June 24, 2021 5:36 am

ハイブリッド ワーク向けの Microsoft Whiteboard が新登場

※ 本 Blog は米国時間 2021 年 6 月 17 日に公開された Meet the new Microsoft Whiteboard designed for Hybrid Work の日本語抄訳です。

Microsoft Whiteboard は、チームで集まって視覚的なコラボレーションを行うツールで、Microsoft Teams をはじめとするさまざまなデバイスやエコシステムと連携します。

この 18 か月間、多くの人がリモートで働く中、マイクロソフトは、ユーザーが仲間と共に創造的に問題を解決できる、バーチャルファーストのツールが必要であると強く認識しました。人々がより柔軟な環境で働くことを念頭に置き、いつでもどこでもコラボレーションを実現できるよう、Whiteboard エクスペリエンスを再考しました。

本日、まったく新しい Microsoft Whiteboard を発表いたします。これは、ハイブリッド ワーク向けに設計された Microsoft 365 の視覚的なコラボレーション ワークスペースです。

この新しいイノベーションにより、物理的なスペースに関係なく、優れたハイブリッド ワークとコラボレーションのエクスペリエンスを提供します。これを実現するために、マイクロソフトは次の 5 つの主要分野に焦点を当てました。ガイド付きコラボレーション、新しいコンテンツの種類、新しいユーザー インターフェイス、インク機能の強化、Microsoft 365 統合の拡張です。それでは、各分野の最新情報をご紹介します。

リアルタイムのコラボレーションを容易に

効果的なコラボレーションは新しい Whiteboard エクスペリエンスの要です。これを実現するため、さまざまな新機能を導入しています。コラボレーション カーソルは、他のメンバーがホワイトボードのどこで何をしているかを表示する機能で、離れていても一緒にいることを感じられます。新しいレーザーポインターは、とっておきのアイデアを共有したいときに、他のメンバーの注意を引き付けるのに便利です。アイデアを説明するときに、気が散る要素を減らしたい場合は、話についていく (Follow Along) を使用します。さらに、問題解決、計画、ワークショップなどの一般的なシナリオを簡単に始められる、さまざまな種類のテンプレートも新たにご用意しました。これらの機能を組み合わせて使うことで、どこにいてもコラボレーションを強化し、だれもが参加できる障壁のないハイブリッド ワークを実現できます。

リアルタイムのコラボレーションを容易に

創造性を向上する豊富なインタラクティブ コンテンツ

新しい Whiteboard エクスペリエンスの大きな要素の 1 つが、リッチなコンテンツを活用したコラボレーションです。個々のアイデア、デバイスの種類、好みに合わせた方法で、だれもがチームに貢献できます。図形、線、テキスト、インクを組み合わせて、共同作業可能な図表を作成することも可能です。新しい画像とドキュメントの挿入機能を使用すると、複数のコンテンツの関連付け、注釈、反復作業などを共同で行えます。関連する考え、アイデア、解決策などを、ノート グリッドの自動レイアウト グリッドで整理できます。魅力的で楽しいリアクション ステッカーを活用して、状況に応じた気軽なフィードバックを送れます。表やタスク リストなどの Fluid コンポーネントを取り込んで、アプリ間のコラボレーションを実現できます。もちろん、従来のようなペン入力用のボードとしても使用できますが、これらの新機能を備えたリッチで視覚的なコラボレーション ワークスペースとして活用することで、チームの創造性がさらに高まります。

創造性を向上する豊富なインタラクティブ コンテンツ

統一されたモダンな外観と操作性

今回、多数のコラボレーション機能とコンテンツの種類を追加しましたが、今後もさらに多くの機能をサポートできるよう、新しいユーザー インターフェイスを作成しました。Fluent ツールバーには、拡充した一連の視覚コラボレーション ツールを、モダンなビジュアルで追加しています。創造性ギャラリーは、Surface Hub などの大きなデバイスからスマートフォンなどの小さなデバイスまで、見やすく、直観的でレスポンシブなレイアウトを提供します。トップ バーでは、ホワイトボードで閲覧または共同作業しているユーザーをいつでも確認できます。新しい Whiteboard は、すべてのデバイス、オペレーティング システム、プラットフォームで統一された単一のユーザー エクスペリエンスを提供します。新しいユーザー インターフェイスでは、Whiteboard が重視するユーザーとコンテンツを強調することで、生産性を最大限に高めます。

新しい Microsoft Whiteboard の統一されたモダンな外観と操作性

新しい Microsoft Whiteboard の統一されたモダンな外観と操作性

インクで創造性を最大限に発揮

自分のアイデアを表現したり、メンバーのアイデアにコメントや注釈を付けたりする際に、デジタル インクは欠かせません。新しい Whiteboard では、ペンを持っている人も持っていない人も、インク独自の視覚表現を活用できます。インクのマウス操作を改善し、入力が滑らかになりました。マウスやトラックパッドを使って、文字で書き表すのが難しいアイデアを、より簡単に視覚的に伝えられます。Whiteboard in Teams のペン サポートでは、自動インク機能を使用したり、消しゴム機能などのペン独自のメリットを活用したりできます。図形認識機能は、すばやく描いた図形を自動的に整形します。レインボー & キャラクシー インクを使って、チームの想像力と創造力を刺激しましょう。

インクで創造性を最大限に発揮

Microsoft 365 全体でシームレスに統合

新しい Whiteboard は、既存のワークフローにさらにシームレスに適合するため、Microsoft 365 で広く統合されています。Whiteboard は現在、Teams のチャネルとチャット (英語) で利用可能です。Teams 会議の新しいコンテンツ共有エクスペリエンスでは、ワンクリックでホワイトボードを全員に共有し、共同作業を開始できます。複数の Teams 会議でホワイトボードを準備したり再利用したりする場合には、既存のボードを開くという新機能が便利です。Office.com SharePoint でホワイトボードを検索して、OneDrive for Business のリッチなコンテンツ管理機能を活用できます。

新しい Microsoft Whiteboard は、Teams、Office.com、OneDrive、SharePoint などの Microsoft 365 アプリにシームレスに統合

新しい Microsoft Whiteboard は、Teams、Office.com、OneDrive、SharePoint などの Microsoft 365 アプリにシームレスに統合

未来の働き方がどんどん進化する中、さまざまなお客様との会話から、1 つ明らかなことがわかりました。それは、人々がいつでもどこでも効果的にコラボレーションできることが重要であるということです。このニーズに応えるために、マイクロソフトはハイブリッド ワークのためのまったく新しい、Whiteboard エクスペリエンスを生み出しました。これにより、オンサイトとリモートのメンバーが同じデジタル キャンバスで視覚的にコラボレーションできるようになります。ぜひ、今すぐ新しい Whiteboard をお試しください。詳しくは、Whiteboard の製品ページFAQ をご確認ください。

Join the conversation