11月 19, 2021 12:57 am

パートナー様の顧客育成を支援する Microsoft 365 プロジェクト「Orland」を発表

※ 本 Blog は、2021 年 7 月 13 日に投稿された Announcing Project “Orland” for Microsoft 365 to help partners better nurture their customers の日本語抄訳です。

Microsoft 365 のプロジェクト「Orlandは、パートナー センターを通じて CSP パートナー様がお客様と積極的にかかわり、関係を育んでいく新しいエクスペリエンスです。

CSP 顧客ベースを対象にマイクロソフトのデータ サイエンティストが構築したデータ モデルを適用して、顧客ライフサイクル内の優先度の高い機会を特定します。たとえば、有料サブスクライバーとなる可能性が高いトライアル顧客を特定したり、解約のリスクがある顧客にフラグを設定したりできます。この実用的なガイダンスを利用すると、Microsoft 365 の新規顧客の獲得、既存顧客の維持、顧客ベースの拡大など、お客様のライフサイクルをより効率的に管理できるようになります。

プロジェクト「Orland」は現在、プライベート プレビュー段階にあります。より良いパートナー エクスペリエンスの構築に関心をお持ちの方は、aka.ms/ProjectOrlandNextStep からプライベート プレビューに参加いただけます。フォームは 2021 年 8 月 15 日まで利用可能です。

プロジェクトの内容をご紹介します。

マイクロソフトが提供するデータとデータ モデル

プロジェクト「Orland」では、顧客のテナントから得たシグナルを統合し、マイクロソフトが構築したデータ モデルを適用して、実用的なインサイトを引き出します。これにより、顧客の状況を一元的に確認することができるほか、トレンドを詳しく理解して、アカウント管理に役立てることができます。

プロジェクト「Orland」のホームページ。解約や拡大などの顧客機会の概要データが表示される。

プロジェクト「Orland」のホームページ。解約や拡大などの顧客機会の概要データが表示される。

顧客機会の優先度

プロジェクト「Orland」では、モデリングを適用して高価値の顧客エンゲージメントに優先度を設定できます。データからアクションにつなげるのは難しいですが、優先度を設定し、緊急性が高い機会や影響力の大きい機会を明示することで、効率的に働きかけることができます。

難易度やパートナー側から見た価値に基づいて顧客の優先度を設定する。

難易度やパートナー側から見た価値に基づいて顧客の優先度を設定する。

さまざまな Go-To-Market アクションを推奨

プロジェクト「Orland」では、推奨 Go-To-Market アクションを追加して、モデルや機会を充実させます。特定の製品のデプロイ ガイドから、ターゲット顧客向けの会話やマーケティングのコンテンツまで、顧客管理の改善に役立つマイクロソフトのベスト プラクティスとベスト コンテンツを紹介します。

顧客ごとにパートナーが取るべき推奨アクションを表示する。

顧客ごとにパートナーが取るべき推奨アクションを表示する。

開発中の機能

このたび、パートナー様に直接データとデータ モデルを提供するプロジェクトを開始できたことをうれしく思います。今回ご紹介したもの以外にも、顧客育成に役立つシナリオを数多く実現できるように取り組んでいきます。プロジェクト「Orland」は現在プライベート プレビュー段階にあり、今後の進展については年内に発表する予定です。

より良いパートナー エクスペリエンスの構築に関心をお持ちの方は、aka.ms/ProjectOrlandNextStep からプライベート プレビューに参加いただけます。フォームは 2021 年 8 月 15 日まで利用可能です。

今すぐ購入・無料相談

Join the conversation