February 29, 2020 1:16 am

生け花と Mixed Reality テクノロジーのコラボレーション 「IKEBANA × TECHNOLOGY」開催レポート

※2020年4月21日更新:事例動画およびステージ記録映像へのリンクを追加しました

2020年2月27日に、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル市にある Benaroya Hall において、日本の伝統文化である生け花と、最新テクノロジーである Mixed Reality を活用した、世界初の生け花のデモンストレーションイベントとなる、「IKEBANA × TECHNOLOGY」が開催されました。本イベントは、在シアトル日本国総領事館および、Ikebana International 主催のもと、いけばな小原流五世家元の小原宏貴氏がプレゼンターを務め、南国アールスタジオ、日本マイクロソフトが技術協力を行いました。

本イベントでは、小原宏貴氏がステージ上にて、生け花作品をダイナミックに創作したのち、HoloLens 2 を装着することで、ステージ上の生け花作品とデジタル3Dオブジェクトであるホログラムが融合された新たなアートパフォーマンスを披露しました。

アートパフォーマンスでは、シアトルの街が、季節の花によって冬から春へと移り行く様子を、静かで幻想的に表現しました。

<生け花のデモンストレーションの様子>

<HoloLens 2 を用いたアートパフォーマンスの様子>

<いけばな小原流五世家元 小原宏貴氏 と在シアトル日本国総領事 山田洋一郎氏>

<会場の様子>

 

関連リンク

在シアトル日本国総領事館 FaceBook

事例動画:

日本語版 – [HoloLens 2] いけばな小原流&在シアトル日本国総領事館事例 Mixed Reality で進化する日本の伝統文化 | 日本マイクロソフト

英語字幕版 – [HoloLens 2] Ohara School of Ikebana & Consulate-General of Japan in Seattle Case Study

ステージ記録映像:

[HoloLens 2] “IKEBANA X TECHNOLOGY” on the stage performance -「いけばな×テクノロジー」イベント記録映像 | 日本マイクロソフト