー、スタートメニュー、アプリケーションなど、PC でおなじみの使い慣れた機能と機能を鮮やかな大画面で提供します。
  • Windows 10 Team 2020 Update 10 月にリリースされます。この更新プログラムは、お客様から寄せられたご要望にお応えし、第 1 世代および第 2 世代の Surface Hub 2S デバイスで構成、管理、およびコラボレーションするのに役立つ新しい追加機能を提供します。
  • 今年後半に Surface Hub 2S 50 インチを中国市場に提供開始します。私たちはグローバル企業が世界中のチームのコラボレーションと接続をサポートすることがいかに重要であるかを理解しています。Surface Hub を中国市場に導入することで、場所やタイムゾーンに関係なく、これらの組織とチームが生産性を維持できるようになります。

Surface Hub 2S 85 インチの事前予約を開始

Surface Hub 2S 85 インチは本日より、米国の法人企業向けの事前予約を開始します。今後、数カ月でさらに多くの国での展開が続く予定です。出荷は 2021 年 1 月に開始されます。*

Surface Hub 2S 85 インチは、Surface ポートフォリオの各製品と同じように細部に注意を払いました。この新しい大きなサイズは、お客様のニーズをよりよく理解するために何年にもわたってお客様に耳を傾けてきた成果の集大成です。
Surface Hub 2S 85 インチでは、以前のバージョンの製品よりも小さいシャーシで大画面を実現しました。ベゼルは 45% 小さく、ディスプレイは 20% 薄く、全体的に 30% 軽量です。製品のフィット感と仕上がりは驚くべきものであり、他では見られないレベルの品質を提供します。
お客様が人々、場所、テクノロジーを 1 つにまとめるのを支援するため、パートナーの Steelcase と協力して、一連のマウントソリューションを共同設計しました。Surface Hub 2S 85 の Steelcase Roam は、完全な統合のためのフローティングウォールマウント、簡単に設置できる床支持のウォールマウント、あらゆるスペースに柔軟性を提供するモバイルカートを提供します。
IT プロフェッショナルが Surface Hub 2S 85 を準備するための詳細は、Microsoft DocsのSurface IT Pro ページをご覧ください。

Surface Hub 2 での Windows 10 Pro および Enterprise の紹介

今月の初めに、Surface Hub 2S 50 インチの Windows 10 Pro または Windows 10 Enterprise の新しい構成に関する詳細を共有し、お客様がインストールできるようになりました。
Surface Hub 2S の Windows 10 Pro または Enterprise 構成により、タスクバー、スタートメニュー、ウィンドウ管理のカスタマイズなど、PC でおなじみの Windows の使い慣れたすべての機能を備えた鮮やかな大画面で、真にパーソナライズされた Windows エクスペリエンスを提供します。また、ブラウザーのお気に入り、PC で実行するのと同じようにアプリを実行する機能、他の PC 間で同期して継続して作業できるデバイスに関係なくタスクビューなどの機能も含まれています。これにより、会議中に優れた柔軟性が提供され、インク、タッチ、またはマウスとキーボードからの入力の複数のモードを自由に活用して、立ったり移動したりできます。この新しい構成が、これまで以上に個人的なつながりが重要になる中で、お客様の共同作業を促進できることを、私たちは興奮しています。
最後に、Surface Hub 2 指紋リーダーを使用して Windows Hello ですばやくサインインできるようになりました。指紋リーダーは、Windows 10 Pro および Enterprise on Surface Hub 2 構成でのみ使用できます。

Windows 10 Team 2020 Update 10 月にリリース

Windows 10 Team Edition for Surface Hub は、大画面と会議室向けに設計されており、エンタープライズ管理と共有デバイスに必要なセキュリティのサポートに最適化されています。たとえば、Windows 10 Team は、会議の合間にデバイスをワイプするなどの手順を保証し、重要な情報が会議以外で共有されないようにします。
ここ Ignite では、Surface Hub に予定されている次のメジャーアップデートと呼ばれる Windows 10 Team 2020 Update について詳しくお伝えします。今回の更新では、より馴染みのあるリズムで Surface Hub のメジャーアップデートのリリースを開始し、ハイブリッド作業環境に移行した、または完全に復帰した世界中の組織に拡張、機能、およびセキュリティの改善をもたらします。
この更新プログラムは、Azure Active Directory (Azure AD) を使用して Surface Hub デバイスを管理する組織を完全にサポートすることから始まる主要な顧客の要求に対処します。また、クラウドデバイスアカウントの最新の認証を含む、Surface Hub デバイスの構成と管理を支援する機能も追加しました。最後に、この更新では、新しい Microsoft Edge のサポート、Microsoft Teams とのプロキシミティ参加のサポートなど、Surface Hub デバイスでエンドユーザーがコラボレーションするのに役立つ重要な改善が導入されています。
Windows 10 Team 2020 Update は、来月、すべての Surface Hub ユーザーに無料のアップデートとして公開されます。

ポスト COVID のハイブリッドな作業環境を見据えて

私たちは、Surface Hub を活用してハイブリッドワークプレースをナビゲートし、会議室を、人々が会うことができるだけでなく、部屋や離れた場所にいる人々と共同で作業できる空間に変革する企業に刺激を受けています。これらの顧客の一つが、デジタル出荷に向けた標準設定に役立つスマート輸送コンテナの進化に貢献されている、MSC Mediterranean Shipping Company です。Mediterranean Shipping Company は、493 のオフィスにいる 70,000 人の従業員により、560 隻の船が 155 か国の 500 の寄港地に行き、私たちが日々必要とする商品を運んでいます。多くの異なるオフィスに非常に多くの従業員がいる MSC は、世界中でミーティングおよびコラボレーションソリューションとしてマイクロソフトおよび Surface Hub を採用しています。

Microsoft Teams および Surface Hub を通じて私たちのチームはシームレスに会議に接続し、コンテンツを共有し、場所に関係なくホワイトボードセッションで問題に対処できるため、状況に関係なくいつでも貨物を動かし続けることができます。私たちは、Surface Hub 2 が発売されてから今まで  Surface Hub を活用していますが、COVID-19 以降のワークスペースの将来を再創造する中で Surface Hub 2 85 インチが実現する経験と進歩を楽しみにしています。-MSC Mediterranean Shipping Company 最高技術責任者、Fabio Catassi

マイクロソフトでは、今日の世界で、組織が会議スペースを変革する力を与えることに取り組んでいます。Surface は、地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるように、デバイスを定義するカテゴリを作り出す革新の最前線に立っていますが、今このミッションには、いつでもどこにいてもが含まれるようになっています。
Surface で 2 in 1 カテゴリを作成することから始まったものは、顧客がどこにいても、彼らが働くときもプライベートな時間も、顧客のニーズに対応するポートフォリオに成長しました。チームや企業がこれまで以上にテクノロジーに依存してつながり、物事を一緒に成し遂げようとしているのを見て、Surface Hub とお客様に何がもたらされるかについて私たちは精力的に取り組んでいます。

認定 Surface Hub リセラーを見つけるにはこちらからアクセスしてください。

Surface @ Ignite をフォロー

以下は、今年フルデジタルで開催される Ignite で Surface についてさらに学ぶことができる主要な項目です。この無料イベントとセッションにぜひ登録ください。

* Surface Hub 2S 85″ は、米国連邦通信委員会 (FCC) の規則に基づいてまだ承認されていません。実際の販売と配送は、該当する FCC 要件への準拠を条件とします。

Join the conversation