May 3, 2019 12:45 am

HoloLens 2 Development Edition の発表と Unreal Engine 4 対応について

本ブログは、“Intelligent edge innovation across data, IoT, and mixed reality” および “New intelligent cloud and intelligent edge advancements ushering in the next era of computing”  の抜粋・抄訳となります。

HoloLens 2 Development Edition

インテリジェントクラウドとインテリジェントエッジに Mixed Reality (MR: 複合現実) と AI が浸透することで、より多くの人々が素晴らしいことを達成するためのフレームワークを手にします。インテリジェントクラウドとインテリジェントエッジのソリューションを実現するには、飛躍的なビジネス成果を提供できる、分散型の接続されたアプリケーションの新たなクラスが必要となります。今、すべてが一つとなります。

建設現場から工場、手術室から教室に至るまで、AI を活用した Mixed Reality によって、私たちの仕事、学習、コミュニケーションの方法が変わり、そして PC やスマートフォンの 2D の世界を超えて、次世代のコンピューティングの世界へ進んでいきます。

この次世代コンピューティング時代を促進するために、我々は Mixed Reality Developer Program を拡大していきます。過去1年間で私たちは、2万人以上の Mixed Reality 開発者と関わってきましたが、さらに今後12カ月で3倍以上になると期待しています。より多くの方々のニーズに応えるために、私たちはさらに多くのミートアップ、プログラム、イベント、ハッカソン(現在開催中の Mixed Reality Dev Days を含む)に投資し、グローバル規模で Mixed Reality 開発者コミュニティへの支援を強化しています。

これに加え、将来の Mixed Reality 開発者を育成するプログラムを拡大しています。次世代コンピューティングに向けて開発者の皆様をサポートするために、HoloLens 2 Development Edition について発表できることをうれしく思います。

HoloLens 2 Development Edition は Mixed Reality Developer Program を通じて利用可能で、開発を始めるのに必要な全てのツールが含まれます:
・ HoloLens 2 デバイス
・ Azure クレジット 500米国ドル: Azure Mixed Reality Services を利用した開発を即座にはじめられます
・ Unity Pro および Unity PiXYZ Plugin for CAD データの3か月無償トライアル

HoloLens 2、Azure Mixed Reality Services、および 最も広く使用されているリアルタイム 3D 開発プラットフォーム Unity Pro を統合することで、開発者は業界用のデータを使用してプロフェッショナルな Mixed Reality 体験を簡単に作成できます。PiXYZ Plugin は Computer Aided Drawing (CAD) や Building Information Management (BIM) データを使用したリアルタイムの体験を作成するためのツールを提供します。

「HoloLens 2 とUnity のリアルタイム 3D 開発プラットフォームの統合によって、ビジネスにおけるイノベーションの加速、没入感のある体験、よりインタラクティブな方法で様々なお客様のエンゲージが可能となります。HoloLens 2 Development Edition に Unity Pro と PiXYZ プラグインを追加することにより、リアルタイム 2D、3D、VR、AR のインタラクティブな体験を即座に作成可能となり、同時にリアルタイム体験を開発するためのデータのインポートと準備も可能になります。」Tim McDonough, GM of Industrial – Unity

ジャンプインして開発を始める準備はできましたか?Mixed Reality Developer Program に今すぐご参加ください。

HoloLens.com にアクセスして HoloLens 2 Development Edition の詳細を確認し、最新のニュース、Mixed Realityツールキット、コードサンプル、オープンソースプロジェクトについてご確認ください。

Unreal Engine 4 対応

Unreal Engine 4 は HoloLens 2 用のストリーミングおよびネイティブ プラットフォーム インテグレーションに対応し、5月末までに利用可能となる予定です。これによって開発者の方々は、アーキテクチャやプロダクトデザイン、製造業向けの、高品質かつフォトリアリスティック レンダー、没入感のあるAR や VR 体験の開発が可能となります。

Join the conversation