November 5, 2019 4:28 am

中堅中小企業のお客様がセキュリティを確保し最新状態を維持するための新たな方法

※本ブログは、米国時間 10/15 に公開された A new way for small and midsize businesses to stay secure and current の抄訳です。

編集後記: 2019 10 15 :
2019 年 3 月 12 日のブログでご説明したとおり、マイクロソフトは Windows 7 のサポート終了前にお客様に推奨事項をお知らせするため、2019 年中に数回リマインダー通知を行います。現在、この通知範囲を Windows 7 Pro デバイスまで拡大し、お客様が Windows 7 のサポート終了を認識し、生産性と安全性を維持するために必要な対応を取れるようにしています。IT 管理インフラストラクチャの一部としてドメインに参加しているデバイスには、通知されません。Windows 7 のサポート終了については、こちらのページFAQ で詳細をご確認ください。

中堅中小企業の皆様は、今日の経済情勢において多くの課題に直面しています。さまざまな新しい方法で顧客を引き込んだり、有能な人材を引き付け確保したり、進化し続ける脅威の中でセキュリティを維持することに対し、常に先手を打っていくことは容易ではありません。こうした課題に対応するには適切なツールが必要です。適切なツールを活用すれば、従業員の革新的で生産的な活動を促進し、さらに社内の資産を安全に保護することができます。また、時間やコストを節約したり、顧客の信頼とロイヤルティを獲得したりするうえでも有用です。Microsoft 365 では、お客様が現在と将来の成功を見据えた態勢を整えられるよう、セキュリティの確保と最新状態の維持を支援するツールを開発しています。そして本日、中堅中小企業の皆様がこうしたツールをこれまで以上に簡単に活用できるようになるための新たなサービスを発表いたします。

マイクロソフトは、ビジネスの成功を支える適切なツールを皆様が常に利用できるようにしたいと考えています。近々 10 月中に、従業員の生産性と安全性を維持するための新サービスを提供する予定です。最新のデバイスと Microsoft 365 Business (Windows 10、Office 365、最新のセキュリティ機能) を活用することでビジネスに必要なツールはすべてそろいます。

現在、多くのお客様に Windows 10 の導入を進めていただいていますが、お客様によってアップグレード プロセスの進捗は異なります。こうした状況を踏まえ、2023 年 1 月までの有償の Windows 7 延長セキュリティ更新プログラム (ESU) をあらゆる規模の企業のお客様へ提供できるよう購入方法を拡大いたします (これまでは、ボリューム ライセンスの Windows 7 Professional および Windows 7 Enterprise のお客様のみが Windows 7 ESU を購入可能でした)。Windows 7 ESU はデバイス単位で販売され、1 年ごとに価格が上昇します。

2019 年 12 月 1 日より、あらゆる規模のお客様がクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムを通じて ESU を購入できます。これにより、お客様はパートナー様と連携して、Windows 10 への移行を進めている間にも必要なセキュリティを確保できるようになります。

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムに参加しているパートナー様は、マイクロソフト パートナー センターの記事 (英語) で詳細をご確認ください。12 月 1 日より購入可能となる Windows 7 ESU の利用を検討している Windows 7 のお客様は、FAQ (英語) で詳細をご確認ください。Windows 7 のサポート終了や Office 365 Business についての詳細は、サポートに関するページをご覧ください。

マイクロソフトは、企業規模の大小を問わずすべてのお客様に最適なツールを提供し、新たな課題に直面した場合も従業員の皆様が成功に向けて力を発揮できるよう支援してまいります。

Join the conversation