October 27, 2020 3:00 am

Surface Hub の Windows 10 Team 2020 Update が 10 月 27 日から利用可能に

※ 本ブログは、米国時間 10/22 に公開された ”Surface Hub’s Windows 10 Team 2020 Update available October 27” の抄訳です。

今年初め、Surface Hub オペレーティング システム向けの最新の更新プログラム「Windows 10 Team 2020 Update」のパブリック プレビューを発表しました。
この更新プログラムでは、お客様からご要望の多かった機能を実現し、第 1 世代の Surface Hub デバイスと Surface Hub 2S デバイスの設定、管理、コラボレーションに役立つ新たなエクスペリエンスを追加しています。パブリック プレビューのリリース以降、ご利用になったお客様から大きな反響を頂戴し、貴重なフィードバックもお寄せいただきました。

本日は、この更新プログラムに関する詳しい情報をお伝えします。Windows 10 バージョン 20H2 をベースとした Windows 10 Team 2020 Update は、2020 年 10 月 27 日より、Windows Update for Business を通じてすべての Surface Hub 2S デバイスでご利用いただけるようになります。
第 1 世代の Surface Hub (55 インチと 84 インチ) への提供は 27 日以降の予定となっており、開始日が決まり次第お伝えいたします。

Windows 10 Team 2020 Update は機能更新プログラムであり、標準の Windows 10 更新リングと同様に、IT 管理者が Windows Update for Business のリングを使用してインストールを制御することができます。リングを使用することで、セキュリティ更新プログラムを最新の状態に保てるようになり、より優れた管理性と信頼性を確保できます。

Surface Hub 2S 用の新しいベア メタル回復 (BMR) イメージも、2020 年 10 月 27 日に利用可能になります。
第 1 世代 Surface Hub 向けの更新プログラムと同時に、改良された新しい Surface Hub 回復ツール (SHRT) も利用できるようになります。

Windows Update をご利用のお客様には、次の表に示すように、地域や国ごとに段階的なアプローチで更新プログラムを展開してまいります。

フェーズ 開始日 (の週) 対象の国と地域
1 2020/10/27 ニュージーランド、オーストラリア、カナダ、ベルギー、メキシコ
2 2020/11/10 英国、日本、スイス、イタリア
3 2020/11/30 米国、ドイツ
4 2020/12/7 全世界

Surface Hub を除き、Windows 10 バージョン 1703 (RS2) は 2019 年 10 月 8 日にサービス終了となっています。 Surface Hub でのサポートは延長され、引き続きセキュリティ更新プログラムと品質更新プログラムを提供しています。
Windows 10 バージョン 20H2 をベースとする Windows 10 Team 2020 Update を展開するにあたり、最後の RS2 ベースのセキュリティ更新プログラムを 2020 年 12 月 8 日に配信し、その時点で Surface Hub へのサービス (新しい更新プログラムの配信サービス) を終了します。

現在 Surface Hub の Windows Insider Program (WIP) に登録されているお客様で、プログラムの登録解除を希望される場合は、ご自身のデバイスを BMR/SHRT でリセットしていただくと、登録が解除されます。または、WIP の Slow (Windows 10 Team RS2 のサービス終了時点で Windows 10 Team 2020 の Slow リングに切り替わります) あるいは Fast リングのままで、引き続き OS の機能をいち早くお試しいただくことも可能です。

Windows 10 Team 2020 Update への準備

Windows Update または Windows Update for Business 経由での更新を推奨しています。デバイスがインターネットから更新プログラムを受信できない場合、デバイスを Azure Active Directory に参加させたい場合、デバイスをクリーンな状態で利用したい場合は、新しい Windows 10 Team 2020 BMR イメージをお使いください。

Surface Hub 2S に関する重要な注意事項

Surface Hub 2S のドライバーとファームウェアが更新される際には、コンピューティング ユニット (カートリッジ) とタッチディスプレイ モジュール (TDM) の両方のドライバーとファームウェアが更新されます。ドライバーとファームウェアの互換性の問題が発生するのを防ぐため、両方を同時に更新する必要があります。更新プロセスが完了するまで、最大で 60 分ほどかかります。

マイクロソフトは、現代の会議スペースを変革する機会を提供できるよう取り組んでいます。テクノロジの活用が鍵となるこの時代に、Surface Hub でつながり、ハイブリッド ワークやリモート ワーク環境を推進するために、この更新プログラムの配信は、Surface Hub にとっても Surface Hub を利用するお客様にとっても重要なステップとなります。

Join the conversation