2月 21, 2022 1:00 am

Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了 – 発表に関連する FAQ のアップデート

Internet Explorer 11 desktop app retirement FAQ

※ 本ブログは、米国時間 5 月 19 日に公開されアップデートされた “Internet Explorer 11 desktop app retirement FAQ” の抄訳です。

この FAQ の質問は、より詳細な情報をご提供するために随時追加、更新される予定です。更新または新規追加された質問については、その旨を質問の後に明記しています。最終更新日: 2022 4 14 日(日本時間:4月27日)

Windows 10 における Internet Explorer (IE) の後継は、Microsoft Edge です。これはコマーシャル企業、IT 管理者、開発者、およびエンドユーザーにとってどのような意味を持つのでしょうか? Microsoft Edge は、Internet Explorer よりも高速で、安全で、よりモダンなWebエクスペリエンスを提供します。また、Internet Explorer モード (IE モード) を搭載し、従来の IE ベースのサイトやアプリに対する互換性を備えた唯一のブラウザーです。

IE モードを搭載した Microsoft Edge が正式に Windows 10 版 Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションの後継となり、Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは 2022 年 6 月 15 日をもってサポートを終了します。

* Window 7 の Microsoft Edge のサポートは 2022 年 1 月 15 日に終了しました。IE モードのサポートもその時点で終了しております。IE11 デスクトップアプリケーションは、Windows 7 ESU の一部として、オペレーティングシステムのサポート終了日である 2023 年 1 月 10 日までサポートが継続される予定です。

一般的な情報

IE11 デスクトップ アプリケーションが 2022 年 6 月 15 日にサポートを終了した際、どのプラットフォームが影響を受けますか?

この発表の対象 (サポート終了) となるのは次のとおりです。

  • 半期チャネル (SAC) で配信される Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーション:
    • Windows 10 クライアント SKU (Version 20H2 以降)
    • Windows 10 IoT (Version 20H2 以降)

この発表の対象外 (影響なし) となるのは次のとおりです。

  • Microsoft Edge の Internet Explorer モード
  • WebOC を含む Internet Explorer プラットフォーム (MSHTML/Trident)
  • 以下で動作する Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーション:
    • Windows 8.1
    • Windows 7 ESU
    • Windows Server SAC (全バージョン)
    • Windows 10 IoT LTSC (全バージョン)
    • Windows Server LTSC (全バージョン)
    • Windows 10 クライアント LTSC (全バージョン)

Windows 10 LTSC と Windows 10 Server はどうなりますか? (2021 年 11 月 19 日 更新)。

提供中の Windows 10 LTSC および Windows 10 Server は今回の発表の対象外です (影響を受けません)。Windows Server 2022 および Window 10 Enterprise LTSC 2021 も同じく対象外です。

2022 年 6 月 15 日のサポート終了後、Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションはどうなりますか。Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションはいつから使用できなくなるのでしょうか? (2022 年 4 月 14 日 更新)

2022 年 6 月 15 日以降、サポート対象外になった IE11 デスクトップ アプリケーションのユーザーを Microsoft Edge に段階的に移行します。IE11 デスクトップ アプリケーションは、数か月のうちに順次 Microsoft Edge にリダイレクトされます。また、その後の Windows 累積更新プログラムにより、IE11 デスクトップ アプリケーションは無効化され、完全に使用できなくなります。ユーザーをリダイレクトして Windows 更新プログラムをロールアウトする適切なタイミングについては、複数の要因に基づいて評価します。注: この対応は、2022 年 6 月 15 日以降、いつでも適用される可能性があります。

組織のお客様は、IE の無効化およびユーザーへの連絡に関する独自のスケジュールを管理するため、今から対策を講じることができます。IE デスクトップ アプリケーションが無効化される日付を組織で制御できるように、2022 年 6 月 15 日までに IE の無効化ポリシーを適用することを強くお勧めします。

Internet Explorer 11 のデスクトップ アプリケーションは、Windows 11 で利用できますか? (2022 4 14 日 更新)

いいえ。Windows 11 では、Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは利用できません。Windows 11 では、Microsoft Edge が既定のブラウザーとなります。MSHTML エンジンは、Microsoft Edge の IE モードの動作のために Windows 11 オペレーティング システムの一部として残されます。組織内でレガシ ブラウザーとの共存関係が必要な場合には、業務の中断を回避するために、Windows 11 へのアップグレード前に Microsoft Edge で IE モードを設定する必要があります。詳細については、Internet Explorer モードに関する Web ページGetting Started ガイドをご覧ください。

今回の発表で、組織にはどのような影響がありますか?

組織内に IE11 を必要とするレガシ アプリやレガシ サイトがある場合は、Getting Started ガイドに従い IE モードの構成に着手することをお勧めします。変更管理を懸念される場合は、Microsoft Edge 導入キットをご活用ください。このコンテンツは、組織内のユーザーやリーダーに Internet Explorer のサポート終了に伴う変更を通知し、Microsoft Edge へのスムーズな移行を支援します。

Microsoft Edge が既にインストールされている場合はどうなりますか?

すぐに移行できます。Internet Explorer よりも高速かつ安全の最新ブラウザーを既にお持ちなら、一部の移行手順を既に完了していることになります。組織のお客様の場合、次のステップとして、レガシ ブラウザーを利用しているかどうかを確認してください。Microsoft Edge で継続的にレガシ ブラウザーをサポートするには、IEモードを設定する必要があります。詳細については、Internet Explorer モードに関する Web ページGetting Started ガイドをご覧ください。

IE モードはいつまでサポートされますか? (2022 2 22 日 更新)

IE モードは、現行および今後の Windows クライアント/Server/IoT の各リリース (Windows 11 を含む) のライフサイクルに準じ、少なくとも 2029 年までサポートいたします。サポート終了日の 1 年前にはマイクロソフトから告知する予定です。Windows の各サポート終了日は製品ライフサイクルのページに掲載しています。Windows のエディションによっては、サポート終了日以降にオペレーティング システムのセキュリティ更新プログラムを受け取るために、延長セキュリティ更新プログラム (ESU) ライセンス (提供されている場合) が必要になる場合があります。

あるバージョンの Windows のサポートが 2029 年以前に終了する場合、そのバージョンの Windows での IE モードのサポートも同時に終了します。IE モードの使用を継続するには、サポート対象のバージョンの Windows に移行してください。

現在サポート対象となっているバージョンの Windows のサービス終了日は以下のとおりです。

プラットフォーム Windows のリリース バージョン IEモードのサポート終了日
Windows クライアント Windows 10 Enterprise バージョン 20H2 2023/5/9
Windows 10 Enterprise バージョン 2004 2021/12/14
Windows 10 2019 LTSC 2029/1/9
Windows 8.1 2023/1/10
Windows 7 (要 ESU) 2023/1/10
Windows Server Windows Server 20H2 (SAC) 2022/5/10
Windows Server 2004 (SAC) 2021/12/14
Windows Server 2019 (LTSC) 2029/1/9
Windows 10 IoT Windows 10 IoT Enterprise バージョン 20H2 2023/5/9
Windows 10 IoT Enterprise バージョン 2004 2021/12/14
Windows 10 IoT 2019 LTSC 2029/1/9
Windows Server IoT 2019 2029/1/9

* Window 7 の Microsoft Edge のサポートは 2022 年 1 月 15 日に終了しました。IE モードのサポートもその時点で終了しました。IE11 デスクトップアプリケーションは、Windows 7 ESU の一部として、オペレーティングシステムのサポート終了日である 2023 年 1 月 10 日までサポートが継続される予定です。

今回の発表で開発者にはどのような影響がありますか? (2021 11 19 日 更新)

IE 向けに開発されたアプリは、Microsoft Edge の IE モードで動作します。問題が発生した場合は、App Assure (または [email protected]) を通じて互換性のサポートをリクエストしてください。

新しい Web サイトやアプリケーションを構築する開発者にとって、Internet Explorer と最新ブラウザーを同時にサポートするのは困難です。今回の発表をきっかけに、Internet Explorer から Microsoft Edge ブラウザーへの移行が促進されるでしょう。しかし、ユーザーの移行には時間がかかるため、Internet Explorer のサポート終了へ向けた計画を立てることをお勧めします。マイクロソフトのサポートについては「Internet Explorer から Microsoft Edge へのユーザーの移行」をご覧ください。

今回の発表でエンドユーザーにはどのような影響がありますか? (2022 2 22 日 更新)

Internet Explorer 非対応の Web サイトが増える中で、Microsoft Edge は、Internet Explorer よりも高速かつ安全で最新のブラウジング エクスペリエンスを提供しており、必要に応じて Internet Explorer に依存しているレガシ サイトを開くことができます。

2022 年 6 月 15 日に Internet Explorer 11デスクトップ アプリケーションのサポートを終了します。また、その後の Windows 10 月例累積更新プログラムにより、IE11 デスクトップ アプリケーションは無効化され、アクセスしようとすると Microsoft Edge にリダイレクトされます。

IE11 からのアクセスが必要な Web サイトには、Microsoft EdgeのIE モードからアクセスできます。詳細については、「Microsoft Edge の Internet Explorer モード」をご覧ください。

サポート終了に向けての準備

組織で Internet Explorer モードを設定するにはどうすればよいですか?

Internet Explorer モードの設定方法については、Getting Started ガイドIE モードに関するドキュメントで詳しく説明していますので、そちらをご参照ください。

Microsoft Edge の導入と IE モードの設定に役立つガイド付きエクスペリエンスはありますか? (2021 6 29 日 追加)

はい。Microsoft 365 管理センターで、Microsoft Edge の導入と IE モードの設定を支援する 2 つのガイド付きエクスペリエンスを提供しています。

Microsoft Edge IE モードのテストを自動化する方法を教えてください。(2022 2 22 日 追加)

IE11 のサポート終了が刻一刻と迫る中で、マイクロソフトは Selenium と協力し、エンドツーエンドの IE Driver のテストを拡張し、Microsoft Edge の IE モードにも対応しました。これまでに IE の各バージョン向けに投資および使用してきたサイト テストを、IE モードでのテストにも適用できるようになります。自動化テストとパイロット グループのユーザーによるテストを組み合わせることで、問題を早期に発見し、IE のサポート終了に向けて確実に準備できます。

IE モードでのテストに IE Driver を使用する方法の詳細については、「Internet Explorer Driver を使用して Microsoft Edge で IE モードを自動化する」をご覧ください。

マイクロソフトに連絡して、このスケジュールに対する例外を申請した場合、2022 年 6 月 15 日以降も Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションの使用を継続することはできますか?

Microsoft Edge は、レガシ Web サイトとの互換性を確保する Internet Explorer モードと相互運用性を実現する Chromium プロジェクトのデュアル エンジンを搭載しています。

そのため、2022 年 6 月 15 日以降に IE11 デスクトップ アプリケーションの使用を継続するための例外を許可したり、延長サポートを提供することはございません。

一般ユーザーの方は、サポート ページ「Microsoft Edge の Internet Explorer モード」に記載されている手順に従って、Microsoft Edge の IE モードをご利用ください。

法人の IT 担当者の方は、Microsoft Edge の IE モードを設定し、社内のユーザーが IE ベースのレガシ サイトやレガシ アプリにアクセスできるようにする必要があります。IE モードを設定するには、Getting Started ガイドのリソースをご利用ください。

Windows の月例累積セキュリティ更新プログラムをインストールせずに、IE11 の使用を継続することはできますか? (2022 4 14 日 追加)

Windows 更新プログラムには、オペレーティング システムの重要なセキュリティ修正プログラムが含まれているため、IE11 の使用を継続するために更新プログラムのインストールを回避することはお勧めしません。Windows の月例累積更新プログラムの詳細については、こちらのページをご覧ください。

サポート終了後の振る舞い

2022 年 6 月 15 日のサポート終了後、Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションはどうなりますか?Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションはいつから使用できなくなるのでしょうか? (2022 年 4 月 14 日 更新)

2022 年 6 月 15 日以降、サポート対象外になった IE11 デスクトップ アプリケーションのユーザーを Microsoft Edge に段階的に移行します。IE11 デスクトップ アプリケーションは、数か月のうちに順次 Microsoft Edge にリダイレクトされます。また、その後の Windows 累積更新プログラムにより、IE11 デスクトップ アプリケーションは無効化され、完全に使用できなくなります。ユーザーをリダイレクトして Windows 更新プログラムをロールアウトする適切なタイミングについては、複数の要因に基づいて判断して参ります。注: この対応は、2022 年 6 月 15 日以降、いつでも適用される可能性があります。

法人のお客様は、IE の無効化およびユーザーへの連絡に関する独自のスケジュールを管理するため、今から対策を講じることができます。IE 11デスクトップ アプリケーションが無効化される日付を組織で制御できるように、2022 年 6 月 15 日までに IE の無効化ポリシーを適用することを強くお勧めします。

IE11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了後のユーザー エクスペリエンスについて教えてください。 (2022 4 14 日 更新)

組織で IE の無効化ポリシーを設定すると、2022 年 6 月 15 日以降に Windows 累積更新プログラムで IE11 デスクトップ アプリケーションが無効化された後の状況に最も近いユーザー エクスペリエンスが提供されます。このポリシーを有効にすると、IE11 デスクトップ アプリケーションのすべてのアクティビティが Microsoft Edge にリダイレクトされ、以下のようなユーザー エクスペリエンスが提供されます。

  • スタート メニューとタスク バーの IE11 アイコンは削除されます。
  • ユーザーが IE11 を使用するショートカットまたはファイルの関連付けを起動しようとすると、Microsoft Edge にリダイレクトされたうえで、そのファイルまたは URL が開きます。
  • ユーザーが iexplore.exe バイナリを直接呼び出して IE11 を起動しようとすると、代わりに Microsoft Edge が起動します。

既定のブラウザーが Internet Explorer 11 ではない場合、このサポート終了は既定のブラウザーに影響しますか?

いいえ。サポート終了の影響を受けるのは、既定のブラウザーが Internet Explorer 11 に設定されている場合のみです。IE11 が既定のブラウザーに設定されている場合は、Microsoft Edge をご使用ください。

Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションはデバイスから削除されるのですか? (2022 2 22 日 更新)

いいえ。IE モードが機能するためには IE 11 のエンジンが必要であるため、IE 11 デスクトップ アプリケーションがデバイスから削除されることはありません。

iexplore.exe はデバイスから削除されますか?

いいえ。削除されません。アクセスしようとしても IE 11 は開かずに、Microsoft Edge にリダイレクトされます。

2022 年 6 月 15 日に Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポートが終了した後、Internet Explorer ベースのサイトやアプリは自動的に Microsoft Edge で開きますか? (2022 2 22 日 更新)

IE 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了後、IE 11 を開くと Microsoft Edge にリダイレクトされます。

法人のお客様の場合、Internet Explorer ベースのレガシ Web サイトやレガシ アプリにアクセスするには、Microsoft Edge で IE モードを設定する必要があります。IE モードの設定に関する詳細については、Getting Started ガイドをご参照ください。

一般的なエンド ユーザーが Internet Explorer ベースの古い Web サイトを開く必要がある場合は、サポート記事「Microsoft Edge の Internet Explorer モード」に記載されている手順に従って、手動で IE モードを有効にしてから該当する Web サイトを再度読み込むことができます。

Windows 更新プログラムで IE が無効化される際、まずはオプションの「C」プレビュー リリースに反映されるのでしょうか? (2022 4 14 日 追加)

はい。IE が無効化されると、Windows 更新プログラムの標準プロセスに従って、まずはオプションの「C」プレビュー リリースに反映され、その後「B」リリースに反映されます。Windows 更新プログラムの累積的な性質により、IE の無効化はその後の更新プログラムでも継続されます。

サポートと参考資料

Microsoft Edge のライフサイクルに変更はありますか?

Microsoft Edge のライフサイクルに変更はありません。Microsoft Edge のサポートは継続いたします。詳細については、Microsoft Edge のライフサイクルのページをご覧ください。

Internet Explorer 11 は、そのブラウザがインストールされている OS のライフサイクルが終了するまでサポートされると思っていましたが、サポートを短縮したのですか? (2021 年 6 月 3 日 追加)

注: このサポート終了の発表は、半期チャネルで提供される Internet Explorer 11 デスクトップアプリケーションに適用されます。市場に存在する Windows 10 LTSC および Windows Server のリリースは、この変更の対象外 (影響を受けない) となります。対象となるプラットフォームと対象外となるプラットフォームの一覧については、この FAQ の前半部分を参照してください。

今回の発表で影響を受けるプラットフォーム上の IE11 デスクトップアプリケーションでは、ポリシーの意図は変わりませんが、ライフサイクルポリシーでサポートされる特定のコンポーネントが変更されています。これまでは、ブラウザアプリケーションとして Internet Explorer がサポートされていました。Internet Explorer の将来は、Internet Explorer モード機能を備えた Microsoft Edge に移行ため、現在サポートされているコンポーネントは Internet Explorer モードでとなります。

IE モードのサポートは、これまでのポリシーステートメントに従い、Internet Explorer ブラウザアプリケーションのサポート期間と同様となります。IE モードは、インストールされた製品 (Windows OS) のライフサイクルポリシーに従い、少なくとも 2029 年までサポートされます。

Microsoft Edge の Internet Explorer モードでサイトを開けない場合はどうすればよいですか。Web サイトの互換性の問題はどこに問い合わせればよいですか?

法人のお客様で、サイトの読み込みエラーなどの互換性の問題が発生した場合は、App Assure チームに連絡して互換性サポートをお受けください。サポートのリクエストは、App Assure の Web サイトまたはメール ([email protected]) で受け付けています。

一般ユーザーの方で、ページの読み込みエラーが発生した場合は、サポート記事 Microsoft Edge の Internet Explorer モードの手順に従って、IE モードで読み込んでください。問題が解決しない場合は、[…] メニュー下 [ヘルプとフィードバック] の製品内フィードバック ツール、またはショートカット「Alt + Shift + I」から、フィードバックをお寄せください。フィードバック送信の際は、[診断データを送信する] のチェックをオンにしてください。

IE モードに関連する機能を含む、Microsoft Edge の今後の機能のロードマップはどこで見ることができますか? (2021 年 6 月 3 日 追加)

Microsoft Edge のロードマップは、Microsoft 365 ロードマップの一部として掲載されています。

Microsoft Edge や Internet Explorer モードの設定時に一般的な問題を解決するにはどうすればよいですか。トラブルシューティング ガイドは提供されていますか。(2022 2 22 日 追加)

IE モードの設定時に問題が発生した場合は、こちらのトラブルシューティング ガイドをご参照ください。このガイドでは、IE モードに関する全般的な FAQ に加えて、一般的な問題 (不適切なドキュメント モードの使用や中立サイトの未設定など) に対するトラブルシューティングのヒントを提供しています。

2029 年までの IE モードのサポート期間では、十分長いとは言えません。延長プログラムはないのでしょうか?

IE モードは少なくとも 2029 年までサポートいたします。また、IE モードの終了時期が決定したら、1 年前に告知いたします。

新しいクラウド サイト リスト管理エクスペリエンスにより、IT 部門はサイト リストをホストするためにオンプレミスのインフラストラクチャを必要とせず、クラウド上の認証済みエンドポイントに保存することができるようになります。サイト リストの作成、インポート、エクスポート、およびサイト リストのエントリに対する変更の監査は、Microsoft 365 管理センターから行うことができます。複数のサイト リストをクラウドに公開できるほか、グループ ポリシーを使用して、デバイスのグループごとに異なるリストを割り当てることができます。

技術的な詳細

MSHTML (Trident) エンジンとは何ですか。IE モードとどう関係しますか?また、WebOC MSHTA アプリはどうなりますか?

MSHTML (Trident) エンジンは、Internet Explorer 11 の基盤となるプラットフォームです。これは IE モードで使用しているエンジンと同じもので、引き続きサポートいたします (今回の発表の影響を受けません)。WebOC と MSHTA アプリは、今回の発表の影響を受けない MSHTML エンジンを利用しているため、引き続きサポートされます。MSHTML プラットフォームをベースとするカスタム アプリやサードパーティ製アプリを利用している場合は、引き続き動作します。今後のアプリ開発においては、WebView2 の使用をお勧めします。

自動化を通じて、 IE を利用するアプリケーションで問題が発生しました。これは修正されるのでしょうか? (2022 年4 月14日 更新)

IE11アプリケーションのサポート終了の一環として、特定の COM オートメーション シナリオが破損したケースが報告されていました。対象の IE COM オブジェクトは、Windows 11 November 2021 Update の「C」リリースと Windows 10 March 2022 Update の「B」リリースで元の機能に復元されています。COM シナリオは、2022 年 6 月 15 日以降に IE11 デスクトップ アプリケーションが無効化された後も引き続き機能します。上記の更新プログラムのインストール後も問題が発生する場合は、App Assure に連絡して修復サポートを受けてください。

IE モードでは、どのような IE 機能が利用できますか?Java や Silverlight などの Active X コントロールはサポートされますか? (2021 年 6 月 3 日 更新)

IE モードは、すべてのドキュメントモードとエンタープライズモード、Active X コントロール (Java、Silverlight等) 他に対応しています。サポートされるものとされないものの一覧は、Internet Explorer (IE) モードとはの Docs ページをご覧ください。

以前発表したように、Silverlight のサポートは 2021 年 10 月 12 日に終了します。詳しくは、Silverlight のサポート終了の記事をご覧ください。

IE モードでも IE のグループ ポリシーは機能しますか?

IE のグループ ポリシーは IE モードで動作することが保証されています。何らかの理由で問題が発生した場合は、App Assure に問い合わせてサポートを受けてください。サポートのリクエストは、App Assure の Web サイトまたはメール ([email protected]) で受け付けています。

サイトリストをクラウドでホスティングできますか? IE モードでのクラウドサイトリスト管理エクスペリエンスはどうなっていますか? (2021 年 11 月 19 日 追加)

はい、Microsoft 365 の管理センター内で、Cloud Site List Management のエクスペリエンスが 提供されています。

.mht と.mhtml のファイルは Internet Explorer 11 で開き、Microsoft Edge では開きません。どのようにしたらそれらを開くことができるようになりますか? (2021 年 6 月 29 日 追加)

Microsoft Edge および IE モードでの.mht および.mhtml ファイルのサポートは、Microsoft Edge のバージョン 92 で予定されています。詳しくは、Microsoft 365 ロードマップエントリーをご覧ください。なお、これらのファイルを IE モードで開くには、IE11 をこのファイルタイプの既定のハンドラーとして、IE11を設定する必要がありますので、ご注意ください。

IE モードには IE のバイナリーが必須で OS に残るため、セキュリティ更新は継続して提供されますか? (2022 年 2 月 21 日 追加)

はい、IE モードは IE バイナリーを利用しているため、2022 年 6 月 15 日に IE11 デスクトップアプリケーションが提供終了しサポートが終了した後も、Windows 10 の一部のバージョンでは少なくとも 2029 年まではセキュリティ更新を継続して提供します。MSRC のガイドラインに合致するセキュリティ脆弱性については、現在と同様にパッチを適用し続けます。

Microsoft Edge (Chromium ベース) と IE モード (MSHTML ベース) のセッション間で、Cookie によってセッション情報を共有することはできますか? (2022 4 14 日 追加)

はい。従来、IE モードの Cookie では、モダン エンジンを使用しているサイトからレガシ エンジンを使用しているサイトにセッション情報を渡しましたが、その反対はできませんでした。この問題に対応するため、IE モードを備えた Microsoft Edge では、Cookie を手動で設定して、モダンからレガシ、レガシからモダンの双方向に共有できるようになりました。これにより、ユーザー エクスペリエンスが向上すると共に、最新化に向けた段階的な取り組みの一環として、モダン サイトとレガシ サイトを組み合わせて使用できます (Windows March 2022 Update の B リリース以降および Microsoft Edge バージョン 99 以降が必要です)。

さらに、Microsoft 365 管理センターのクラウド サイト リスト管理エクスペリエンスに手動での Cookie 共有コントロールを組み込みました。これにより、必要に応じてクラウド サイト リスト内のサイトを指定して Cookie を共有できます。共有 Cookie の詳細については、こちらのページをご覧ください。

交流の場やベスト プラクティスをお探しの場合は、Windows Tech Community (英語) にご参加ください。

最新情報をぜひご確認ください。最新リリース、ツール、ドキュメントについては、このブログをお読みいただくか、Twitter アカウント @MSWindowsITPro をフォローしてください。

Join the conversation