10月 4, 2021 8:43 am

Microsoft 365 と Office 2021 で協働作業を簡単に

Microsoft 365 と Office 2021 で協働作業を簡単に

※本ブログは、米国時間 10 月 1 日に公開された “It’s easier to create together with Microsoft 365 and Office 2021” の抄訳を基に掲載しています。

今回は、Microsoft 365 と 10 月 5 日にリリースされる Office 2021 について、一般ユーザー、学生、中小企業向け製品の詳細をご案内します。

Microsoft 365 は、生産性、セキュリティ、つながりを維持するために役立つ最新のアプリと機能を利用するための最適な方法です。さらに、常に最新の Office アプリに加えて、1 TB のクラウド ストレージ、すべてのデバイスでのアプリの使用、高度なセキュリティ機能などを最もお得な価格でご利用いただけます。しかし、お客様の中には、「PC および Mac 向けの主要 Office アプリは必要でも、サブスクリプションは利用したくない」という方がいらっしゃることも承知しています。それが、Office 2021 をリリースする理由です。

この 1 年半で、マイクロソフトのツールには、オンラインでつながって共同作業できる柔軟性がこれまで以上に求められるようになりました。そのため、Microsoft 365 と Office 2021 には個人利用できる Microsoft Teams が含まれており、チャットや音声/ビデオ通話といった方法で、いつでもだれとでもやり取りできるようになります。また、Microsoft 365 で既に提供しているコラボレーション機能の多くが Office 2021 にも追加されます。

家族、友人、クラスメートと簡単にドキュメントを共同編集

家族、友人、クラスメートと簡単にドキュメントを共同編集

オンラインでの共同作業は、新しい日常の一部となりました。Microsoft 365、Office 2021、Office.com、Office Mobile アプリなど、すべての Office のお客様がオンラインで共同作業できるように、Microsoft 365 で提供中のコラボレーション機能の多くが Office 2021 にも追加されます。リアルタイム共同編集により、他のユーザーと同時にドキュメントの編集作業を行うことができます。ファイルが更新されると全員に通知されるため、コメントを追加したり、メールを送信したりする必要はありません。

これらのコラボレーション機能には、クラウド ストレージ サービスの OneDrive を活用しているため、ドキュメントを共有する前に OneDrive に保存する必要があります。また、OneDrive には更新した内容が自動的に保存されます。Microsoft アカウントで Office アプリにサインインすると、5 GB の OneDrive クラウド ストレージを無料でご利用いただけます。また、必要に応じてストレージ容量を追加購入することもできます。

Microsoft Teams であなたの毎日をより良く

Microsoft Teams であなたの毎日をより良く

Microsoft Teams を使用すると、家族や友人、知人と簡単につながり、一緒に計画を立てたり、大小さまざまなタスクを管理したりできます。チャットやビデオ通話で会話したり、カフェや自宅のリビングからオンラインで集まったり、家事を手伝うタスクを割り当てたり、投票を作成または回答したりなど、アプリ内から直接さまざまな作業を実行できます。Microsoft Teams は Windows 11 に含まれていますが、Microsoft 365 と Office 2021 に追加することで、Windows 10 や macOS でも利用できるようになります。

Windows 11 に合わせた新しいユーザー エクスペリエンスで集中力を高める

Windows 11 に合わせた新しいユーザー エクスペリエンスで集中力を高める

10 月 5 日より、Microsoft 365 と Office 2021 のアプリのデザインが一新されます。今回のデザイン変更は、新しくも馴染みがあり、作業を効率化して集中できるように設計されています。中間色のカラー パレットに変更され、ウィンドウの角が丸くなり、リボンのタブが刷新されたほか、カラフルなプレゼンス状態により、ドキュメントの共同作業を行っているユーザーを簡単に確認できます。アプリのテーマは、既定では Windows の設定 (ライト モードまたはダーク モード) と同じになります。対象のアプリは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Access、Project、Publisher、Visio です。今回のデザイン変更は意図的に Windows 11 のリリースに合わせたもので、これにより、新しい Windows 11 PC で一貫したシームレスなエクスペリエンスが提供されます。なお、このデザイン変更は Windows 10 の Office にも反映されます。

そのほか、Microsoft 365 のみで使用できる機能へのアクセス

Office 2021 には、その他にも Microsoft 365 で提供中の機能を複数追加しました。Excel に新たな数式が追加され、PowerPoint プレゼンテーションを簡単に記録できるようになったほか、クリエイティブ コンテンツのコレクションが拡張され、作成したファイルを見栄え良くすることができます。Microsoft 365 サブスクリプションにアップグレードすると、さらに多くのクリエイティブ コンテンツに加えて、エディターの高度な文章校正の候補や PowerPoint の発表者コーチなど、継続的に拡充される最新機能にアクセスできます。

購入オプション、価格、提供方法

Microsoft 365 には、PC、Mac、モバイル向けの Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、OneDrive、Microsoft Editor、Microsoft Family Safety (国内未提供) の最新バージョンと、PC 向けの Access、Publisher が含まれます。個人向けの Microsoft 365 Personal は、月額 1,284 円または年額 12,984 円です。Microsoft 365 のお客様には、10 月 5 日よりアプリのデザイン変更が自動的に反映され、10 月~11 月中に Microsoft Teams が提供されます。無料試用版にはこちらからサインアップできます。

Office 2021 の製品ラインアップについては、後述の日本向け製品ラインアップをご参照ください。Office 2021 は、10 月 5 日より全世界の販売店および Microsoft.com で購入できます。

Microsoft 365 と Office 2021 はいずれも Windows 11、Windows 10、macOS の最新の 3 つのバージョンで動作します。なお、Office 2013 は Windows 11 ではサポートされないため、Windows 11 へのアップグレードを予定している場合は、この機会に Microsoft 365 または Office 2021 へのアップグレードをご検討ください。最後に、Microsoft 365 または Office 2021 を利用するには、Microsoft アカウントとインターネット接続が必要になります。

日本向け製品ラインアップ

Office 統合製品

Office 統合製品

* プレインストール版は Windows PC のみでの販売となります。

単体製品

単体製品

* Visio Standard、Visio Professional、Project Standard、Project Professional の POSA 版について、10 月 15 日 (金) 発売予定となります。

Join the conversation