Posts in Microsoft 365

Microsoft 365

ハイブリッド ワークの時代が到来: 準備はできていますか?

By Japan Windows Blog

Jared Spataro (Microsoft 365 担当コーポレート バイス プレジデント) 本ブログは、米国時間 3 月 2 日に公開された “Hybrid work is Are you ready?” の抄訳を基に掲載しています。 マイクロソフトでは、「ハイブリッド」こそがこれからの働き方だと確信しています。今後はあらゆる組織で、9 時から 5 時まで、8 時間勤務といった従来の規範にとらわれない、新しいハイブリッド型のワーク スタイルが求められるようになるでしょう。この意識の変化は一時的なものではありません。80% を超える管理職がパンデミック後は在宅ワークのポリシーがもっと柔軟になると予測し、70% を超える従業員がそれを活用することを望んでいます。この新たな世界で競争力をつけるためには、組織のリーダーが、いつ、どこで、どのように働くのかということについて柔軟性を突き詰めていく必要があります。 私が話を伺ったどのお客様も、自由度の高い、柔軟な、クラウドを活用した環境を従業員のために用意したいと考えています。同期的なコラボレーションと非同期的なコラボレーションの両方を可能にするソリューションを活用して、「どこからでも」だけでなく、「いつでも」働けるようにする方法を模索しています。これは、組織全体の動きです。IT 部門から、人事、運用、マーケティング、製造部門まで、組織の全部門のリーダーが集まって、働き方について考え直す必要があります。 新しいワーク スタイルの学び手として、マイクロソフトは働き方が変化していく中でさまざまな試みを行い、学んだことを共有してきました。今回は、世界各地に散らばる従業員が柔軟に働けるようにマイクロソフトが採用したアプローチを紹介します。この戦略には 3 つの軸があり、1 つは「優れた柔軟性で従業員を支援するための方針の策定」。そして「物理的空間の再考」。最後は「いつでもどこからでもつながり合えるテクノロジへの投資」です。 1 つずつ見ていきましょう。 優れた柔軟性で従業員を支援するための方針を策定する 今皆さんが下した決断は、今後数年間にわたって組織に影響します。明確なビジョンが不可欠なときであり、柔軟性を追求した計画とポリシーが必要です。1 つひとつの決断が、文化の醸成、人材の確保と維持、環境の変化への対応、未来のイノベーション、すべてに影響するでしょう。 多くの組織が柔軟な働き方に関して本腰を入れています。Twitter… Read more

Microsoft 365

柔軟な働き方がこれからのスタンダードに:ハイブリッド ワークの世界の Microsoft 365 ソリューション

By Japan Windows Blog

投稿者:Jared Spataro (Microsoft 365 担当コーポレート バイス プレジデント) ※ 本ブログは、米国時間 3/2 に公開された ”Flexible work is here to stay: Microsoft 365 solutions for the hybrid work world” の抄訳です。 2020 年、多くの人は家の中に仕事や学校が入り込んで来たと感じたことでしょう。また、オンサイトで業務を続ける人にとっても、勤務中の安全を確保しつつリモートのチームとつながる方法を模索しなければなりませんでした。いずれにせよ、2020 年は、仕事や学習環境のクラウド移行が加速した年でした。 そして、柔軟な働き方は今後も求められることでしょう。マイクロソフトが実施した働き方のトレンド調査によると、管理職の 80% がパンデミック後は在宅ワークのポリシーがもっと柔軟になると予測しており、従業員の 70% がそれを活用することを望んでいます。数週間後、数ヶ月後には、かなり大きな変化が起きていることが予想されます。 この新しいハイブリッドの世界で成功するためには、ダイナミックで柔軟に対応できる、クラウド ソリューションが必要です。 マイクロソフトは、仕事や学習の新しいハイブリッドな環境ですべてのユーザーが成功するためのエクスペリエンスを構築しています。本日の Microsoft Ignite では、ハイブリッドな環境のために設計された新機能を発表します。社内外の参加者向けの… Read more

Teams ブレークアウトルーム
Microsoft 365

Microsoft Teams 「ブレークアウトルーム」操作マニュアル

By Japan Windows Blog

2021年1月現在、Teams会議への最大参加人数は「350名」までではなく、「300名」までとなっております。ダウンロードいただけるマニュアル()は修正をいたしました。混乱をさせてしまい申し訳ございません。謹んでお詫び申し上げます。 12月9日より、Microsoft Teamsに待望の「ブレークアウトルーム」機能の一般提供を開始いたしました。 現在、Teams 会議には最大で350人300人までご参加頂くことができますが、この機能をお使いいただくことで、会議の参加メンバーを小分けにし、分科会などにご利用いただけます。 管理者、開催者、参加者、それぞれがどんな操作をすればよいかをまとめたマニュアル(PDF: )をご用意しましたので、ご利用下さい。以下はマニュアルからの抜粋です。   Read more

productivity score
Microsoft 365

Microsoft Productivity Score におけるプライバシーへの対応

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 12/1 に公開された ”Our commitment to privacy in Microsoft Productivity Score” の抄訳です。 ジャレッド スパタロウ (Jared Spataro) Microsoft 365 担当 コーポレートバイスプレジデント 先週は Microsoft Productivity Score に関する話題が多い 1 週間でした。Microsoft Productivity Score は、組織が Microsoft 365 の採用状況を測定し管理する支援ツールです。今回、同ツールに関するフィードバックに対応し、お客様のプライバシー強化に向けた変更を施すことになりました。この記事では、デジタルトランスフォーメーションを管理するにあたって必要となる、データ駆動型の知見を組織に提供し続けながら、個人のプライバシーを保護するために施した変更点について解説したいと思います。 今年は、リモートワークへの移行によって世界中の従業員が新たな課題やストレスを抱えるようになった 1 年でした。人々がテクノロジの使い方を学び新しい日常を送ることができるよう、支援しなくてはなりません。Productivity Score は、従業員が Microsoft… Read more

Microsoft 365

Microsoft Teams のデイリー アクティブ ユーザー数が 1 億 1,500 万人を突破 – Microsoft 365 のコラボレーション時間の指標を新たに導入

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 10/28 に公開された ”Microsoft Teams reaches 115 million DAU—plus, a new daily collaboration minutes metric for Microsoft 365” の抄訳です。 投稿者: Jared Spataro (Microsoft 365 担当コーポレート バイス プレジデント) 本日マイクロソフトは、Microsoft Teams の一日辺りの利用者数 (DAU)* が 1 億 1,500 万人に到達したことを発表しました。これは、新型コロナウイルス (COVID-19) 感染拡大に伴い、リモート環境、ハイブリッド環境での仕事および学習のライフラインとして、Teams の需要が高まり続けていることを表しています。あらゆる業界のユーザーや組織が、この新たな時代で俊敏性と回復力を維持するために… Read more

Microsoft 365

2020 年秋の家庭向け Microsoft 365 の最新アプリと新機能

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 11/19 に公開された ”New apps and features in Microsoft 365 for individuals and families this fall” の抄訳です。 Gareth Oystryk (Microsoft 365 製品マーケティング担当ディレクター) マイクロソフトは今年、Microsoft 365 Personal と Microsoft 365 Family をリリースしました。お客様が家庭での時間を効率化したり家族とつながったりできるように、継続的に新しい技術をアプリやサービスに導入しています。今回は、いくつかの新機能をご紹介します。 Microsoft Family Safety で家族の居場所を把握し、安全運転をサポート Microsoft Family Safety アプリ (英語)… Read more

Microsoft Whiteboard read-only mode
Microsoft 365

Microsoft Teams の新機能 | 2020 年 10 月

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 10/30 に公開された ”What’s New in Microsoft Teams | October 2020” の抄訳です。 皆様、こんにちは。今月も、会議、通話、チャット、コラボレーションのエクスペリエンスを改善するさまざまな新機能の一般提供を開始すると共に、Microsoft Teams デバイスにも多数の機能強化を実施しましたので、ご紹介します。また、現場の最前線で働く従業員の皆様、教育機関や政府機関のお客様向けの業界固有の機能についてもお伝えします。Teams プラットフォームの機能も強化しました。今回新たに「注目の Teams 用アプリ」セクションを設け、Teams で利用できるサード パーティ製アプリをご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。 会議と通話に関する新機能 ライブ キャプションに発言者名を表示 Microsoft Teams で、ライブ キャプションに発言者の名前が追加され、だれが話しているかが瞬時にわかるようになりました。これにより、会議がさらにインクルーシブなものとなり、内容を把握しやすくなります。 特定の参加者にスポットライトを設定して Teams 会議の出席者全員に表示 Teams 会議中に、発表者が特定のビデオ フィードを出席者全員の画面にピン留めできるようになりました。ピン留めすると、スポットライトを設定したユーザーのビデオがすべての出席者のメイン画面として表示されます。この機能は、Windows PC、Mac、モバイル デバイス (表示のみ)、Windows 用 Microsoft Teams… Read more

Teams徹底活用ブック
Microsoft 365

Microsoft Teams 日本語カタログ 第2版と徹底活用ブック

By Yoshitaka Kasugai

Microsoft Teamsのカタログを、日々進化している機能に合わせてアップデートしました。Microsoft Teamsをもっとご活用いただくための「徹底活用ブック」も準備しましたので、併せてご覧ください。 Microsoft Teams 日本語カタログ 第2版 メール、チャット、オンライン会議、ファイル共有。テレワークの普及が進み、オンラインでのコミュニケーション手段が多様化する中で、どのツールを使えばよいのか、新しいツールの使い方をどう覚えればいいのか、情報漏えいは大丈夫か、コンプライアンスは守られているのか、新しい悩み事は増すばかりです。様々なツールがある中で、Microsoft Teamsの特長はどこにあるのか、今ひとつ分からないという方も多いでしょう。そんなみなさまに向けて、今、お仕事で抱えているであろうお悩み事をMicrosoft Teamsならどう解決できるのか?そんな観点からご用意した小冊子を更新し、第2版をご用意しました。 ダウンロードはこちらから>> Microsoft Teams 徹底活用ブック インターネットの可能性を最大限に引き出すネットビジネス情報誌、Web Designing編集部の協力を得て、Microsoft Teams をお使いのみなさまの日々の業務の「困りごと」をいかに解決し、働きやすくクリエイティブな環境をつくりだすのか、という視点から 、ノウハウをまとめました。オンラインでのコミュニケーションが効率化するTipsはもちろん、Teamsを活用したWeb会議にあると便利なマイクやカメラなどの周辺機器、Teamsに市外局番を持たせるサービス、さらには、ピアボーナスや階層型アドレス帳をTeamsで利用する外部連携などを丁寧に解説しています。Teamsを既にお使いのみなさまはもちろん、Teamsにご興味のある方もぜひ、ご覧ください。 ダウンロードはこちらから>>  Read more

Microsoft 365

ユーザーと組織が新しい働き方で成功を収めるためのマイクロソフトの 7 つの取り組み

By Japan Windows Blog

※ 本ブログは、米国時間 9/22 に公開された ”Seven ways we’re empowering every person and every organization to thrive in a new world of work” の抄訳です。 デジタル トランスフォーメーションは驚異的なスピードで進んでいます。仕事と生活の両面で新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) は急速かつ長期的な影響を及ぼし、私たちは新しい習慣へと移行せざるをえなくなりました。この状態は収束した後もしばらく続くと思われます。 2020 年は、毎月、1 年分に相当するデジタル トランスフォーメーションを推進されたと言えます。これを主導してきたのが 情報システム管理者です。COVID-19 によって突然のリモート ワークを余儀なくされたとき、 情報システム管理者が率先して組織全体をオンラインを主体とした業務形態へと移行しました。中には週末の短い期間でそれを実現したケースもありました。 彼らは、社員やチームに新しいツールのトレーニングを行い、カスタム アプリをすばやく導入し、ますます複雑化するセキュリティ脅威から慎重に組織を保護してきました。現在、ビジネス リーダーたちは回復力の高い組織を構築し、新しい成長の機会を見いだそうとしており、それを長期間にわたってサポートできる持続可能なソリューションを求めて 、情報システム管理者の能力に注目しています。 そんな皆様をマイクロソフトがお手伝いいたします。マイクロソフトのミッションは、地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるように支援することです。本日 Microsoft… Read more

Microsoft Teams Partner Allianceロゴ
Microsoft 365

Microsoft Teams Partner Allianceを発足

By Japan Windows Blog

日本マイクロソフト株式会社では、幹事企業10社とともに、リモートワークにおけるコミュニケーションとコラボレーションを促進するソリューションをお客様にご提供するために、本日「Microsoft Teams Partner Alliance」を発足しました。 Microsoft 365 のハブとして機能するMicrosoft Teamsのソリューションの開発に取り組むパートナー企業ともに、チャット、ファイルの共有・共同編集、ミーティング、通話といった基本機能を拡張、さらにビジネスプロセスや業務ワークフローの自動化などを実現する様々なソリューションをお客様にご提供していきます。 幹事企業(10社) 今後、取り組みに賛同いただけるパートナー企業にメンバー企業として参加いただき、アライアンスの活動範囲を拡大するとともに、さらに多くのMicrosoft Teamsソリューションをお客様にご提供していく予定です。 Microsoft Teams Partner Allianceに関する情報と参加パートナー企業が提供するソリューションは、こちらのマイクロソフト Web サイトを通じて入手できます。 Read more