November 27, 2019 2:20 am

新しい Outlook for Mac の概要

※本ブログは、米国時間 11/6 に公開された “Introducing the new Outlook for Mac” の抄訳です。

Outlook for Mac のエクスペリエンスが Insider ファーストでプレビューできるようになり、パフォーマンスと生産性が大きく向上しました。新しい Outlook for Mac は Microsoft Cloud を搭載しており、マイクロソフトの同期テクノロジを使用して接続します。メール、検索、予定表はシンプルで信頼性が高く、カスタマイズできるように設計されていますが、そのすべてが使いやすくなりました。Insider ファーストでご利用になれます。今後数か月の間にさらなる更新プログラムをリリースする予定です。マイクロソフトの目標は、パフォーマンスと新機能を改善して、最も要求度の高いエグゼクティブやパワー ユーザーの皆様の期待を超えることです。新しい Outlook for Mac のプレビューを試されたお客様からのご意見、ご感想をお待ちしております。この新しいエクスペリエンスは入念に考案され、マイクロソフト サービスの総力を結集して特別に設計しています。ユーザーに関連する提案やインサイトを提供し、ユーザーがエクスペリエンスをシンプルにカスタマイズできる設計となっています。

パフォーマンスの向上が生産性の向上につながる
新しい Outlook for Mac は、既に Outlook for iOS/Android/Windows のメールで使用されているマイクロソフトの同期テクノロジに基づいて構築されました。より高速で信頼性が高いだけでなく、高度なパフォーマンスと魅力的な新機能が加わっています。また、Office 365、Outlook.com、Google アカウントと Microsoft Cloud がすばやく同期し、簡単に新しい Outlook エクスペリエンスに切り替えることができます。マイクロソフトの同期テクノロジにより、より関連性の高い検索結果の表示や、メールの読み込み時間の短縮など、Office 365 の最新かつ最高の機能をご利用いただけます。

今すぐ Insider ファースト にサインアップして、新しいエクスペリエンスをお試しください。Insider ファーストで「新しい Outlook」をオンにして、すべての更新をチェック アウトするだけです。マイクロソフトの同期テクノロジでは、新しい Outlook for Mac のエクスペリエンスと現在のバージョンをすばやく切り替えることができるため、新しい機能がリリースされた際に、違いを比較したり、簡単に試したりすることができます。

毎日の管理をもっとシンプルに
Outlook for Mac のさらに使いやすくなった機能をお試しいただくと、Outlook の生産性を実感していただけます。

シンプルさを重視して設計された新機能により、メールのチェックや作成が簡単になりました。表や画像を挿入する機能を追加したことで、新しいメッセージをすばやく作成できます。また、新規メッセージ作成エリアでリッチ テキスト エディターが使用できるようになり、メイン ウィンドウから離れる必要がなくなりました。

スレッドがどのフォルダーに保存されているかにかかわらず、メッセージ一覧に本文の 1 行だけを表示するか、会話全体を表示するかを決めることができます。別のフォルダーに移動させたメッセージも単一のビューに照合されるため、メッセージ一覧でスレッド全体を確認して、会話のどの部分にもすばやくアクセスすることができます。また、会話に参加していても今後新しいメッセージを表示したくない場合は、それらを無視する機能を追加しました。

Office 365 エクスペリエンスの重要なポイントとして、Outlook for Mac の予定表にグループ機能を追加しました。グループでは、Outlook の仕事用/個人用の予定表と同様に、グループのためのイベントを作成したり管理したりすることができます。さらに多くのグループに参加している場合は、フォルダー一覧にこれまでの最大グループ数である 10 以上のグループを表示できるようになります。

メールが送信されたときには、メールのステータスが小さく表示されます。情報がひとめでわかるようになり、操作が正しく行われたかどうかを確認できるようになりました。

Outlook for Mac の新しいメイン メール キャンバス

Outlook for Mac の新しいメイン メール キャンバス

カスタマイズで管理をより簡単に
Outlook の設計原則の 1 つは、ユーザー自身が Outlook の操作環境をカスタマイズして、より自然な操作性を実現できるようにすることです。Outlook for Mac のツールバーでは、既定のリボンをフレキシブルにカスタマイズすることが可能です。また、ツールバーに表示するコマンドと非表示にするコマンドを選択できるため、優先度の低いメールに煩わされたりすることなく、最も重要なことに集中できるようになります。

Microsoft Search が Outlook for Mac に搭載されました。これは、Outlook や Office 365 のエクスペリエンスを強化するエンジンと同一のもので、一貫性のある提案と迅速な結果を表示します。Outlook の上部にある検索バーは、Office 全体で一貫したエクスペリエンスを提供します。検索バーをクリックするだけで最近の履歴と連絡先が表示されるため、重要な情報を簡単に見つけることができます。

これまで以上に高度な検索エクスペリエンスを実現する新しい機能が追加されています。キーワード、日付範囲、連絡先などの高度なフィルターを使えば、ほんのわずかな時間で探しているものを正確に見つけることができます。

メインのメール キャンバスの表示方法を管理する機能を追加し、もっとユーザー 1 人 1 人に合った方法でメールを使用できるようにしました。Outlook for Mac のスナップショット ビューでその日 1 日に必要なことすべてを確認できるような新機能を追加し、My Day をメインのメール画面に統合しました。My Day では、メイン キャンバスの右側に予定一覧と 30 日間のカレンダーが表示されます。

その日全体の予定を確認する場合も次の予定を知りたい場合もメールを閉じる必要はありません。仕事用の予定表、共有の予定表、その他の予定表から選択し、ウィンドウで会議の参加や出欠確認の送信などのアクションを直接実行します。ビューが統合されたことで、生産性を保ちながら重要なことに集中できます。

また、お好みに応じて「My Day」や「フォルダー一覧」ウィンドウを調整し、メッセージ一覧または閲覧/作成ウィンドウの表示を拡大・縮小することもできます。

会議出席依頼が受信トレイに表示されたら、クイック返信で閲覧ウィンドウから直接返信できるようになりました。出席者の予定と会議室の空き状況を示すアイコンや、入力中に表示される候補の場所など、最も関連性の高い情報を基に会議のスケジュールを設定することも簡単です。会議を作成する際は、予定表のグリッドで会議の時間をドラッグするだけで、すぐに空き状況を確認できます。詳細なスケジュール アシスタントに移動する必要はありません。新しい Outlook for Mac は、ほんの数クリックで全員の予定に最適な会議スケジュールを決められる、洗練され合理化された、使いやすいエクスペリエンスを提供します。

よりシンプルでエレガントなユーザー エクスペリエンスでカスタマイズに柔軟性を持たせ、今まで以上に使いやすくデザインされています。

新しい Outlook for Mac の予定表とイベントのクイック作成ウィンドウ

新しい Outlook for Mac の予定表とイベントのクイック作成ウィンドウ

新しい Outlook for Mac のエクスペリエンス
新しい Outlook for Mac では、強力でシンプルな設計原則を基に、ユーザーがエクスペリエンスを自由にカスタマイズして迅速に作業できるようになりました。メールと予定表にすばやくアクセスし、簡単に会議の作成と返信を行い、検索で探しているものを見つけ、メールをわかりやすく整理することができます。ユーザーの皆様が期待していたこの更新では、カスタマイズ可能な使いやすいエクスペリエンスをご提供いたします。

Insider ファーストにサインアップして、早速お試しください。Insider ファーストで、新しい機能を体験してお寄せいただいたフィードバックは、今後の Outlook for Mac の設計に役立てさせていただきます。ぜひご意見をお聞かせください。今後取り入れてほしい機能も併せてお聞かせください。また、今後もリリースされる新機能へのご感想もお寄せください。新しい Outlook for Mac についてのご質問や詳細情報は、Web サイト (英語) またはサポート ページをご覧ください。

* 新しい Outlook for Mac は、Mac OS 10.14 Mojave 以降でサポートされています。Office 365Outlook.com、および Google アカウントでのみ使用できます。