February 2, 2016 12:16 pm

Windows 10 Insider Preview ビルド 14251 を発表

※本ブログは Windows Blog “Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14251” の抄訳です。

皆様、こんにちは。

このたび、Windows Insider Program の Fast リングを選択されている皆様を対象に Windows 10 Insider Preview ビルド 14251 がリリースされました。

Windows Insider Program に参加されている観察力の鋭い皆様ならお気付きかと思いますが、1 つ前のプレビュー ビルド (11102) からビルド番号が随分と大きくなりました。従来、モバイル向けのコードベースと PC 向けのコードベースでは、OS バージョンが異なっていました。これは、それぞれ別のチームが異なるスケジュールで開発を進めていたためです。しかし、Windows 10 の開発にあたっては 1 つの Windows チームに統合し、これら 2 つのコードベースをまとめました。私たちはまず、UI に表示されるバージョン文字列が一致するように変更しました。ここ 1 年間、モバイルと PC のどちらのビルドにも同様の名称が付けられていたのはこのためです。しかし、基になるバイナリのバージョン番号は依然として異なっていました。次期リリースに向けて共通のコードベースを準備する取り組みの一環として、私たちはモバイルと PC の開発作業を完全に統合し、ビルド番号を統一することにしました。モバイル向けのコードベースでは PC よりも大きいビルド番号を使用していたため、今後の更新版ビルドが引き続き機能するように、ビルド番号を 11105、11106、11107 の次に 14251 まで一足飛びに大きくする必要があったのです。

今回のビルドには注目すべき新機能は含まれていませんが、Windows Insider Program の皆様向けに先日リリースした Cortana の機能強化 (英語) をご確認いただくことをお勧めします。また、Windows 10 向け Xbox アプリのベータ版に対する 1 月の更新プログラム (英語) もリリースされています。いくつかの魅力的な機能強化が行われているため、ぜひお試しになり、ご意見をお寄せください。

また、このビルドでは以下のバグが修正されており、Windows Insider Program の皆様にもご満足いただけるかと思います。

  • ウィンドウ モードから全画面表示に切り替えたとき、ゲームの解像度を変更したとき、ゲームを起動したときに、Windows のグラフィックス スタックのバグが原因となり、一部の PC ゲームがクラッシュする問題が解決されました。ぜひ、お好きなゲームをプレイしてみてください。何か問題が発生した場合には、ゲームのタイトルを明記して Feedback アプリからお知らせください。
  • 音声案内や拡大鏡、サードパーティ製の支援技術などのアプリケーションで断続的な問題が発生したり、クラッシュしたりする問題が解決されました。
  • DPI が 175% に設定されている場合にエクスプローラーが頻繁にクラッシュする問題が解決されました。

また、ここで今一度お伝えしておきたいのは、Windows Insider Program の Fast リングにビルドをリリースするペースを上げたため、前回のビルドで見られたような (または以前のビルドにおけるエクスプローラーのコピー UX などの) バグが思いがけず見つかるということです。ときには、こうしたバグが修正されるまでにいくつかのビルドを要する場合や、社内テストでは見つからなかったバグが、ビルドをリリースしてから発生する場合もあるでしょう。

現在は Windows 10 の次の機能更新に向けて新しい開発サイクルをスタートさせたばかりであるため、各チームでは新機能を取り入れるにあたり、多くの新しいコードをチェックインしています。Windows Insider Program に参加されている皆様には、変更された最新のコードを受け取って、マイクロソフトの従業員でさえまだ十分に親しんでいない新しいビルドを扱っていただくことになります。この点を懸念される場合は Slow リングに切り替えることが可能です。Slow リングではリリース頻度は低いものの、安定性の高いビルドを継続的に利用できます。

既知の問題

  • [Settings] > [Update & Security] > [Recovery] の下にある [Reset This PC] を選択すると、PC が不安定な状態になります。この状態に陥ると回避する方法がないため、Windows を再インストールする必要があります。
  • ログイン後に WSClient.dll エラー ダイアログが表示される場合があります。現在、解決に向けて取り組んでいますが、管理者権限で以下のコマンド プロンプトを実行することにより、この問題を回避できます。 schtasks /delete /TN “\Microsoft\Windows\WS\WSRefreshBannedAppsListTask” /F
  • アクション センターに [Connect] ボタンが表示されません。この問題を回避するには、Windows キーを押しながら P キーを押してから、[Connect to a wireless display] をクリックしてください。
  • 先日メモリ管理を変更したことが原因となり、アプリが断続的にクラッシュしたり、メモリにまつわるその他のアプリ エラーが発生したりする可能性があります。PC を再起動すると、この問題を回避できる場合があります。また、この問題が原因となり、GitHub クライアントが起動しません。Git クライアントを使用するには、以前のビルドにロールバックしてください。
  • Microsoft Edge で F12 開発者ツールが読み込まれません。この問題は、次回のビルドで修正されます。

いつも Windows Insider Program にご協力くださり、ありがとうございます。今回のビルドをご利用中に問題が発生した場合は、Windows Feedback アプリからご報告をお願いいたします。

Windows 10 Mobile について

Windows Insider Program に参加されている多くの方々が、Mobile ビルドの状況にご興味を持たれていることと思います。ご存じのように、マイクロソフトでは既に Windows 10 Mobile がプレインストールされた Lumia 950、950XL、550 の各デバイスをリリースしており、今年前半は計画どおりに既存のデバイスへのアップグレードとして引き続き Windows 10 Mobile をリリースする予定です。チームは現在、デバイスをプレビュー ビルドにアップグレードした Windows Insider Program の皆様から寄せられているデータやレポートを精査して、お客様にアップグレードを円滑に行っていただけるように取り組んでいます。私たちはアップグレードを提供できることをたいへん嬉しく思っており、ロールアウトの実施方法については可能な限り早い時期に新しい情報をお伝えする予定です。

また、PC、モバイル、Xbox、HoloLens といったあらゆるデバイスの中核となる「OneCore」の開発にも取り組んでいます。マイクロソフトのビルド システムでは、これらの全エディションについて日々新しいビルドが作成されるため、この開発に取り組む中で、PC 向けの新しいビルドに加えてモバイル向けのビルドも作成しています。PC 向けには今回で 4 つ目のプレビュー ビルドをリリースしており、モバイル向けの新しいプレビュー ビルドについてもリリースの準備がほぼ完了しています。マイクロソフトではまず、Windows 10 Mobile 搭載のデバイス (Lumia 950、950XL、550) にこれらのビルドを提供し、Windows 10 Mobile のリリースに伴ってその他のデバイスにも対象を拡大していく予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Gabe Aul

Updated May 6, 2016 3:17 am

Join the conversation