Posts in Microsoft 365

Microsoft Teams の新機能 | 2022 年 4 月
Microsoft 365

Microsoft Teams の新機能 | 2022 年 4 月

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 4 月 29 日に公開された “What’s New in Microsoft Teams | April 2022” の抄訳です。 Teams に関する 4 月の最新情報では、魅力的な新機能をご紹介します。ウェビナーの招待を簡潔にする新しい方法、音楽と周囲の雑音を区別する音声検出、現場担当者と医療業界のエクスペリエンスを向上させる方法などがあります。ぜひ最後までお読みいただき、ご質問やご意見をコメント欄までお寄せください。 会議 通話 デバイス チャットとコラボレーション Power Platform とカスタム開発 管理 教育機関向け機能 現場担当者向け機能 政府機関向け機能 会議に関する新機能 他のクラウドの会議への匿名での参加 Teams デスクトップ アプリから他のクラウドの会議に匿名で参加できます。従来、自社テナントとは別のクラウドで開催される会議に参加する場合には、Web ブラウザ版の Teams を使用するように案内されました。今後は、商用ユーザーが GCC、GCC-High、DOD クラウドの会議にデスクトップから参加できるようになり、会議のエクスペリエンスが向上します。この機能は、既存の… Read more

IT ツールおまとめ コスト削減シミュレーター公開
Microsoft 365

IT ツールおまとめ コスト削減シミュレーター公開!

By Japan Windows Blog

マイクロソフトは、中堅・中小企業向けに、簡単に Web ページ上で IT ツールコストの削減をシミュレーションいただける「IT ツールおまとめ コスト削減シミュレーター」(Web Site: ) を公開しました。 現在、中堅・中小企業の決裁権者、IT 管理者の皆様の関心が、Covid-19 感染拡大時期の 2020 年に緊急導入した IT ツールの再評価とコスト削減に向かっているといわれています。 このような「IT ツールのコスト削減効果を知りたい」とお考えの皆様向けに、IT コストの最適化を簡単にシミュレーションして頂くための「IT ツールおまとめ コスト削減シミュレーター」を公開させていただきました。 このツールで実現可能な内容 1~300 ユーザーまでシミュレーション 利用サービスの選択と、単価のカスタマイズ 現在利用している IT サービスを、Microsoft 365 におまとめていただいた場合のコスト削減額 オススメの Microsoft 365 製品のご提案 コスト削減トータル予測金額を PDF 出力 IT ツールおまとめ… Read more

Microsoft Teams の新機能 | 2022 年 3 月
Microsoft 365

Microsoft Teams の新機能 | 2022 年 3 月

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 3 月 31 日に公開された “What’s New in Microsoft Teams | March 2022” の抄訳です。 Teams に関する 3 月の最新情報をお届けします。今月は、充実した新機能に関する最新情報をご紹介します。すべての Teams ユーザーが積極的に参加できる効率的な会議エクスペリエンスの実現を目標として、今回の新機能が皆様にどのような影響をもたらすかをご確認ください。医療業界から、現場担当者やエンド ユーザーの会議エクスペリエンスまで、盛りだくさんの内容でお届けします。 Teams のパフォーマンスに関する機能強化 会議 通話 デバイス チャットとコラボレーション Power Platform とカスタム開発 管理 教育機関向け機能 現場担当者向け機能 政府機関向け機能 医療向け機能 中小企業向け機能 Teams のパフォーマンスに関する機能強化 Teams… Read more

新しい Whiteboard の紹介
Microsoft 365

新しい Whiteboard の紹介

By Japan Windows Blog

※ 本 Blog は、米国時間 2021 年 9 月 28 日に投稿された Welcome to the new Whiteboard! の日本語抄訳です。 世界規模のパンデミックにより、働き方や学び方に変化が現れています。社会全体がハイブリッドな環境に適応するようになれば、この変化が「ニュー ノーマル」となるでしょう。この 1 年半の間に、世界中でハイブリッド ワークの導入が進み、目覚ましい発展を遂げています。 Microsoft Whiteboard も、人々が集う、リッチなビジュアル コラボレーション ワークスペースとして急速に進化しており、チームメンバーでしっかり連携しながらアイデアを膨らませ、創造を生み出すことを可能にしています。このたびマイクロソフトは、場所を問わず充実したハイブリッド ワークとコラボレーションを実現する、Whiteboard の新たなイノベーションを発表します。 それでは、今回リリースされる機能、来月リリースされる機能、今後の予定を紹介していきます。 今回リリースされる機能 以下の機能は、本日より Web、Teams、Android で利用可能です。Windows と iOS 向けの新しい Whiteboard は来月提供予定です。 新しいモダンな外観と操作性 新しい Whiteboard… Read more

Operator Connect Mobile を発表: Microsoft Teams 電話向けのモバイルファースト エクスペリエンスを提供
Microsoft 365

Operator Connect Mobile を発表: Microsoft Teams 電話向けのモバイルファースト エクスペリエンスを提供

By Japan Windows Blog

※ 本 Blog は、米国時間 2022 年 3 月 16 日に投稿された Announcing Operator Connect Mobile, delivering mobile-first experiences for Microsoft Teams Phone の日本語抄訳です。 約 8,000 万人のアクティブ ユーザーを擁する Microsoft Teams 電話は、全世界のデジタル トランスフォーメーションの中核を成しており、企業がつながりと生産性を維持するために必要な柔軟性、信頼性、機能性を提供してきました。 本日、Teams 電話イノベーションの次のフェーズとなる Operator Connect Mobile (英語) を発表いたします。これは、ユーザーの携帯電話番号を Microsoft Teams のコラボレーションおよび生産性の機能に統合するシームレスな方法です。Operator… Read more

思いのままにコンテンツを配信できる PowerPoint の機能強化: カメオ、レコーディング スタジオ、スピーカー コーチ
Microsoft 365

思いのままにコンテンツを配信できる PowerPoint の機能強化: カメオ、レコーディング スタジオ、スピーカー コーチ

By Japan Windows Blog

※ 本 Blog は、米国時間 2022 年 3 月 16 日に投稿された Deliver content your way with PowerPoint enhancements: cameo, recording studio and speaker coach の日本語抄訳です。 PowerPoint のカメオ 9 月の Ignite で、マイクロソフトはカメオ機能を発表 (英語) しました。カメオは新しい PowerPoint エクスペリエンスです。カメラ フィードをプレゼンテーションにシームレスに統合して、発表者が自分をスライドのどこにどのように表示するかをカスタマイズでき、PowerPoint のデザイナーで推奨レイアウトを確認して表示を最適化できます。この機能は現在、Office Insider プログラム (英語) で提供中で、今後数か月のうちに一般提供が開始されます。カメオを使ってプレゼンテーションを行う方法について、詳細はこちらをご確認ください。… Read more

Microsoft Teams Rooms のFront row レイアウト
Microsoft 365

Microsoft Teams Rooms および Teams デバイスによるハイブリッド エクスペリエンスの向上

By Japan Windows Blog

※ 本 Blog は、米国時間 2022 年 3 月 16 日に投稿された Elevating hybrid experiences with Microsoft Teams Rooms and Teams devices の日本語抄訳です。 オフィス勤務が再開されていることに伴い、マイクロソフトと Teams デバイスのハードウェア パートナーは、ハイブリッド会議を支援するべく、新たなイノベーションを導入します。多くの人々がリモート ワークに慣れてきた一方で、再びオフィスで同僚と一緒に働くことを願ってやまない人もいます。このたび、両方のワーク スタイルの優れた点を組み合わせて、インクルーシブでコラボレーションに適したハイブリッド会議を実現する、マイクロソフトの計画について詳しくお伝えします。 Microsoft Teams Rooms の Front row レイアウト Front row は Microsoft Teams Rooms… Read more

Microsoft Teams 5 周年を祝して
Microsoft 365

Microsoft Teams 5 周年を祝して

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 3 月 14 日に公開された “A Community Celebration: Microsoft Teams 5 Year Anniversary” の抄訳です。 5 年前の 2017 年 3 月 14 日に、Microsoft Teams の一般提供が開始され、この日はお客様、パートナー様、従業員にとって大きな節目となりました。マイクロソフトは、コミュニケーションおよびコラボレーション ツールのマイクロソフトの構築経験と、マイクロソフト製品や業界全体の製品に関するフィードバックから学ぶという、独自の視点でアプローチを始めました。Brian MacDonald を筆頭に、小規模ながらも熱意のあるチームが社内のハッカソン プロジェクトを開始し、マイクロソフト全体のクラウド サービスで新しいアプリケーションを作成しました。プロジェクトが発展し、グループがアプリケーションを一日中作業に使用できるようになると、製品開発チームはフィードバックに基づいて迅速に作業を繰り返しました。まずマイクロソフト社内から、その後 2016 年にお客様やパートナー様からのご意見も反映しました。Teams でチャネル、会議、ドキュメントが使用されると、毎時全世界のあらゆる規模のお客様からのデータやインサイトが製品開発チームに提供され、製品の改良に役立てられます。これは現在も行われています。Teams はマイクロソフトの働き方を変革し、お客様やパートナー様の働き方改革を後押ししてきました。 リリース後わずか数か月で、同期と非同期のコラボレーション機能を独自の手法で組み合わせたこの 1 つの製品が反響を呼んでいるのは明らかでした。最初の 2 年間で Microsoft… Read more

Microsoft Teams と Microsoft 365 でハイブリッド ワークへの新たな期待に応える 3 つの方法
Microsoft 365

Microsoft Teams と Microsoft 365 でハイブリッド ワークへの新たな期待に応える 3 つの方法

By Japan Windows Blog

Microsoft Teams 担当バイス プレジデント、Nicole Herskowitz ※ 本 Blog は、米国時間 2022 年 3 月 16 日に投稿された 3 ways to meet new hybrid expectations with Microsoft Teams and Microsoft 365 の日本語抄訳です。 5 年前、Microsoft Teams でコラボレーションとチームワークのためのハブを構築する取り組みを開始しました。当時の職場ではビデオ会議が一般的ではなかったものの、1 つの製品で非リアルタイムとリアルタイムの両方のコラボレーションに対応すれば、同僚と一緒に働き、学び、つながる方法を刷新するユニークな機会となることは当初から明らかでした。 この節目を迎えるにあたり、マイクロソフトが最大限の成果を発揮するモチベーションとなったお客様やパートナー様にお礼申し上げます。病院、学校、非営利団体、企業など、多くのお客様が Teams を利用して目標を達成していることを光栄に思います。 現在、 億人以上が Teams… Read more

Microsoft 365 Personal 新生活応援 キャッシュバック キャンペーンのお知らせ
Microsoft 365

Microsoft 365 Personal 新生活応援 キャッシュバック キャンペーンのお知らせ

By Japan Windows Blog

日本マイクロソフトは、「Microsoft 365 Personal で “できる” が増える新生活」をテーマに、Microsoft 365 Personal 新生活応援 キャッシュバック キャンペーンを、本日 2022 年 3 月 11 日 (金) から 3 月 31 日 (木) まで実施いたします。 常に最新機能が使える Microsoft 365 なら、ひとつ上の提案資料の作成、作業の時短、資格取得でスキルアップ、共同作業で効率アップなど、新生活のさまざまなシーンで活用いただけます。 <キャッシュバック キャンペーン概要> 購入期間: 2022 年 3 月 11 日 (金) ~… Read more