Posts in TOYOTA

Windows Mixed Reality

Mixed Reality を取り巻く動き: HoloLens 2 の提供地域拡大、Azure の新サービスの提供開始

By Japan Windows Blog

※本ブログは  "Mixed Reality Momentum: HoloLens 2 expands globally and new Azure service launches" の抄訳です。   John 'JG' Chirapurath (Azure データ、AI、Edge バイス プレジデント) Mixed Reality は物理世界とデジタル世界を融合させ、スクリーンを超えてコンピューティングの力を活用できるようにする技術です。この技術の誕生により、私たちの働き方や学び方、楽しみ方は根本的に変化します。未来のテクノロジと言われた Mixed Reality は、現在ソリューション エコシステムとして広く使用されており、大きな影響力を持つことが数値で示されています。製造、学習、知識の維持、人々の健康管理といったさまざまな場面で、重要な役割を果たしています。 Azure のスケーラビリティ、信頼性、安全性を活かしたマイクロソフトの Mixed Reality サービスは、業界最先端の HoloLens 2 ヘッドセットと組み合わせることで、包括的な Mixed Reality プラットフォームの基軸として機能します。Microsoft… Read more

Windows Mixed Reality

トヨタ自動車様における Mixed Reality / HoloLens を活用した取り組みを発表!トヨタ販売店への HoloLens 2 展開を予定!

By Japan Windows Blog

日本マイクロソフトは、昨日より、開発者をはじめとする、IT に携わるすべてのエンジニアの方を対象にテクニカル カンファレンス de:code 2019 を開催しています。 昨日の基調講演に登壇した、日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野 拓也から、Mixed Reality を活用したトヨタ自動車株式会社様の新たな取組みを発表させていただきましたので、本ブログでご紹介します。 日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野 拓也   トヨタ自動車様における Mixed Reality / HoloLens の活用 トヨタ自動車様では、Mixed Reality / HoloLens を活用した複数の取組みを検証されており、昨年11月には「塗装の膜厚検査での活用」と「試作工場の設備移設での活用」を発表されていますが、今回は、サービス技術部における「自動車の修理・点検業務での活用」が紹介されました。   自動車の修理・点検業務での活用 トヨタ自動車様では、現場のサービスエンジニア(整備士)の方々が自動車の整備作業を行う際に参照する、作業手順書・修理書という紙や Web のマニュアルが車種ごとに用意されています。これまでの紙の作業手順書・修理書は、自動車の車種ごとにあるため、数が多く物理的に場所をとる、作業手順書・修理書にイラストで記載された部品や配線図と実際の車の該当箇所を照合するのに時間を要する、作業手順書・修理書の2Dイラストでは内部の構造や、勘やコツが必要な脱着の方法などの表現に限界があり、結果として整備士にとって解りづらくなっている、といった課題がありました。 そこで、トヨタ自動車様では、Mixed Reality テクノロジーによって、従来の紙や Web の作業手順書・修理書を、3D… Read more

Windows Mixed Reality

【Mixed Reality × Tech Summit 2018】トヨタ自動車様、 JR東日本様における Mixed Reality / HoloLens を活用した取組みを発表

By Japan Windows Blog

日本マイクロソフトは、本日より、企業や組織の IT 導入運用にかかわるエンジニアおよび意思決定を行う方を対象に技術カンファレンス Tech Summit 2018 を開催しています。 本日の基調講演に登壇した、マイクロソフト コーポレーション 最高経営責任者のサティア ナデラから、Mixed Reality を活用したトヨタ自動車株式会社様と東日本旅客鉄道株式会社様(以下JR東日本)の取り組みが発表されましたので、本ブログでご紹介します。 マイクロソフト コーポレーション 最高経営責任者 サティア ナデラ   トヨタ自動車様における Mixed Reality / HoloLens の活用 トヨタ自動車様では、Mixed Reality / HoloLens を活用した複数の取組み検討が進められており、中でも今回は、「塗装の膜厚検査での活用」および、「試作工場の設備移設での活用」が紹介されました。 塗装の膜厚検査での活用 トヨタ自動車様では、完成車に綺麗に塗装するために、試作車で塗装のチューニングを実施し、ムラなく均一の膜厚がとれているかどうかをチェックされています。従来の膜厚検査では、クルマの曲面に合わせた型紙をつくって、一定間隔で穴を開け、そこに測定器をあてて測定し、そのデータに基づいて塗装設備を調整されます。トヨタは車のバリエーションが多く、型紙をつくるのに非常に多くの手間と時間が必要となります。そこで Microsoft HoloLens を使って、試作車にバーチャルの測定点を重ねて表示し、その点に測定器を当てて測ることにより劇的な作業の効率化と時間短縮が可能となりました。 ■これまでの手法 ■Microsoft HoloLens を用いた手法 工場の設備移設での活用 もうひとつの取り組みとして、工場の設備移設での活用があります。今回その一例として、トヨタ自動車東日本株式会社様の東富士工場における大型レーザー溶接機の設備入れ替えのシミュレーションがあげられます。Microsoft… Read more