3月 8, 2022 5:52 am

中小企業の力を引き出す Microsoft 365

Jared Spataro (Microsoft 365 担当コーポレート バイス プレジデント)

※ 本 Blog は、2022 年 3 月 1 日に投稿された Unleash the power of your small business with Microsoft 365 の日本語抄訳です。

この 2 年間は、あらゆる業界、あらゆる規模の企業が、新しい働き方、厳しい経営環境、変化し続ける顧客の期待に適応しなければなりませんでした。この間の変化を踏まえれば、安全で信頼性の高い生産性向上ツールやコラボレーション ツールを利用することのメリットは計り知れません。こうしたツールは、労働環境が新時代を迎える中で継続的にビジネスを成功させていくためのコミュニケーション、柔軟性、イノベーションを可能にします。中小企業 (SMB) も例外ではありません。ただ大事なのは、特有のニーズや課題に合わせてカスタマイズされたツールが必要だということです。

マイクロソフトはこの数か月間、それに対応した一連のイノベーションを発表し、中小企業が仕事の進め方や顧客サービスを変革できるよう支援してきました。そしてこのたび、この SMB 向けプラットフォームを発展させる、まったく新しいセキュリティ製品を発表いたします。中小企業の力を引き出すことに特化した製品です。

中小企業に万全のセキュリティ ソリューションを

ここ数年、あらゆる規模の企業でサイバー攻撃が増加しており、中でも SMB を狙った攻撃は、量も巧妙さも増しています。米国国土安全保障省によると、昨年はランサムウェア攻撃が 300% 増加し、その 50% 以上が中小企業を標的としたものでした 1。中小企業の場合は、攻撃を阻止・抑制し、対処するためのリソースやセキュリティの専門知識を持たないことがほとんどであるため、リスクは非常に高くなります。

マイクロソフトは「すべての人にセキュリティを」という信念の下、エンタープライズ クラスの新しい Microsoft Defender テクノロジを SMB に提供します。今回は 2022 年 3 月 1 日に Microsoft 365 Business Premium で Microsoft Defender for Business の一般提供を開始します。スタンドアロン版の一般提供も年内を予定しています。

Microsoft Defender for Business (英語) は、Microsoft 365 Business Premium で既に提供されている包括的なセキュリティおよび生産性向上スタックに、エンドポイントでの検出と対応 (EDR) などのテクノロジによる、クロスプラットフォームのエンドポイント保護と高度なランサムウェア防御を追加するもので、中小企業にとって一段と魅力的で充実した製品となります。

しかし、お客様を保護するだけでは不十分であることも理解しています。SMB は、自社の IT 環境の管理を信頼する IT パートナーに委託していることが多いため、2022 年 3 月 1 日から Microsoft 365 Lighthouse (英語) を一般提供し、パートナー様が大規模にお客様を保護できるよう支援します。Microsoft 365 Lighthouse は、さまざまな脅威、通常と異なるサインイン、デバイスのコンプライアンスにかかわるアラートを IT パートナー様が迅速に把握し対処して、お客様の安全を確保できるようにすることにより、お客様にとって万全のセキュリティ エクスペリエンスを実現します。

Microsoft Defender for Business

中小企業における会議、通話、チャット、連携を後押し

堅牢なセキュリティ サービスの Microsoft Defender for Business に加えて、Microsoft Teams のスタンドアロン版である Microsoft Teams Essentials では、企業が顧客にサービスを提供するために必要なひととおりの機能を提供しています。レストラン、小売店、専門サービスといったさまざまな中小企業が新しい方法で、簡単に会議、コラボレーション、コミュニケーション、サービス提供を行えます。

SMB の従業員の 3 分の 1 は、パンデミック後にリモートワークへ恒久的に移行することを求めています。そのためマイクロソフトは、この新しい現実に対応したソリューションを提供しています。職場環境のデジタル化に伴う大きな課題の 1 つは、効率的かつ低コストな方法で従業員間の連携を維持することです。

Teams Essentials は顧客、取引先、共同作業者をすべて 1 つの場所に集めることで、その課題に対応できるようにします。最大 30 時間のグループ ビデオ通話、グループ チャット、ファイル共有、カレンダーの統合などの機能が提供されます。IT の専門知識を必要とせず、Teams アカウントを持っている人も持っていない人も、簡単かつ効果的に会話に参加できます。1 ユーザーあたり月額わずか 4 ドルと、現在市場に出回っているオールインワン ソリューションの中で最も手ごろな価格となっています。

Teams 会議

Windows 365 クラウド PC でビジネスをスケーラブルに

Windows 365 により、マイクロソフトは Windows をクラウドに移行し、状況変化への対応に必要な柔軟性を SMB に提供しています。Windows 365 では、ユーザーが使用するアプリ、コンテンツ、設定など、デスクトップ エクスペリエンス全体をあらゆるデバイスに安全にストリーミングできるため、従業員はオフィスでも自宅でも、また個人のデバイスでも、どこででも安全な Windows 365 で仕事をすることができます。

季節的な需要、ビジネスの急成長は、SMB ではよくあることです。Windows 365 では、新入社員、ベンダー、契約社員、インターン、信頼するパートナーのオンボーディングやオフボーディングに合わせて Windows 365 クラウド PC の台数を増減できるため、急な変化にすばやく簡単に対応できます。ビジネス クリティカルな情報をデバイスではなくクラウドに保存することにより、状況が変化する際のセキュリティ リスクを最小限に抑えつつ、従業員がすぐに生産性を発揮できるようにすることが可能です。

中小企業のニーズに応えることを目的とした Windows 365 クラウド PC は、IT 担当者も、管理を担当している一般ユーザーも、簡単にセットアップして展開できます。また、ユーザー単位、月単位で購入できるため、予算の範囲内でご利用いただけます。

Windows 365

今後の展望

ここでお伝えした情報は最新のものですが、SMB をサポートするマイクロソフトの取り組みが終わったわけではありません。これまで SMB は、コンシューマー向けソリューションや商用ソリューションが特有のビジネス ニーズに最適なものではなくても、それらをつぎはぎにして利用するしかありませんでした。マイクロソフトとしても、より適したソリューションへのニーズをひしひしと感じていました。こうして、SMB のお客様が将来への道筋を描けるような、すべてが揃う最適なプラットフォームを提供できることを嬉しく思います。

以下の最新の製品と詳細をご覧になり、自社のビジネスに最適なものをお選びください。


1DHS secretary warns ransomware attacks on the rise, targets include small businesses (米国国土安全保障省長官がランサムウェア攻撃の増加に警鐘、中小企業も標的に、英語)」、Luke Barr、ABC ニュース、2021 年 5 月 6 日

Microsoft 365

Join the conversation