May 13, 2021 6:53 am

【法人及び教育市場向け Surface】デバイスライフサイクルを通したデータセキュリティのための、“取り外し可能な SSD” と “ドライブ (SSD) 保持オプション”

“取り外し可能な SSD” と “ドライブ (SSD) 保持オプション”

目まぐるしく環境が変化する中での業務継続性が重要視され、リモートワーク、ハイブリッドワークへの対応が急がれています。PC
が様々な環境で利用される時代、デバイスのライフサイクル全体を通したデータセキュリティは重要な要素です。

オペレーティングシステム (OS)
や個々のデータへのアクセス権管理、格納されたデータの暗号化など、デバイスをアクティブに利用している時のセキュリティはもちろんのこと、デバイスの利用を終了し破棄する際のデータセキュリティや、万が一デバイスが故障した際の交換時におけるデータセキュリティも重要な検討項目です。

法人市場向け Surface では、デバイスの廃棄や故障交換時に、デバイス内のデータを組織に保持するための 2 つのオプションを用意しています。

  • 取り外し可能な SSD

  • Surface Pro 7+、Surface Pro X、Surface Laptop 3、Surface Laptop 4 及び、Surface Laptop
    Go の各プロダクトは、SSD を取り外すことができるようにデバイスが設計されています。
    デバイスの廃棄や故障交換時に、利用していたデバイスから SSD を取り除き組織で保管いただくことが可能です。SSD のデータ消去後も記憶媒体を外部に持ち出せない場合などに有効なオプションです。
    各デバイスの SSD の外し方は、以下のドキュメント及び動画を参考にしてください。
    なお、実際の作業は経験のある技術者の方に実施頂くようお願いします。

    • Surface Pro X
      • 取り外し方法説明動画

  • データ (SSD) 保持オプション

  • ほとんどの 法人向け Surface
    デバイスは標準のデバイス保証サービスに、先出センドバックのオプションが付いています。デバイスの故障交換時に代替のデバイスを受領後、故障デバイスから SSD
    を外した状態でデバイスを返却することが可能ですが、通常の保証範囲ですと、“デバイスが完全な形で返却されなかった” ということで、デバイス交換に関するペナルティ (後日交換費用の請求) が発生することあります。
    法人市場向け Surface では、有償の保証サービスに追加で購入できる “データ (SSD) 保持オプション” を用意しています。こちらのオプションが付与されているデバイスは、故障交換時に故障デバイスから SSD
    を取り外し組織内に保持した状態でデバイスを返却してもペナルティを受けることはありません。
    詳しくは、Surface の総合カタログや、法人向け保証サービスのページにてご確認ください。

◆ 参考情報

4 月に登場した Surface Laptop 4 を含む最新の法人向け、および教育機関向け Surface 総合カタログ (2021 年
4 月版) をリリース – Windows Blog for Japan

◆ 法人向け認定 Surface リセラーの情報はこちらからご確認ください。

◆ その他関連情報

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

Join the conversation