4月 26, 2021 8:34 am

Microsoft Office 長期サービス チャネル (LTSC) の商用プレビューを開始

※ 本ブログは米国時間 2021 年 4 月 22 日に公開された Commercial Preview of Microsoft Office Long Term Servicing Channel (LTSC) is Now Available の抄訳です。

このたびマイクロソフトは、Windows 用 Microsoft Office 長期サービス チャネル (LTSC) および Office 2021 for Mac の商用プレビューを開始いたします。これは商用ユーザー向け Office の次期永続版のリリースで、何年間も機能更新アップデートを受けないよう規制されたデバイスを実行している組織、インターネットに接続されていない工場内のプロセス制御デバイス、一定期間ロックされて長期サービス チャネルが必要な専用システムなどに特化して設計されています。Office LTSC では Office 2019 でお馴染みの生産性ツールが提供されますが、今回はさらにパフォーマンスが高速化され、アクセシビリティも拡張されています。本日より、Office LTSC と Office 2021 for Mac のプレビューをご利用いただけます。

Office LTSC では、これまでにリリースされた Office の機能のほか、Microsoft 365 Apps for enterprise で提供が開始されている新機能の一部も使用できます。2 月の発表でお伝えしたとおり、Office LTSC では、Windows 10 LTSC と同じく 5 年間のサポートが受けられ、固定ライフサイクル ポリシーが継続して適用されます。Office LTSC のその他の変更点については、2 月の発表をご覧ください。

Office LTSC は Office 2019 と同様に排他的にクイック実行で展開されるため、IT 管理者は最新の展開テクノロジを利用してコストを削減できます。Office 2021 for Mac では、Office 2019 for Mac や Office 2016 for Mac などのこれまでの永続版と同様に、標準的な Apple のパッケージ形式 (pkg) が使用されています。Office LTSC と Office 2021 for Mac のシステム要件の詳細については、よく寄せられる質問をご覧ください。

Microsoft 365 Apps では、引き続き最高の生産性と安全性を誇る Office エクスペリエンスを提供し、展開や管理を簡素化して総保有コスト (TCO) を最小限に抑えます。また、先日の記事では、長期間インターネットに接続しない従業員がいる組織や、共有のデバイスやワークステーションを使用している組織でも Microsoft 365 Apps をご利用いただけることをお伝えしました。しかし、オンプレミスで Office アプリを保持する必要があるお客様にとって、Office LTSC は有益なアップグレードとなります。

今回のリリースは、オンプレミス版のプレビュー第 1 弾となり、今後数か月以内に、SharePoint と Project Server の商用プレビューも発表する予定です。Office LTSC と Office 2021 for Mac のプレビューのインストール方法については、こちらをご覧ください。

Microsoft 365 Tech Community (英語) に参加して、コミュニティのメンバーと交流しましょう。製品に関する質問がある場合でも、新規リリースやツール、ブログ記事などの最新情報を入手したい場合でも、Microsoft 365 Tech Community は重要な情報源としてご活用いただけます。

Join the conversation