February 18, 2021 2:34 am

Microsoft Teamsにアプリをインストール! Microsoft Lists編 #2

Microsoft Teamsにアプリをインストール! YouTube編 #1に続いて、第2回目はMicrosoft Lists編をお届けします。Microsoft Listsとは、昨年のBuild 2020で発表されたMicrosoft 365アプリの新しい仲間で、その名の通り、タスクリストやto-doリストといった「リスト」を管理、把握できるアプリで、プロジェクトの状況をしっかりと把握することで、ヌケモレがないかを確認したり、関係者で共通認識を持つことに役立ちます。

リストの作成は1から作ることも、Excelから作ることもできますが、「案件管理」「イベントの日程」「作業の進行状況トラック」といったテンプレートが用意されているので、まずはここから始めてみることをオススメします。Microsoft Lists

マイクロソフト米国本社の担当者がYouTubeで機能を紹介していますので、日本語の自動翻訳をオンにしてご覧ください。

そんなMicrosoft ListsはTeams向けにアプリが提供されており、Teamsにインストールすることで、リスト管理やタスク管理のためにブラウザーに画面を切り替えることなく、Teamsの中で済ませることができます。

Microsoft ListsのTeams向けアプリ

リストをデータソースとして使うことで、Power Appsを使ってフォームの拡張したり、Power Automateで面倒な定型的な作業を自動化することもできますので、日々のコラボレーションの効率化にご利用ください。

動画を視聴する:https://youtu.be/WorytVoOCSU
資料をダウンロード:https://aka.ms/AAb0pw3

Join the conversation