Posts in Microsoft 365

Microsoft Viva Engage を発表
Microsoft 365

Microsoft Viva Engage を発表

By Japan Windows Blog

※ 本 Blog は、米国時間 2022 年 7 月 19 日に投稿された Announcing Microsoft Viva  の日本語抄訳です。 ハイブリッド ワークとリモート ワークが普及し、人々は互いのつながりや組織のミッションとの結び付きを感じにくくなり、職場での人間関係と連帯感が希薄になっています。経営陣は、従業員の期待に応える革新的な従業員エクスペリエンスを提供しながら、日常業務に帰属意識、連帯感、インスピレーションをもたらす責務を負っています。マイクロソフトの「Work Trends Index」によると、経営陣の 43% (英語) は、人間関係の構築がハイブリッド ワークとリモート ワークの最大の課題であると考えています。それでも、組織の成功にとって社会関係資本の構築は欠かせません。本日、Microsoft Inspire で Microsoft Viva Engage を発表 (英語) しました。これは Microsoft Viva の最新アプリで、従業員やチームが、職場で最高のパフォーマンスを発揮し、積極的に発言し、組織の一員であることを実感できるようにするために設計されました。Viva Engage により、すべての従業員のコミュニケーションと関与の機会を広げることで、経営陣は新たな方法によって、社内で文化を形成できるようになります。Yammer を基盤として構築された Viva Engage… Read more

Microsoft Defender for Business で中小企業向けサーバー保護機能のプレビュー提供を開始
Microsoft 365

Microsoft Defender for Business で中小企業向けサーバー保護機能のプレビュー提供を開始

By Japan Windows Blog

※ 本 Blog は、米国時間 2022 年 7 月 13 日に投稿された Server protection for small business now in preview within Microsoft Defender for  の日本語抄訳です。 Microsoft Defender for Business は、エンタープライズ グレードのエンドポイント セキュリティ機能を中小企業のお客様に提供し、ランサムウェアやマルウェアなどのサイバー脅威からデバイスを保護できるよう支援します。Microsoft 365 Business Premium をご利用のお客様には、2022 年 3 月 1 日よりエンドポイント セキュリティ機能の一般提供を開始しました。また、Microsoft… Read more

ハイブリッド ワーク 2022 ~リモート ワークの先へ! 新しい働き方の多様性~
Microsoft 365, Surface, Windows 11, Windows Defender ATP

イベントレポート:ハイブリッド ワーク 2022 ~リモート ワークの先へ! 新しい働き方の多様性~

By Japan Windows Blog

日本マイクロソフト自身の実践から得た知見やベストプラクティス、ソリューションをご紹介する「ハイブリッド ワーク 2022 ~リモート ワークの先へ! 新しい働き方の多様性~」が6月9日(木)に開催されました。ご視聴いただいた982名の皆さまには、この場を借りてお礼申し上げます。ライブ中継された本イベントは7月1日(金)から9月30日(金)までオンデマンドでもご視聴いただけます。こちらのイベントレポートともにぜひご覧ください。 マイクロソフトはなぜ “ハイブリッド ワーク” に挑むのか? ~ パンデミック対応で学んだ光と影 ~ COVID-19 (新型コロナウイルス感染症)は私たちの働き方を大きく変えました。過度なリモートワークは人間関係の構築や共同作業において「負の側面」が浮かび上がる一方で、この状況下で新たな業務スタイルや人生設計に挑戦する人たちが現れ、組織力や環境負荷に対する利点も見えてきました。マイクロソフト自身が実施してきた様々な調査結果を基に「日本マイクロソフトの ハイブリッド ワークの試み」についてお伝えしました。 日本マイクロソフトのワークスタイル変革の指針 より社会に貢献していこうという【社会づくり】 イノベーションのスイッチとして重要な人の活躍や安心を提供していく【人づくり】 新しい仕事をつくっていこう、デザインしていこう【仕事づくり】 日本マイクロソフトでは、大きくこの3つの指針を軸にワークスタイル変革を進めています。 この方針は2018年に、組織を横断して結成された「ワークスタイル変革チーム」が発足した際に定められました。日本マイクロソフトでは2007年から在宅勤務を制度化し、「いつでも、どこでも、活躍できる」フレキシブルワーク環境に取り組んできましたが、同時に業務プロセスを見直し、ルーティンワークをできる限り自動化するなどして、さらなる変革に挑戦してきました。 手島 「いわゆるピラミッド構造の組織モデルではなく、ホラクラシー(意思決定やマネジメントを自律的なチームに分散し、それぞれのチームが能動的に活動する組織管理システム)な分散型ネットワーク型で考え、プロジェクトの目的にあわせてオーナーを決め、仲間が協力して知恵を出し、議論を交わしながらドライブしていくようなコラボレーション、メンバーの組み方を進めてきました」 日本マイクロソフトでは、2019年に社員一人一人が、仕事(ワーク)や生活(ライフ)の事情や状況に応じた多様で柔軟な働き方を、自らがチョイス(選択)できる『ワークライフチョイス チャレンジ 2019 夏』を実践して注目を集めました。手島は当時のことを次のように説明しています。 手島 「メディアでは『マイクロソフトが週休3日制になった』と報道されて、周りからの反響も大きかったのですが、週休3日制を目標にしていたわけではありません。社員自身が考えるベストな働き方に対して、リテラシーを持ってどう取り組んでいくのか、その調整の場を作ったということだけです。言い換えれば、毎日の選択肢をどのようにベストな結果に導けるかに取り組んだと言えます」 そんな日本マイクロソフトでも、COVID-19への対応に際して、新たな課題が現れました。関係者が衝撃を受けたのは、激しいリモートワークが組織のエンゲージメントを低下させているという調査結果です。一方で、COVID-19と共生、あるいは終息したあとで、35%の社員がフルリモートを、63%の社員がハイブリッドワークを希望し、従来と同じように働きたいと考える社員はわずか2%と、以前のように朝出社し、夜退社するような働き方には戻りたくないと考えていることも明らかになりました。 手島 「今はどんどん物事が多様化されています。今後は世界中どこにおいても、この多様化は進んでいくでしょう。主体性の軸と、多様性の軸をどのように、働く人、1人1人が考えるのかが肝心だと思います。例えば、これまでは福利厚生の制度によるワークライフ バランスを受け取ってきたわけですが、これからはバランスを“とる”のではなく、バランスを“選択する”ことが重要だと考えています。選択をするためには、その人のやりがいのスイッチを明確にすることが必要であり、そのために『こういうこうとやりたい』『もっとこうしたい』という創造性を増やしていく必要があります。このやりがいを創造して、引っ張っていくことが、いま日本マイクロソフトで1番力に入れていることです」 織田 「主体性は正直、あまり出してはいけないのではないかと最初の頃は考えていました。あまり出してしまうと別の道を…というような印象が我々世代にはありました。ただ、皆さん当たり前ですが、やりがいのスイッチはそれぞれ持っているのですよね。ハイブリッドワークになって、それが主張しやすくなったと感じています。自分自身の仕事の役割もあるし、責務ありますが、そもそも何をしたいのか、目的はなにか、そういうところに自分の強い思いや意思があって、ようやく、多様化された環境の中で、いろんな人とコラボレーションしながら、創造性が育まれるのだと思います。主体性をどう引き出すかが、最も大事だと思います」 個人と組織のパフォーマンスを引き出す鍵となる! 従業員エクスペリエンスの真価 ウェルビーイングや従業員エクスペリエンスへの関心が高まっています。これらは単なるトレンドワードではなく、組織運営や経営課題の解決手法として、海外で注目を集め、日本でも多くの企業が取り組み始めています。2つめのセッションでは「従業員エクスペリエンス」の価値について、日本マイクロソフトの人事や市場動向の観点からお届け致しました。 Microsoft VivaやTeamsのマーケティングを担当する加藤は “従業員” にまつわる調査データを取り上げ、9割以上の従業員が学習や人材育成に積極的な投資を行う企業で長く働きたいと答え、企業側から見た際もエンゲージメントの高い従業員はそうでない従業員よりも職場への定着率が12倍高く、ビジネスへの直接的な還元という点においてもエンゲージメントの高い組織は顧客満足度において10%高い、と従業員エンゲージメントの重要性を説明しました。   加藤 「日本マイクロソフトの調査では、53%の社員が以前と比べて仕事よりも健康を優先するようになると回答しています。これはリモートワークでの孤独感が強まっていることを示していると思われます。リモートワークの普及により、企業には以前と異なる価値感が求められています」… Read more

Microsoft 365 Family
Microsoft 365

家族のためのお得なサブスクリプション「Microsoft 365 Family」を 2022 年 7 月 19 日 (火) より日本国内向けに提供開始

By Japan Windows Blog

日本マイクロソフトは、これまで個人向けのサブスクリプション サービスである Microsoft 365 Personal の提供を通じて、皆さんが時間を最大限に活用したり、家族や友人とのつながりを深めたり、大切な人や情報を守ったりできるようにしてきました。 当社では、Microsoft 365 Personal で提供してきた価値を、より多くの方にご利用いただきやすくするために、家族のためのお得なサブスクリプションである「Microsoft 365 Family」を、2022 年 7 月 19 日 (火) より日本国内向けに提供開始します。 Microsoft 365 Family は、Microsoft 365 Personal で利用できる常に最新の Office アプリや、強固なセキュリティを備えた 1TB のクラウド ストレージの OneDrive、追加費用無しで何度でも利用できるテクニカルサポート、マルチデバイスでのアプリの使用などのサービスを、最大 6 人まで利用いただけるサブスクリプション サービスです。Microsoft 365 Family のご契約者は、デジタル環境と物理環境の双方で家族の安全を守るよう設計された Microsoft ファミリー… Read more

Microsoft Teams の新機能 | 2022 年 5 月
Microsoft 365

Microsoft Teams の新機能 | 2022 年 5 月

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 5 月 31 日に公開された “What’s New in Microsoft Teams | May 2022” の抄訳です。 5 月の Teams 最新情報では、会議出席依頼を活用して働き方を強化する方法をご紹介します。また、ビデオの映像を見やすくする機能や、カスタマイズ オプションのさらなる強化などがあります。前置きはこれくらいにしましょう。ぜひ最後までお読みいただき、コメント欄でご意見をお聞かせください。 Teams のパフォーマンスに関する機能強化 デバイス チャットとコラボレーション 管理 教育機関向け機能 現場の最前線で働く従業員向け機能 政府機関向け機能 Teams のパフォーマンスに関する機能強化 Microsoft Teams アプリが Microsoft Store に登場 Microsoft Store で、待望の Teams… Read more

中小企業向け Microsoft Defender for Business | サイバーセキュリティ調査から見えたトレンドと協賛パートナー紹介
Microsoft 365

中小企業向け Microsoft Defender for Business | サイバーセキュリティ調査から見えたトレンドと協賛パートナー紹介

By Japan Windows Blog

~日本マイクロソフトが中小企業に最適化したセキュリティツールの提供で、サイバー攻撃への対策を支援~ 日本マイクロソフト株式会社 (以下、日本マイクロソフト) は、中小企業向けに最適化したセキュリティツール「Microsoft Defender for Business (ディフェンダーフォービジネス)」を 2022 年 5 月より提供を開始しました。 サイバー犯罪の商業化により、中小企業に対する攻撃の頻度が高くなり、内容も巧妙化していることから、とくにランサムウェアなどのサイバー攻撃による業務の中断が懸念されています。中小企業にとってこうした問題は、財務面、運用面、そして取引先企業や顧客の信頼に大きな影響を与えるおそれがあることや、社内に専門知識のある従業員がいない等の事情により、その対策が困難になりがちです。日本マイクロソフトは、中小企業がサイバー攻撃への対策をより簡単に導入でき、既存のウイルス対策をさらに強化できるセキュリティツールとして、Microsoft Defender for Business の単体製品の提供を開始しました。これまで提供してきた、大企業向けのセキュリティ機能を中小企業向けに特化し、単体製品として提供することで、中小企業がサイバー攻撃の脅威に対して、より迅速に対応できるよう支援します。 日経 BP コンサルティング「勤務先のサイバーセキュリティ調査」※一部概数で表現 ■セキュリティに対する懸念の実態 日経 BP コンサルティングが実施した「勤務先のサイバーセキュリティ調査」によると、勤務先のシステムへのサイバー攻撃やその被害について懸念を感じていると回答した人が大企業~中小企業全体で 87% にのぼることが分かりました。 また、サイバー攻撃を受けたことがあると回答した人は全体の 3 割に及ぶ一方で、勤務先のサイバーセキュリティ対策がどの程度できているかとの問いに対して、できていると回答したのは 6 割にとどまっており、サイバー攻撃に懸念を感じていても十分な対策ができていない企業がある状態だと考えられます。 ■ランサムウェア対策の現状 今回の調査によると、ランサムウェアに対する認知は 100% に近いことが分かりました。また内容の理解も完全とは言えないものの、ある程度は進んでいます。しかし、対策は十分とは言えません。ランサムウェア対策を明確に実施していると答えたのは、大企業・中堅企業で %、中小企業ではわずか % にとどまりました。(下記図①) <中小企業のランサムウェアへの対策が遅れている> 図①.… Read more

Microsoft 365

Microsoft 365 電子帳簿保存法対応に関するホワイトペーパー 公開

By Japan Windows Blog

この度、Microsoft 365 電子帳簿保存法対応に関するホワイトペーパーを公開致しました。 Microsoft 365 電子帳簿保存法対応ホワイトペーパー このドキュメントでは、電子帳簿保存法について概説し、関連する Microsoft 365 に含まれる、Microsoft SharePoint Online、OneDrive for Business、Microsoft Teams の機能について説明します。 また本ドキュメントは、SharePoint Online、OneDrive for Business、Teams の標準機能を利用し、電子帳簿保存法の要件を満たすための実装案や注意すべき点の概要を提供することを目的としています。 尚、本ドキュメントで根拠としている各法令・通達は 2022 年 1 月時点で施行されているものであり、改正等が生じた場合には、最新の法令、通達に準拠して対応を実施いただきたいと存じます。 Read more

従業員エクスペリエンスに目的と連携をもたらす Microsoft Viva Goals
Microsoft 365

従業員エクスペリエンスに目的と連携をもたらす Microsoft Viva Goals

By Japan Windows Blog

執筆者: Vetri Vellore (Microsoft Viva Goals 担当コーポレート バイス プレジデント) ※ 本 Blog は、米国時間 2022 年 5 月 16 日に投稿された Microsoft Viva Goals brings purpose and alignment to the employee experience の日本語抄訳です。 この 2 年間でワークスタイルは大きく進化し、ハイブリッド ワークが現実のものとなり、従業員の期待も従業員エクスペリエンスへとシフトしました。最近のマイクロソフトの調査によると、従業員の 77% が、雇用主が仕事における目的意識と意義を提供することが重要または非常に重要だと回答しています。同時に、従業員の 69% が、勤務時間ではなく、成果に対して報酬を与えられることが重要または非常に重要だと回答しています1。 従業員は、企業の目標やミッションとの強いつながりを感じて貢献する以外にも、成長し、成果を出して、変化をもたらしたいと考えています。同様に、企業にとって最高の状態とは、従業員とチームが目標を明確に把握して共通理解を形成し、望ましいビジネス成果の達成に向けて足並みを揃えている場合です。従業員エクスペリエンスとビジネス成果をつなぐためには、明確かつ一貫性のあるビジネス目標設定プロセスが必要になります。 このたび、新しいビジネス目標設定および管理モジュールである… Read more

中小企業向けの新エンドポイント セキュリティ機能が Defender for Business で利用可能に
Microsoft 365

中小企業向けの新エンドポイント セキュリティ機能が Defender for Business で利用可能に

By Japan Windows Blog

※ 本 Blog は、米国時間 2022 年 5 月 2 日に投稿された New endpoint security for small and medium businesses now available with Defender for  の日本語抄訳です。 全世界の企業の 90%1 を占める中小企業 (SMB) は、入手しやすく大規模に運用できるコモディティ化したサイバー犯罪ツールの標的となっています。実際に SMB の 52% が、大企業よりも標的にされやすく、損害も大きいと訴えています2。 ビジネスを保護することは最重要課題ですが、それを効果的に行うために、十分な機能を備え簡単に利用できるセキュリティ ツールを選択する必要があります。今日の SMB の多くは、ウイルス対策機能を利用してはいるものの、完全なエンドポイント セキュリティを構築していないため、リスクにさらされ続けています。Microsoft 365 Business… Read more

マイクロソフト、中小企業の保護を支援する Defender for Business をリリース
Microsoft 365

マイクロソフト、中小企業の保護を支援する Defender for Business をリリース

By Japan Windows Blog

Vasu Jakkal セキュリティ、コンプライアンス、ID、および管理担当コーポレート バイス プレジデント ※ 本 Blog は、米国時間 2022 年 5 月 2 日に投稿された Microsoft launches Defender for Business to help protect small and medium businesses の日本語抄訳です。 米国では National Small Business Week1 が始まりました。中小企業 (SMB) は、全世界の企業の 90%、雇用の 50% 以上を占め、私たちの経済を支えています。2 今週は SMB… Read more