July 30, 2019 3:10 pm

Skype for Business Onlineの提供を2021年に終了

※本ブログは、米国時間 7/31 に公開された Skype for Business Online to Be Retired in 2021 の抄訳です。

本日、マイクロソフトはSkype for Business Onlineの提供を2021年7月31日に終了することを発表いたします。本ブログでは、提供終了に関係する詳細、なぜ弊社がこのタイミングでこの発表を実施するのかをご説明するとともにMicrosoft Teams(以下、Teams(チームズ))への移行にあたりお客様をどのようにお手伝いできるかをご説明いたします。

Skype for Business Onlineの提供終了について

Skype for Business Onlineは2021年7月31日に提供終了となり、その時点でサービスへのアクセスは停止されます。現在、Skype for Business Onlineをご利用中のお客様は、提供終了日までは変わらずサービスをご利用になれます。必要に応じて新しいユーザーを追加し続けることもできます。ただし、2019 年 9 月 1 日より、弊社では全ての新規のOffice 365ユーザーに対し、チャットやビデオ会議、音声通話にTeamsの利用を直接働きかけます。なお、一般ユーザー向け Skype と Skype for Business Server のどちらも、Skype for Business Online のサービス終了による影響を受けません。

このタイミングで発表する理由

2017年にマイクロソフトは、Microsoft 365 の “チームワークのハブ” としてMicrosoft Teamsの提供を開始しました。Teamsにはチャット、音声通話、ビデオ会議、Office ファイルの閲覧・編集が集約されており、新しい時代の働き方の在り方を提案しています。これまでの2年間、弊社ではお客様との深い対話に基づいて、Teamsの改良を重ねてきました。いまでは全てのSkype for Business Onlineのお客様に対し、Teamsへのアップグレードを自信を持ってお勧めできます。すでに移行されたお客様からは、Teamsが単に一般的なコラボレーションの向上に貢献しただけでなく、組織の運営そのものに立ち返って働き方を見直す機会になったケースもございます。Teams を利用することで、世界中のあらゆる組織において、動きが機敏になる、周期タイミングが短縮化される、キーとなるワークフローが改善される、不要な経費や間接費が削減されるという効果が現れています。TeamsはSkype for Business Onlineからの単なる移行に留まらず、新しい時代の働き方を指し示すツールとなる可能性を秘めています。Teamsが組織変革を起こす可能性については、最近公開された Forresterの白書 “Microsoft Teams の Total Economic Impact“をお読みください。

お客様のTeamsへの移行に際してお手伝いできること

Teamsへの移行には多くの利点がある一方で、その移行には多くの時間と労力が必要であることを認識しております。マイクロソフトでは最大限のお手伝いをしたいと考えています。

まず、現在の Skype for Business Online のお客様からの機能要求にお応えすべく、製品の機能強化に努めています。その一部をご紹介します。

  • Dynamic 911 Microsoft Teams 電話システムの機能である Dynamic E911 は、発信者の現在地を自動的に使用して、地方自治体が運営するPSAP(Public Safety Answering Point)コールセンターにルーティングします。 Dynamic E911は、2019年末までにまずは米国で提供開始されます。
  • Shorter Retention Periods コンプライアンス管理者が、チームチャットの保存ポリシーを最低1日に設定できるようになります。チャネルとチャットの保存期間を 1 日に制限し、データが削除されると、Teams サービス内のすべての永続的な保存場所から確実に削除されるようにできます。 Shorter Retentionは2019年末までに利用可能になります。
  • Teamsと一般ユーザー向けSkypeとの相互運用性 Teamsと一般ユーザー向けSkypeの間の相互運用性が確立され、それぞれのユーザーがチャットや通話を用いてサービスを行き来できるようになります。Teamsと一般ユーザー向けSkypeとの相互運用性は2020 年の第 1 四半期にTeamsで利用できるようになる予定です。
  • コンタクト センターの統合とコンプライアンスの記録 今月初めに開催されたInspireでは、コンタクトセンターソリューションを実現するためのFive9、Genesys、およびNICEとのチーム提携、およびコンプライアンス記録を提供するためのASC、NICE、およびVerintとの提携を発表しました。また、他のSkype for Business Online認定パートナーと協力して、他のコンタクトセンターおよびコンプライアンスレコーディングソリューションをTeams向けに市場に投入しています。

また、移行にあたっては以下のようなリソースをご用意しています。

2014年の提供開始以来、Skype for Businessは世界中の何百万もの人々にとって大切なツールとなっています。インスタントメッセージング、通話、ビデオ会議を1つのアプリに統合することで、ビジネスにおけるコミュニケーションの新しいビジョンを示してきました。Microsoft Teamsはそのビジョンの第二幕です。本日の発表ではSkype for Business Onlineサービスの提供終了をお伝えするだけでなく、Teamsがより一層、お使い頂けるようになることへの自信をお伝えしたいと考えています。提供開始から2年の時を経て、Teamsはユーザーからの高い要求にも十分にお応えできる準備が整いました。そして、みなさまにきっと気に入っていただけると確信を持っています。現在、Skype for Business Onlineをお使いのみなさまは、この機会にTeamsへの移行をご検討くださいますようお願いいたします。マイクロソフトでは、そのための全ての段階をお手伝いいたします。みなさまが新しい働き方を体験する姿を心待ちにしています。

Join the conversation