September 8, 2016 10:02 am

Windows 10 とフィードバック (1) : Windows 10 は日本の皆さまからのフィードバックを必要としています!

皆さま、こんにちは。Windows & Devices 開発統括部の入谷(@msdmairitan)です。

Windows 10 Anniversary Update がリリースされました。このリリースには、皆さまから頂いたフィードバックに基づく改善が数多く含まれています。Windows 10 の開発では皆さまからのフィードバックが非常に大きな役割を担っています。

そこで、フィードバックに関して皆様に知っておいていただきたいことを、2 回に渡ってご紹介します。1 回目であるこの記事では、マイクロソフトに Windows 10 のフィードバックを送る方法と、日本からのフィードバックの重要性についてご説明します。

Windows 10 に関する問題の報告や改善の提案にフィードバック Hub をご利用ください

フィードバック Hub アプリは、Windows やアプリに関する問題や改善の提案を Windows の開発チームにお送りいただくための場所です。これは、かつて存在していた「Windows フィードバック」と「Insider Hub」という 2 つのアプリケーションが統合されたアプリです。このアプリは、Windows ストアからダウンロードすることができます。

投稿されたフィードバックは Windows の開発者が直接目を通し、開発を進める参考にしています。エンジニアが実際にどのように皆さまのフィードバックに取り組んでいるか、その裏側に興味をお持ちの方は、Windows Insider Program のフィードバックを Windows 10 の開発に役立てるしくみもご覧ください。

既存のフィードバックを検索して賛成票を投じるには

賛成票の多いフィードバックはより優先して対処されやすくなります。賛成票はクリックするだけで送信することができます。自分と同じ意見のフィードバックが有るときには、是非積極的に賛成票を投じてください。

  1. タスク バーにある検索ボックスに “フィードバック Hub” と入力して、表示される [フィードバック Hub] をクリックします。
    "フィードバック Hub" と入力したときのスタート メニュー
  2. フィードバック Hub アプリが起動したら、[フィードバック] の見出し下にある検索ボックスに検索キーワードを入力して、入力欄右端の虫眼鏡アイコンをクリックします。空白で区切ることで複数の検索キーワードを指定することができます。
    フィードバック Hub のホーム画面
  3. [フィードバック] 画面が表示され、検索キーワードに関連する既存のフィードバックが表示されます。[そのコメントに一票] をクリックすると、そのフィードバックに賛成票を投じることができます。
    フィードバック Hub の [フィードバック] 画面
  4. 各項目をクリックすると、その詳細が表示されます。[コメントの記入] 欄ではユーザー同士でコメントを交わすことができます。マイクロソフトのエンジニアから返信が有る場合にも、ここに表示されます。[Bing で翻訳] をクリックすると、Bing 翻訳で英語の返信を日本語に翻訳することができます。
    フィードバック Hub のフィードバック詳細画面

新しいフィードバックを投稿するには

報告したい問題や提案が既存のフィードバックに見つからない場合には、新しいフィードバックを投稿することができます。

  1. フィードバック Hub アプリの [フィードバック] 画面で [+ 新しいフィードバックの送信] をクリックします。
  2. [フィードバックの種類] と [フィードバックの要約] に報告したい問題または提案を記述します。可能であれば、[詳細な内容(オプション)]・カテゴリとサブカテゴリ・スクリーンショット・監視で、より詳細な情報をご提供ください。より製品に反映されやすいフィードバックの書き方については、次回の記事を参照ください。
    フィードバック Hub の [新しいフィードバック] 画面
  3. 画面をスクロールして最下部にある [送信] をクリックしてフィードバックを送信します。

マイクロソフトは日本からのフィードバックを重要視しています

今回特に皆さまにお伝えしたいことは、マイクロソフトは日本のユーザーの皆さまからのフィードバックを重要視している、ということです。マイクロソフトが米国に本社を置く企業であることから、日本のユーザーの方の中には「マイクロソフトは日本からのフィードバックを軽視あるいは無視しているのではないか」と考えられている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それは事実ではありません。

マイクロソフトは日本からのフィードバックを必要としています。それは、日本のユーザーの皆さまが、日本語入力やマルチバイト文字(全角文字)の扱い等の日本語固有の問題、あるいは特に日本での重要性が高い問題に直面する可能性が高いからです。そのような視点からのフィードバックは、Windows が世界中の人々から愛されるプラットフォームになるための、非常に重要な要素の一つです。

日本でも既に多くの方からフィードバックをいただいていますが、Windows 10 ユーザー全体の数と比較すると、フィードバックをしてくださる方やフィードバックそのものの数はまだまだ不足しています。特に日本語入力やマルチバイト文字(全角文字)の扱いなど日本固有の課題については、より多くのフィードバックが必要です。

なお、日本語で書かれたフィードバックは、日本語話者が目を通しています。重要なものや賛成票の多いものを中心に、必要であれば翻訳や問題の説明を行うことで、日本以外の担当チームでも日本語のフィードバックに対応できるようにしています。

フィードバックは Windows 10 の開発に大きな影響を与えています

皆さまの中には「フィードバックを送っても実際どの程度製品に反映されるだろう」と思われている方もいらっしゃるかと思います。Windows 10 Anniversary Update では、フィードバックに基づき多くの点について変更が施されました。具体的な変更内容については Windows Insider Program のこれからをご覧ください。

また、日本の開発チームでも、日本語入力 (IME) を中心にフィードバックを基にした改善を実施しました。こちらについては Windows 10 Anniversary Update 日本語入力 (IME) 関連の改善をご覧ください。

技術的問題等で解決に長い時間お待たせしてしまっている場合が有るのも事実です。その場合でも、フィードバックは優先順位を決めたり様々な角度からの意見を得たりするのに重要な役割を果たしています。より多くのフィードバックへ迅速にお応えできるよう、今後も取り組みを続けてまいります。

まとめ

マイクロソフトは日本の皆さまからのフィードバックを重要視しています。フィードバック Hub から、Windows 10 に関する問題や改善案のフィードバックを是非お送りください。次回の記事では、フィードバックがより製品に反映されやすくなるために、皆さまに知っておいていただきたいことをご紹介します。

Updated June 28, 2018 4:59 pm

Join the conversation