December 8, 2020 5:00 am

HoloLens 2 Development Edition の国内販売をマイクロソフトストアにて開始!

日本マイクロソフトは、Mixed Reality(複合現実、MR)を実現するデバイス「HoloLens 2」を、2019年11月7日(木)から、法人のお客様向けに、マイクロソフトストア、および、認定リセラーにて販売してきましたが、本日2020年12月8日(火)より、マイクロソフトストアにて、HoloLens 2 Development Edition の販売を開始することを発表します。開発者、および、法人のお客様であればどなたでも購入が可能となります。

HoloLens 2 Development Edition には、HoloLens 2 デバイス1台に加えて、500米国ドル分のAzure クレジット、Unity Pro の3か月無償利用(450米国ドル相当)、PiXYZの3か月無償利用(300米国ドル相当)の合計1,250 米国ドル分相当のオプションが含まれます。

これにより、Mixed Reality アプリケーション開発に必要なデバイス、クラウドサービス、開発ツールが利用可能となり、初心者の方でもすぐに Mixed Reality アプリケーション開発に取り組むことができます。

<HoloLens 2 Development Edition と他モデルの比較>

※本日の発表に伴い、国内で購入可能なモデルは、HoloLens 2 (デバイス単体)、HoloLens 2 Development Edition となります。HoloLens 2 with Remote Assist については、今後の発表をお待ちください。

 

HoloLens 2 Development Edition 購入方法について

  • 価格:422,180円(税込) /1台
  • 購入方法:マイクロソフト ストア購入ページより詳細をご確認の上、電話窓口へご注文ください
  • 支払い方法:クレジットカード
    (月賦払いによる購入と法人向けの購入については、今後の発表をお待ちください)
  • 1回の購入につき1台購入可能です。複数台の購入を希望される場合は、繰り返し購入手続きをお願いします。

 

Azure クレジット、Unity Pro および PiXYZ 3か月無償ライセンスの入手方法

Azure クレジット、Unity Pro および PiXYZ の3か月無償ライセンスの入手方法については、HoloLens 2 デバイス出荷後、ご購入の際に使用された電子メールアドレス宛にご連絡します。

※詳細は、こちらをご確認ください

 

Mixed Reality アプリケーションの開発を始めるには

Mixed Reality アプリケーションの設計、開発、展開などに関する情報はこちらのドキュメントをご参照ください。また、Microsoft Learn では、Mixed Realityを体系的に学べるコースの拡充を進めており、現在、「Mixed Reality Tool Kitを使用して Unity で Mixed Reality プロジェクトを設定する」、「Unity と Azure Cognitive Services を使用して言語翻訳アプリケーションを作成する」のモジュールがご利用可能です。こちらも併せてご活用ください。

Mixed Reality に関するマイクロソフトの開発者向け公式カンファレンス「MR Dev Days Japan 2020」を2020年12月16日(水)にオンラインで開催します。本カンファレンスでは、米国マイクロソフト本社の製品チームや日本マイクロソフトの Mixed Reality チームが、 Mixed Reality アプリケーションの開発技術に関する最新情報から、詳細な技術解説、最新の活用事例まで、日本語でご紹介します。ぜひこの機会をお見逃しなく。

 

関連情報:

HoloLens 2 製品に関する情報はこちら

国内におけるHoloLens 2 の最新情報はこちら

Mixed Reality アプリケーション開発に関する情報はこちら

Join the conversation